石田 岳彦弁護士 いしだ たけひこ

石田 岳彦弁護士

石田法律事務所

大阪府 大阪市 中央区平野町3-3-10 淺野ビル5階北号室

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,808 件/匿名回答数:3,400件

 損害額が7000万円で、過失相殺が50%の場合、被害者が加害者らに請求できるのは合計で3500万円までです。  自賠責保険金は加害者の賠償として評価されるので、任意保険金と合わせて3500万円まで...

回答日 2017年11月08日 15:48
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

> 追加の質問になりますが、今回のケースの場合、弁護士さんに正式に依頼してもしなくても、執行猶予つきの懲役刑という結果は変わらない可能性が高いでしょうか?  被疑者段階での弁護を依頼した場合...

回答日 2017年11月08日 15:28
この回答がある質問
酒気帯び運転

> 友達に「あの行政書士は気をつけて」というのも問題になる可能性があるのでしょうか? その一言だけであれば、漠然とし過ぎているので、名誉棄損等と評価することは難しいと考えますが、具体的な事...

回答日 2017年11月08日 15:24
この回答がある質問
インターネット

正式起訴されて、執行猶予付きの懲役刑というところでしょうか。  任意保険会社により、きちんと被害弁償がなされることは警察、検察官、裁判所に対し、きちんと説明されるべきです。  示談が成立したら、示...

回答日 2017年11月07日 16:08
この回答がある質問
酒気帯び運転

 裁判所が相談者を勝訴させたとしても、行政書士の請求が法的に明らかにおかしなものであったのか、行政書士側が立証責任を履行できなかったために過ぎないのか(行政書士の主張の不当が積極的に認定されたわけで...

回答日 2017年11月07日 16:04
この回答がある質問
インターネット

 告訴とは、犯罪の被害者が、犯人と犯罪事実を捜査機関に申告して、犯人の処罰を求める意思表示です。     > 後日警察に提出するのは告訴状ではなく、被害届の提出だけでよろしいのでしょうか? ...

回答日 2017年11月07日 15:43
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

 判決では、①事実の認定と②それに対する法令の適用により、結論が出されます。  仮に相談者の敗訴が、①相談者の主張する事実を本件判決で認定してもらえなかったことにあるならば、理由不備、理由齟齬、経験...

回答日 2017年11月07日 15:37
この回答がある質問
安全配慮義務

 急ブレーキの原因となった車両(便宜上A車といいます。)と追突したバイク(便宜上B車といいます。)との共同不法行為となり、両車の運転者に対し、連帯して損害全額を請求できると考えます。  B車が逃走し...

回答日 2017年11月07日 11:49

 一般の方々にはしばしば誤解されているようですが、追突の際に、追突車の過失が原則100%となるのは、追突車と被追突車がそれなりの距離と時間、同一進路上を走行し、後続車(追突車)が道路交通法の車間距離...

回答日 2017年11月06日 20:11
この回答がある質問
過失割合

> 1.この場合、同乗者の私は処罰の対象となるのでしょうか?  上記の説明のとおりであれば、酒気帯び運転の幇助とは認められないので、処罰はできないはずです。 > 2.後日呼び出される...

回答日 2017年11月06日 20:04
この回答がある質問
酒気帯び運転

 10回の出金それぞれを別の不法行為と評価し、それぞれについて別に訴訟を提起すること自体は一応、可能と考えますが、証拠が揃っているのであれば、500万円の通常訴訟を一回起こせば足ります。  少額訴訟...

回答日 2017年11月06日 20:02
この回答がある質問
相続

> 1違法性がない催促はどのような方法でしたら良いのでしょうか?  暴行、脅迫を伴わない限り、手紙でも、電話でも構いません。 > 2現住所から転居をしていた場合、転居先は個人で知る事...

回答日 2017年11月06日 19:50
この回答がある質問
通常訴訟

 捜査情報を知らない以上、正確なところは分かりませんので、以下、あくまで一般論です。   大麻や覚せい剤を所持で立件するのは、通常、現行犯逮捕できた場合に限られます。  また、覚せい剤の自己使用で...

回答日 2017年11月06日 18:55
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

 経緯がよく分かりませんが、仮に警察が相談者の犯罪への関与を疑い、警察からの要請で銀行が口座を凍結したという場合、警察側に事情を説明して、銀行へ口座の凍結を解除するよう指示してもらう必要があります。...

回答日 2017年11月06日 18:35
この回答がある質問
消費者被害

> この場合、弁護士に依頼している立場ですが、相手の弁護士に直接お手紙等で連絡をとっても可能なのでしょうか?  法律上は問題ありませんが、相談者側の窓口が2つになるのでは相手方が混乱しますし...

回答日 2017年11月06日 18:27

現状では「損害」の立証が困難と考えます。  法的措置を検討する前に、一度、隣人に説明を求められてはいかがでしょうか。

回答日 2017年11月06日 13:12
この回答がある質問
近隣トラブル

 自分の所有地に何を設置するかしないかは、原則として、土地の所有者の自由です。  相談者宅の屋内にまで超音波が届き、ペットの体調に悪影響が生じているということももない限り、隣人に法的請求を行うことは...

回答日 2017年11月06日 11:09
この回答がある質問
近隣トラブル

具体的な事案が分からないので、一般論として > ①会社などを経営し既に会社は畳んでおり >  その代の者ももう他界し、遺産相続等もすべて終わった後で >  会社時代の不正などが見...

回答日 2017年11月06日 11:03
この回答がある質問
相続登記・名義変更

 一般論として、債務不履行責任の追及は契約関係の存在に争いがなければ容易ですが、詐欺取り消しは、契約時に詐欺の意思があったかの立証が困難であるため、容易ではありません。  また、取り消しが認められた...

回答日 2017年11月02日 17:58
この回答がある質問
通信販売・オークション

> 預金もこのまま一生引き出せないとかわけの分からない事を言っております。  どのような法的根拠で言っているのかがよく分からないので、その点について説明を求めるべきでしょう。銀行側の説明...

回答日 2017年11月02日 16:55
この回答がある質問
消費者被害

 一旦、審判によって裁判所の判断を示した以上、裁判所としては、前提となる事実関係に特段の変化が無い限り、当初の判断を妥当と考え、その変更には一般的に消極的であると考えます。   > 今回は私...

回答日 2017年11月02日 16:29
この回答がある質問
面会交流

> 勧告書が届き債務整理をお願いしましたが分割で最低でも3回返済していないと相談できないと弁護士さんから言われました  「任意整理は無理だと思うから、法的整理を試みては?」という話だったので...

回答日 2017年11月02日 15:41

  > 被告の方からは、供託という制度を使って私に強制的にお金を返す事ができるので、裁判を取り下げて > 下さいと電話がありました。できれば法務局を通さないで直接銀行振込をしたいと。 ...

回答日 2017年11月02日 15:34
この回答がある質問
通信販売・オークション

> ①は全然140万以下ですが、簡裁は早期に終われるが、相手が地裁に上げる事も >  出来るので、だったら初めから地裁の方が良いのかな?と。 >  印紙代が違う事。他、簡裁と地裁の...

回答日 2017年11月02日 12:36
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

 個人的経験に基づく私見ですが、特段の新しい主張、新しい証拠が提出されない限り、初回弁論期日で弁論が終結し、判決に移る(その間に和解協議を試みることもあり)事件が多いように思えます。 > ...

回答日 2017年11月01日 17:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

 保険約款の弁護士費用特約の項において、その対象とする事件の範囲を規定していると思いますので、約款を確認するなり、代理店に話しを聞くなりされるべきです。  ただ、常識的に考えると、自社に対する保険金...

回答日 2017年11月01日 17:16

> ①簡裁か?地裁か?  請求額が140万円を越えるか否かにより決まります。 > ②当方として、治療費と自賠責基準での慰謝料を受け取れれば良いと考えていましたが、 >  慰謝料...

回答日 2017年11月01日 17:12
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

> 相手は車線変更前に左を確認していなかったので車の位置関係は分からないと言っていましたが  相手方が、訴訟においても、上記事実を認めた場合、右合図の不履行とは別の過失割合の修正要素として考...

回答日 2017年11月01日 17:05
この回答がある質問
過失割合

 車線変更自動車と後続直進自動車の事故であれば、通常、(車線変更車)70:30(後続直進車)の基本的過失割合となりますが、車線変更車である相手車の右合図無しを考慮して、(相手車)90:10(相談者車...

回答日 2017年11月01日 14:41
この回答がある質問
過失割合

> 「示談にはなっていませんが、どうお考えしょうか?」 > 「保険屋が対応しないと言っているのは、保険屋の自由だが、 >  事故証明が有り、診断が有り、示談が成立してない以上、 &...

回答日 2017年11月01日 14:20
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

91 - 120 件を表示/全 1,808 件

石田 岳彦弁護士へ面談予約

電話番号 06-6227-1988
メールで面談予約
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、夜間・休日も対応致します。
事務所の受付時間外はメールフォームにて問い合わせをお願いします。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く