弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2014年10月07日 23時16分

ノーベル物理学賞・中村修二教授は「日本人」か「アメリカ人」か――ネットで大騒動に

ノーベル物理学賞・中村修二教授は「日本人」か「アメリカ人」か――ネットで大騒動に
10月7日、ノーベル物理学賞の授賞者が発表された

ノーベル賞に「日本人研究者3人」が選ばれた――。10月7日、日本中を喜ばしいニュースが駆け巡った。スウェーデン王立科学アカデミーが、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大教授と天野浩・名古屋大教授、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の3人に、ノーベル物理学賞を授与すると発表したのだ。

しかし、ニューヨークタイムズを始めとするアメリカのメディアは、ノーベル物理学賞の受賞者を伝える記事で、中村教授について「アメリカ人」と紹介している。ニューヨークタイムズの記事の見出しは「2人の日本人と、1人のアメリカ人がノーベル物理学賞を分け合った(2 Japanese and 1 American Share Nobel Prize in Physics)」となっていた。

●ノーベル賞のプレスリリースが発端

なぜ、こんなことになっているのか。スウェーデン王立科学アカデミーのプレスリリースを見ると、中村教授について「American citizen」と書いてある。直訳すると「アメリカの市民」という意味だ。どうやら、アメリカのメディアはこれを根拠に、中村教授のことを「アメリカ人」と紹介しているようなのだ。

影響はそれだけにとどまらない。ネット百科事典「ウィキペディア」の日本語版も、中村教授のページが10月7日付けで、「米国籍」と書き換えられた。また、掲示板「2ちゃんねる」には、「【速報】ノーベル賞の中村修二さん、アメリカ人だった」といったスレッドが立てられ、反響を呼んだ。

ツイッターでも、中村教授について「日本の司法に絶望し、日本を捨ててアメリカ国籍を取得しております」という投稿がなされ、広く拡散していった。また、あるブログには「うれしく思う一方、ノーベル賞のプレスリリースに中村修二さんが『American』と書かれていたのは、最初は誤植ではないかと思いました。うそだろう・・・と思いたい」という書き込みもされた。

●アメリカ市民権を取得すると「日本国籍」を失う?

このようにネットでは、「中村教授はアメリカ国籍なのか」という憶測が広がっているが、現段階では、真偽はわからない。ノーベル賞のプレスリリースに記されている「American citizen」という言葉の意味もはっきりしないところがある。もしこれが「アメリカの市民権をもつ者」という意味だとすれば、どうなるのだろうか。

在アメリカ合衆国日本国大使館のサイトによると、「日本国籍を持つ米永住権(グリーンカード)保持者が、自らの意志で米市民権(U.S. CITIZENSHIP)を取得(帰化)した場合は、帰化の時点で日本国籍を喪失します」と説明している。つまり、中村教授が「米国の市民権」を取得しているのなら、日本国籍を喪失しているということになりそうだ。

日本の国籍法は、原則として二重国籍を認めていないため、外国の国籍を取得すれば、日本の国籍を喪失することになる。はたして、中村教授の場合はどうなのか。

中村教授の所属するカリフォルニア大サンタバーバラ校に電話をかけてみた。窓口として応対したアンドレア・エストラーダさんによると、「中村教授は、アメリカ市民(U.S. CITIZEN)です」という。しかし、中村教授の国籍がどうなったかについては「わかりません」ということだった。

今回のノーベル賞発表を受け、中村教授は日本時間の10月8日午前2時から、同校で記者会見する予定だという。そこでは、中村教授の「国籍」がどちらなのか、はっきり判明するのだろうか。もちろん、中村教授の業績の偉大さについて、国籍の違いは全く関係のないことだが・・・。

※10月8日午前1時15分追記

その後、日経新聞や毎日新聞が、中村教授を米国籍として報じた。

(弁護士ドットコムニュース)

弁護士ドットコム 協力ライターの募集中!募集要項はこちら

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。