弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

取材商法にあいました

取材商法とは知らずに取材を受けてしまい搭載申込書なる物にサインをしてしまいました
撤回、解除時には取材経費¥73500を支払って出来ると書かれているのですが
払わないといけないのでしょうか?
Papuanさん
2013年10月19日 19時47分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
取材商法の場合、実際に雑誌は(部数は僅かでも)発行されていることが多く、事前に取材費の負担についても説明がなされ、契約書も作成されていますので、詐欺とまでは断定できないことが多いのが実情です。
また、取材商法の対象は事業者であり、消費者契約法等が適用されず、取材と掲載に関する契約がある以上は自己責任となる場合が多いため、率直に申し上げて、残念ながら支払義務が否定される事案は多くないと思います。
(実は、法律事務所にも取材商法の電話があり、一部の弁護士が引っかかってしまっているようです。)

2013年10月19日 21時04分

Papuan さん (質問者)
契約書は交わしておらず
電話での口頭で最低取材経費込みで5万円と言われたのですが

2013年10月19日 21時49分

弁護士A
ありがとう
口頭でも契約は成立しますし、掲載料が52,500円でキャンセル料が73,500円という比較であれば不当に高額ということも難しいと思います(掲載キャンセルになると雑誌の掲載スペースに穴をあけることになるため、違約金条項があってもおかしいとまではいえません)。
取材商法は、明らかに違法不当な行為とまではいえないというところがポイントなのです。

2013年10月19日 22時03分

Papuan さん (質問者)
掲載プランの変更は可能なのでしょうか?
その事に関する事は記載されていないのですが

2013年10月20日 07時22分

弁護士A
ありがとう
条件変更等は相手方との個別の交渉になります。
一度、交渉してみられるのも一つの方法だと思います。

2013年10月20日 09時52分

この投稿は、2013年10月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,752名の弁護士から、「夜間・休日相談可能な弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 新規取引先が未払い。倒産わかっての取引なら、詐欺ではないでしょうか?

    新規取引先の未払いについて 何卒よろしくお願いします。 4月26日から6月28日まで何度か商品を出荷しましたが、ほどんど入金がされませんでした。 新規取引先に商品を納品し、4月末に送った請求書分の支払いは、支払日を勘違いしていたと 先送りになり、その後の連絡で、納品先の入金の一部が未収となったため一時...

  • 在庫商品の所有者について。引き渡しを要求するか、支払いを減額したいです。

    個人で事業をしています。 少々資金繰りが悪化し、取引先への支払いが滞ってしまいました。 取引先への支払いは分割払いで決着がつきそうなのですが、在庫の取扱で揉めています。 現在取引先の倉庫にある在庫は過去に支払いを済ませてあり倉庫に預けてある商品なのですが、支払いが完了するまで過去の在庫は動かせないというのが先方...

  • 商品代金未払い顧客への対応について

    2年前から商品代金を未払いの顧客がいます。何度か口頭とFAXでの支払い催促をしていますが、口実をつけて支払っていない状況です。 現在も商品購入があるので、代引き販売に切り替え、今は顧客は代金を支払っています。 1)商品未払いに時効はあるのでしょうか? ある場合、上記の状況で時効は適用になりますか? また時効を無...

  • 取引代金をなかなか支払ってもらえません。

    直接取引で2012年8月に商品の売買契約を結びました。こちらは迅速に発送したのですが、相手方は今になっても支払ってくれません。この場合、内容証明郵便で支払い督促をしたり、裁判所に申し立てたりする際の費用はこちらもちになってしまうのでしょうか。また、支払わなかった場合詐欺罪として告訴することもできるのでしょうか。

  • 請負業務委託契約の違約金が認められるかどうか

    契約書面にて中途解約は1ヶ月前に通知する記載がありますが、一方的な突然の解約を理由に違約金を請求すると通知されました。 業務内容は運送事業でスポットチャーター便のいわゆる軽貨物運送業と同じ業務です。 取引先は法人(株式会社)で資本金は不明です。 報酬の支払い条件は月末締め翌々末払いの契約です。 経緯は2月末に前年1...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

民事・その他のニュース

  1. 司法試験19歳が合格…全体合格者数1525人、合...
  2. 外国籍取得、日本国籍喪失で「由貴」から「Yu...
  3. 【データ編】2017年司法試験合格者・法科大学...
  4. 文科省「教育現場は生徒の苦痛を軽く考えてい...
  5. 取手市の女子中学生自殺、文科省が市教委判断...
  6. 加入者増える「ペット保険」、飼い主に安心感...
  7. サマンサタバサが「サマンサタバタ」を商標登...

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。