弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

法律

セカンドオピニオンとは?

仮にある事案で弁護士に法律相談に行ったとします。そこでその他の見解を知りたいと数名法律相談に行ったとします。その後A弁護士に契約をし裁判に成ったとします。その状況でさらに他の弁護士の見解を知りたいと相談に行くことをセカンドオピニオン。と言うのですか?現在お願いしている弁護士の先生の見解方針とは別に更に聞きたい。と言う事ですか?良く聞きますが意味がわかりませんので教えて下さい。 通常セカンドオピニオンとは、すでに依頼している弁護士や顧問弁護士の見解・方針が適切なものかどうかについて、他の弁護士に意見を求めることを言います。
相談者の方の話す事実や見せる資料、弁護士側の経験・処理方針などによって、弁護士ごとに回答が異なり得ます。
したがって、現在依頼されている弁護士の処理方針に不満がある場合には、他の弁護士の意見を聞いてみるのもいいと思います。

greenさん
2011年01月26日 01時01分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう

2011年01月26日 04時59分

この投稿は、2011年01月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • セカンドオピニオンについて

    現在裁判を行っている案件について、セカンドオピニオンを別の弁護士に依頼した場合。相手方の弁護士に事実確認のような電話をされるのでしょうか? また、そのような行為は弁護士の守秘義務にはあたらないないのでしょうか。

  • 弁護士のセカンドオピニオン

    面会交流が毎回ファミレスで妻の親と弁護士付きで進みませ。 こちらも弁護士さん頼んでいるのですが、どのような交渉をしているのか見えてきません。 離婚問題も進展しません。 今日セカンドオピニオン的に他の弁護士さんに相談に行きます。 そこで質問です。 相談時にはどのくらいまで話をすればいいでしょうか?

  • 弁護士の紛争解決センターについて

    昨年まで勤めていた職場で上司からセクハラを受けていました。 上司は私に対して悪い事をしたという考えがある様で、私としてはなるべく簡潔な方法で法的な解決をしたいと考えています。 先日弁護士事務所に相談に行った所、弁護士会の紛争解決センターでの解決を勧められました。通常双方が弁護士を立てないで行う事が多いと聞きまし...

  • 係争中のセカンドオピニオンについて

    1.顧問弁護士が裁判も担当するとして、係争中に、別の弁護士に相談(セカンドオピニオン)することは違法ですか? 違法行為は避けたいので(相談者が気をつけるべき)その範囲を教えてください。 2.裁判担当弁護士と顧問弁護士が別であることは問題になりますか? 例えば、顧問弁護士が弁護士歴1年生なので裁判は経験弁護...

  • 弁護士介入後の元社員の行動

    弁護士介入で賃金トラブルを解決にむけていますが、セカンドオピニオンとしてご見解を伺いたく、質問させて頂きます。 弁護士を代理人として立て、支払い方針を協議して文書を送付する事を弁護士名で通知しました。 受任通知の文書の中に「本人・関係者への連絡・訪問は一切お断りします。」との文言がありましたが、その後、直接相手...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事・その他のニュース

  1. 司法試験19歳が合格…全体合格者数1525人、合...
  2. 外国籍取得、日本国籍喪失で「由貴」から「Yu...
  3. 【データ編】2017年司法試験合格者・法科大学...
  4. 文科省「教育現場は生徒の苦痛を軽く考えてい...
  5. 取手市の女子中学生自殺、文科省が市教委判断...
  6. 加入者増える「ペット保険」、飼い主に安心感...
  7. サマンサタバサが「サマンサタバタ」を商標登...

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。