弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

憲法

    この分野に関するみんなの法律相談

    みんなの法律相談の人気ランキング

    • 1

      「人権の固有性」について

      8役に立った
      民事・その他法律全般憲法

      憲法の幸福追求権の章あたりに出てくる「人権の固有性」とはどのような概念なのでしょう?

    • 2

      一票の格差についての最高裁の「違憲状態」判決について

      26役に立った
      民事・その他法律全般選挙

      最高裁は去年の衆議院議員選挙の一票の格差について「違憲状態(つまり合憲)」という判決を下したようです。その判決についてはこのサイトの弁護士先生からはあまり評判が良くないようですね。地裁等では「違憲」で「選挙無効」といった判決も出たようなのですが、最高裁は一票の格差の問題についてはどちらかという...

    • 3

      憲法と国民の義務に関して

      0役に立った
      民事・その他法律全般憲法

      憲法とは国民の権利を保障し、国家に義務を定めるためのものだと思うのですが、日本憲法にはなぜ国民の義務に関する規定が設けられているのでしょうか?世界的にも稀だと聞きますが、批判や改正の動きは存在しないのでしょうか。

    • 4

      合憲限定解釈について

      1役に立った
      民事・その他法律全般憲法

      合憲限定解釈とはどのような解釈方法のことを指すのでしょう?また、そのような解釈をしなければならないような状況とはどのようなものなのでしょうか?

    • 5

      地方公共団体に適用される特別法と住民の同意について

      0役に立った
      民事・その他法律全般憲法

      憲法第95条には特別法制定の条件が定められていますが、これは二つ以上の地方公共団体に適用される特別法であれば、住民の同意なしに法を制定しても問題は無いという規定なのでしょうか?第九十五条  一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票において...

    憲法の検索結果

    • 特別抗告を行う場合、判例違反と憲法違反どちらかだけを載せても良いの?

      民事・その他法律全般憲法

      高裁の審判に納得がいかず、許可抗告もしたのですが破棄されてしまいました・・・最高裁で争うには特別抗告以外に方法はないのでしょうかそして特別抗告を行う場合、憲法違反と判例違反どちらか片方のみを載せてもよいのでしょうか?それとも、両方を載せなければならないのでしょうか

      2回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 生徒のアルバイトを高校側が校則で制限、或いは禁止できる理屈とは?

      民事・その他法律全般憲法

       生徒のアルバイトを高校側が校則で制限、或いは禁止できる理屈とはどのようなものなのでしょう。 憲法で保証された生徒の勤労の権利を不当に制限したと評価される余地はないのでしょうか。

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った
    • 恩赦の憲法上の仕様について

      民事・その他法律全般憲法

      恩赦によって前歴を消すことはできますか?また、恩赦が与えられるのはどのような行為を行った場合でしょうか?日本国憲法は恩赦について、内閣が恩赦を決定し(憲法73条7号)、天皇が認証する(憲法7条6号)と定めている。やはり刑の免除が対象なので、前歴は関係ないのでしょうか・・・。

      1回答 /
      1弁護士回答
      0役に立った

    ※質問するには会員登録が必要です。新規登録はコチラ

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼
    費用対処方針比べて選ぶことができます。

    • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
    • 弁護士の選び方がわからない
    • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
    一括見積りをはじめる無料

    この分野に関する法律用語

    • 明白かつ現在の危険

      明白かつ現在の危険とは、アメリカの判例理論で、(1)ある表現行為が近い将来、実質的害悪を引き起こす蓋然性が明白であること、(2)その実質的害悪が重大であり、重大な害悪の発生が時間的に切迫していること、(3)当該規制手段が上記害悪を避けるために必要不可欠であることの3つの要件が充足された場合にはじめて...

    • 二重の基準論

      二重の基準論とは、裁判所が法令の違憲審査を行う際に、経済的自由権の規制と精神的自由権の規制とでは、違憲審査基準の厳格度が異なるべきであり、前者の場合は合憲性が推定されて緩やかな審査基準が適用されるのに対して、後者の場合には違憲性が推定されて厳格な審査基準が適用されるべきであるという考え方を意味する。...

    • 特別多数

      特別多数(とくべつたすう)とは、多数決の概念の1つで、通常の多数決と異なり、法律に特別の定めがある場合、過半数での決議ではなく、過半数よりも更に多い賛成が必要になる制度を意味する。 日本国憲法96条では、憲法改正について、「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを...

    この分野に関するニュース

    法律、条例、選挙、新法、司法試験、法科大学院、話題のニュース、話題のドラマ等の民事・その他をまとめたページです。0名の憲法を取り扱う弁護士、憲法での弁護士無料相談 Q&A 689 件などを掲載しています。

    関連カテゴリから解決方法を探す

    弁護士に見積り依頼をする

    複数の弁護士にまとめて見積り依頼

    • 最短3分で依頼完了
    • 依頼内容は非公開
    • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
    一括見積りをはじめる無料

    依頼前に知っておきたい弁護士知識

    民事・その他のニュース

    1. 文科省「教育現場は生徒の苦痛を軽く考えてい...
    2. 取手市の女子中学生自殺、文科省が市教委判断...
    3. 加入者増える「ペット保険」、飼い主に安心感...
    4. サマンサタバサが「サマンサタバタ」を商標登...
    5. 保育所格差、「認可外」の質をどう向上させる...
    6. 国会に提出された「共謀罪」法案「問題点、解...
    7. カナダで公共プール調査「おしっこ75リットル...