石田 岳彦弁護士 いしだ たけひこ

石田 岳彦弁護士

石田法律事務所

大阪府 大阪市 中央区平野町3-3-10 淺野ビル5階北号室

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,808 件/匿名回答数:3,400件

 戸主は、昔の法律の家制度のもとで、一家の主として法的権限を与えられていました。  しかし、現行法は家制度も戸主制度も否定しているので、戸籍筆頭者はあくまでも戸籍の一番上に記載されているというにと...

回答日 2014年09月17日 13:04
この回答がある質問
相続

 あなたの「押印」について、登録されている会社の代表印が押されていたということであれば話は別ですが、そうでないのであれば、契約書の信用性にはかなり疑問が生じるでしょう。相手方だけで当該「契約書」を作...

回答日 2014年05月28日 18:19

交通事故の場合でも、診断書の費用は損害額として認められるのが通常ですので、警察に提出した診断書の費用についても、基本的にあなたに賠償責任があると考えます。

回答日 2014年04月02日 18:50
この回答がある質問
傷害

 この点については、論争があり、違法性の本質を法益の侵害と理解した場合には、利益の主体である被害者が同意している以上、違法性は阻却されるという結論に傾きやすく、違法性の本質を社会倫理規範への違反とと...

回答日 2014年04月01日 16:57

 あなたと保険会社とで金額に大きな開きがあるのは①修理費用の金額が争いとなっているのでしょうか。②それとも、保険会社が被害車両の時価は150万円だと主張しているからでしょうか。  判例・実務上...

回答日 2014年04月01日 16:19
この回答がある質問
物損事故

まず、何と衝突したかが警察への通報等により、特定できるかが問題で、この点が特定されなければ、そもそも捜査は始まりません。 次に、当て逃げの場合には、道路交通法の救護義務違反等が問題となりますが...

回答日 2014年04月01日 16:12
この回答がある質問
交通事故

入通院期間、休業期間、後遺障害の有無と程度等によって、損害額は変わってきます。まずは、交通事故に詳しい弁護士に損害を試算してもらい、そのうえで方針を決めることをお勧めします。 ただし、相手方...

回答日 2011年02月16日 11:55
この回答がある質問
自賠責

死亡事件において一般的に問題となる損害は、死亡時までの治療費、葬儀費用、死亡慰謝料、死亡逸失利益といったところです。 弁護士に法律相談を受けて、試算してもらうことをお勧めします。

回答日 2010年05月20日 16:48
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

1,801 - 1,808 件を表示/全 1,808 件

石田 岳彦弁護士へ面談予約

電話番号 06-6227-1988
メールで面談予約
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、夜間・休日も対応致します。
事務所の受付時間外はメールフォームにて問い合わせをお願いします。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く