三島 昇悟弁護士 みしま しょうご

三島 昇悟弁護士

弁護士法人山内総合法律事務所

大阪府 大阪市 中央区北浜4-7-19 住友ビルディング第3号館6階

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:44 件/匿名回答数:0件

1.理論だけの話であれば、本人訴訟であれば、1人に対して100万円請求するとすれば100万円の予算で約150人程度被告とすることができるでしょう。 2.名誉毀損を行った者は全て訴えられる可能性を有...

回答日 2020年03月12日 09:59

借金の額にもよりますが、FXのみでは離婚事由として認められない可能性があります。 裁判上の離婚が認められるのは民法770条1項各号の事由が認められる場合となりますが、FX等の浪費・借金は同...

回答日 2020年03月12日 09:20
この回答がある質問
調停離婚

法的機関をご利用されるか、弁護士や司法書士などに依頼する等して法的に対応される事をおすすめ致します。 相手方が感情的になっている場合、交渉が進まずに困ってしまうことは、私としても十分理解で...

回答日 2020年03月11日 09:28
この回答がある質問
通信販売・オークション

有償頒布目的がない限り、1枚のわいせつなDVDを所持していることは、わいせつ物所持罪とはならないと思われます。犯罪とならない以上、時効の概念は生じないと考えられます。 有償頒布目的がない限...

回答日 2020年03月10日 14:31
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

刑法上の罪にはあたらないと思われます。 わいせつ物の所持を罰する刑法175条2項では、「有償で頒布する目的で」わいせつ物を所持することを要件としています。相談者様が有償で頒布する目的を有し...

回答日 2020年03月10日 13:42
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

騒音の程度によっては居住者に慰謝料や治療費相当損害額を請求できる可能性があります。 木造アパートの下の階の住人が夜間騒音を出すなどした影響により、上の階の住人が過呼吸・睡眠障害で診療所を受...

回答日 2020年03月10日 13:34

投函の態様に慎重を期されることをお勧めいたします。 いわゆるビラ配りについて、邸宅侵入(刑法130条)罪で有罪としたものがあります(最判平成20年4月11日刑集62巻5号1217頁)。しか...

回答日 2020年03月10日 12:03
この回答がある質問
出張

お金を貸した側が「もう返さなくてもいい」といった場合、借主の債務が消滅する可能性が認められるでしょう。そして、貸主がその後に「やっぱり気が変わって返して欲しい」と言っただけでは、債務が復活しないもの...

回答日 2020年03月09日 14:04

売主に、相談者様に対する修理費や治療費についての損害賠償責任が発生する可能性が認められます。 本件では、売主が、バイクがもう乗れる状態でないことを知りながら、これを説明せずに相談者様に売っ...

回答日 2020年03月09日 11:56
この回答がある質問
通信販売・オークション

1 最終的に法的機関を利用することを視野に入れておられるなら、弁護士に相談しておいた方が、話の進め方の他、今後の見通しについてもアドバイスを受ける事ができるかもしれません。 2 会話の録画や録音は...

回答日 2020年03月09日 10:59
この回答がある質問
離婚・男女問題

ご質問文に記載された条項の内容では権利移転を認めるのは困難かと思われます。 著作権は、著作物を創作した者に帰属します(著作権法17条1項)。そして、この権利はその全部又は一部を譲渡することがで...

回答日 2020年03月06日 11:07
この回答がある質問
インターネット

いわゆる青空駐車に該当するものと思われます。警察が対応するかは行ってみなければ分かりません。 自動車を夜間に道路上の同一の場所に引き続き八時間以上駐車することは禁止されており、違反した場合20...

回答日 2020年03月06日 10:33
この回答がある質問
交通事故

損害賠償請求については、会社など、相談者様の使用者を相手方として、治療費や休業損害、入通院日数に応じた慰謝料を求めることが考えられます。しかし、これが認められるかは個別の事案によります。 ...

回答日 2020年03月02日 10:50

裁判所への確認を怠ったことその一点のみをもって過失があると判断されることは無いと思われます。しかし、相談者様の確認の程度によっては、過失が認められ、預託金返還債務等を負う可能性があります。 実...

回答日 2020年02月29日 18:03
この回答がある質問
遺産分割協議書

1 自動車保険の個人賠償保険特約など、相談者様の事故に適用される保険がないか今一度見直されることをおすすめ致します。 2 申し訳ございませんが、記載頂いた情報のみでは判断致しかねます。 3 相手...

回答日 2020年02月29日 17:06

時効により、損害賠償請求ができないものと思われます。 加害女性に対し損害賠償請求を行う根拠としては、不法行為責任(民法709条)が考えられますが、不法行為による損害賠償請求権の時効は、①損害及...

回答日 2020年02月28日 17:54

相談者様のおかれている具体的状況や契約の変更内容によっては契約内容が変更されたとみなされる可能性があります。 労務提供型の契約であっても、契約の途中において双方の合意により契約内容を変更するこ...

回答日 2020年02月28日 17:08

民法上は賃貸人が負担することが原則とされていますが、個別の賃貸借契約によって賃借人の負担とすることも可能となっています。 賃貸借契約を締結した後に、トイレをウォシュレットにしたり今回のようにテ...

回答日 2020年02月21日 18:15

①と②は適法ですが、③は著作権侵害となるおそれがあります。 ①は何ら問題がありません。 ②につき、本を裁断してスキャンし、PDFファイルを作るのは複製権侵害となりうべき行為ですが(著作権法2...

回答日 2020年02月14日 15:23
この回答がある質問
インターネット

いずれも遅滞利息の起算日は投稿の日となるでしょう。 匿名掲示板上の誹謗中傷について損害賠償を行う場合、法的には不法行為に基づく損害賠償請求となります(民法709条)。 そして、不法行為に基づ...

回答日 2020年02月14日 14:55

警察に相談してください。 実際に存在しない債務を支払わなければならないと申し向けて支払わせることは、詐欺罪(246条1項)または恐喝罪(249条1項)に該当する可能性があります。 警察に被害...

回答日 2020年02月14日 13:57
この回答がある質問
闇金

会社に預けなければならないスマートフォンにつき、これを預かった上司が破損・紛失した場合、会社に弁償する義務があると考えられます。 勤務中にスマートフォンを会社に預けることにつき相談者様と会社と...

回答日 2020年02月14日 13:48

相談者様の営業形態であっても特定商取引法上の表示を行う必要があるでしょう。 特定商取引法の通信販売にかかる規律は、販売のみならず役務提供にも及んでおり(特定商取引法2条2項参照)、相談者様の営...

回答日 2020年02月14日 12:55

壁紙については、張り替えにかかった費用を認めた裁判例があります。木枠のアク洗いに関しても通常損耗を超えると認められた場合には修繕にかかった全額を請求できる余地があると思われます。 通常損耗を上...

回答日 2020年02月14日 11:47
この回答がある質問
原状回復義務

賃金支払を保留すること自体が違法です。すぐに労働基準監督署に相談に行ってください。 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければなりません(労働基準法24条1項)。また、ボーナス以外...

回答日 2020年02月12日 14:38
この回答がある質問
給料

相手方の処罰感情が大きいことは起訴処分を行う方向に働く事情といえます。相手方が警察にどのように話しているかは、現段階では警察官に聞いてみる他ありませんが、警察官にこれを答える義務はありません。相手方...

回答日 2020年02月12日 14:22
この回答がある質問
人身事故

検察がどのような証拠を持っているかは分からないので立証が可能かどうかも分からないというのが正直なところです。 今回を立件しようとする場合に考え得る証拠としては、飲食店やその周辺の防犯カメラ映像...

回答日 2020年02月12日 13:50
この回答がある質問
飲酒運転

合意解約による場合であれば、契約期間満了を待たずに退職することができます。また、やむをえない事由がある場合には直ちに労働契約を解除できます。 期間の定めのある労働契約は、やむを得ない事由がない...

回答日 2020年02月12日 11:58
この回答がある質問
退職 期間

起訴処分となるか不起訴処分となるか、起訴処分となったとしてどのような刑罰が科されるかは個別の事案によります。 検察は事件の送致を受けて、個別の事案ごとに起訴不起訴の処分を決定します。 飲酒運...

回答日 2020年02月12日 11:24
この回答がある質問
飲酒運転

失礼致しました、記載した統計は平成元年度のものです。訂正致します。

回答日 2020年02月12日 11:18
この回答がある質問
人身事故

1 - 30 件を表示/全 44 件

三島 昇悟弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5258-3522
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00-18:00です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
英語