お気に入りに追加
豊芦 弘弁護士

( とよあし ひろむ ) 豊芦 弘

四條畷法律事務所

現在営業中 09:30 - 16:30

みんなの法律相談回答一覧

詳しい状況はわかりませんが,記載されたところから判断すると, 支払期限後に支払をされたようですので,遅延損害金は発生すると思われます。 その際に,支払口座の変更という事情は,影響しないと考えます...

回答日 2019年11月04日 15:55

> 後日そのような事件があったと警察にばれても、被害届を出さなかった被害者が罪に問われることはありませんよね?? 被害者が被害届を出すことは義務では無く,被害届を出さないことで,被害者...

回答日 2019年11月04日 13:04
この回答がある質問
盗撮・のぞき

> しかし、離婚判決は > 当分の間、別居する、 > 今までの夫婦の財産は全てほとんど、 > 妻子に持っていかれる内容で、 > 息子名義の家に妻子が住み、 &...

回答日 2019年10月31日 19:20
この回答がある質問
裁判離婚

詳細な状況はわかりませんが,残念ながらおみこみのとおり, 「現在の車の価値」と修理金額を比較して安い方の金額が損害となり,それ以上は損害賠償請求をすることはできません。 なお,取得に必要な諸費用...

回答日 2019年10月26日 15:15

被害者の年齢や,当該暴行の態様,継続性にもよるかと思いますが, 第三者が情報提供ないしは告発することは理屈上は可能です。 もっとも,まず,捜査機関が被害者から話を聴くでしょうし, その中で処罰...

回答日 2019年10月19日 09:52

ご記載の事情からは, 契約内容に合意していて,押印についても許可していたようですから, 特に犯罪にあたるとは思われません。

回答日 2019年10月17日 17:14
この回答がある質問
訪問販売・訪問買取

ご記載の状況によると,少なくとも何度か,お子様が利用されているようですし, 契約自体は成立しているように思われます。 そうすると,契約内容を確認しないと回答ができないと考えます。

回答日 2019年10月15日 19:59
この回答がある質問
塾・学習教材

ご質問の趣旨がつかみかねますが、民事訴訟の送達と起訴状の送達は異なるので、該当しないと考えます。

回答日 2019年10月14日 10:28

> 1.再訴の可能性が高いので、 > 次回の期日に、原告に「取下書」ではなく > 「請求の放棄」を求めたいのですが、 > 当日、原告に口頭で伝えれば良いでしょうか? ...

回答日 2019年10月09日 17:16

裁判で弁護士を立てて和解をされたのでしょうか。 そうすると,原本は弁護士のところにあるかと思います。 もし違っていれば,よみとばしてください。

回答日 2019年10月09日 11:47
この回答がある質問
インターネット

詳細は分かりませんが。 一般的には、記載の事情だけでは解除は困難です。 ご本人の判断能力を疑わせる事情があれば、なるべく沢山の事実を重ねた上で、 交渉または、客観資料が集められるのであれば訴訟...

回答日 2019年10月07日 14:30
この回答がある質問
契約の解除

> 離婚裁判中ですが、離婚裁判とは別に調停を申し立てた方が良いという事でしょうか? そうですね。調停の申立が良いと思います。 > 現時点で収入が減少しているという客観的資料と...

回答日 2019年10月06日 10:57

いろいろ例外を無視して,シンプルに回答すると, 父違いの兄弟姉妹として相続人になったと思われます。

回答日 2019年10月05日 12:40

残念ながら 他人たる母の土地を車庫として使用するのですから,他人の承諾が必要であると考えます。 したがって,相談者様が自認をする方法は困難ではないでしょうか。

回答日 2019年10月05日 11:04
この回答がある質問
不動産・建築

状況によりますが,法的紛争ですから,報酬を得て行うことができるのは弁護士に限られますので, 不動産屋が業として行うことは難しいと考えます。

回答日 2019年10月05日 10:42

10月10日の 三年後の10月10日が 属する月である三年後の10月の 翌月である三年後の11月の 初日である三年後の11月1日 以降の日という意味です。

回答日 2019年10月03日 10:54
この回答がある質問
個人再生

記載の事情からは,個人再生の認可後に,支払を弁護士に依頼していたように思われます。 そうすると,個人再生自体は有効に認可されているので,一括返済を求められることはありませんし,求められても拒否する...

回答日 2019年10月03日 10:50
この回答がある質問
個人再生

> Q: 私は、離婚時にもそのカルテを証拠で出す予定なので、既判力を恐れて今回見送りましたが、出すべきでしたでしょうか? すみません。ご指摘の意味が分かりかねますが,先の訴訟で提出した証...

回答日 2019年10月03日 09:35

ご記載の事情からは特に問題とならないでしょう。 ご依頼の弁護士に説明した上で、解約する等方針に従ってください。

回答日 2019年10月02日 16:08

具体的な状況が分かりませんが、遺贈に限定すると、遺言者の死亡前に、受贈者がなくなると遺贈の効力は生じません。 (受遺者の死亡による遺贈の失効) 第994条 遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が...

回答日 2019年10月02日 16:07
この回答がある質問
相続放棄と相続人の範囲

詳細は,書面に書かれているかと思いますが, 相談者様の父が亡くなったことにより,医療費の支払義務を相続したとして 請求がきていると思います。 家庭裁判所で相続放棄の手続きをとれば,支払をす...

回答日 2019年09月28日 19:14
この回答がある質問
医療

状況がわからないので,なんともいえませんが, 期限の妥当性と,回答の可能性で変わってくると思われます。 弁護士に依頼されているのであれば,対応を協議されてはいかがでしょうか。

回答日 2019年09月21日 11:06
この回答がある質問
出張

状況がよくわかりませんが,裁判所において和解の協議を進めているという所でしょうか。 そうすると,ある程度裁判官の心証に基づいて,和解案が提示されているようですから, 判決の場合も概ねその内容で判...

回答日 2019年09月20日 19:59
この回答がある質問
通常訴訟

公然と,他人の名誉を毀損したという事実を証明する必要があるでしょう。 その立証方法は事案によると思われます。 例えば,沢山の聴衆が集まっているところで,他人の名誉を毀損したとすれば, その...

回答日 2019年09月16日 18:27
この回答がある質問
インターネット

状況が分からないので,あくまで一般論ですが 支払う側の指定がなければ,こちらが相手方に主張(意思表示)する必要があります。 もっとも,支払う側は,ただちに異議を述べたることが可能です。 (...

回答日 2019年09月14日 11:17
この回答がある質問
離婚慰謝料

ご質問の前提がよく分かりませんが, 労災の特別給付以外については, 損害の総額は変わりませんので,どこからもらうかということになるかと思います。

回答日 2019年09月12日 10:29
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

状況がわかりませんが,手元ある示談書と,その経緯の証拠を持参のうえ, 弁護士に面談相談されてはいかがでしょうか。

回答日 2019年09月11日 08:37
この回答がある質問
離婚・男女問題

ご質問に端的に答えると,裁判になったときには,直接自宅へ訴状が送達されます。 交渉段階のときに,弁護士にその旨つたえてから訴える場合もそうでない場合もあり一概にはいえません。 もっとも,訴状の作...

回答日 2019年09月10日 20:32
この回答がある質問
離婚慰謝料

原則としては,代理人から当事者へ渡すものです。 そうでないと内容が分からず反論ができませんから。 もっとも,例外的ではありますが,感情的な対立が激しい事件であれば,当事者が確認することが, 精...

回答日 2019年09月08日 18:43
この回答がある質問
離婚・男女問題

状況が分かりませんが,まずは,審査請求をされてはいかがでしょうか。 もちろん,裁判所に対して不開示処分の取消しを求める訴えを提起することは可能です。

回答日 2019年09月02日 13:16
この回答がある質問
企業法務

31 - 60 件を表示/全 416 件

現在営業中 09:30 - 16:30

豊芦 弘弁護士へ問い合わせ

電話番号 072-814-5581
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 16:30
定休日
土,日,祝
備考
12時~13時は昼休み
交通アクセス
駐車場近く