石田 岳彦弁護士 いしだ たけひこ

石田 岳彦弁護士

石田法律事務所

大阪府大阪市中央区平野町3-3-10淺野ビル5階北号室

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名561 件/匿名:579件

> Q1 裁判官全員に対して忌避を申し出ようかと考えますが,いかがでしょうか。  一般論として、裁判官の訴訟指揮を理由とする忌避申立が認められる可能性は低いです。 > Q2 ...

回答日 2017年12月04日 13:41

> こちらの罪を重くしたいがための行為と思っています。ここまでの経緯で相手が、いかに虚言癖があるかを検察にこちらから示すことは、効力がありますか? 被害者の説明に具体的にどのような虚偽が...

回答日 2017年12月01日 14:49
この回答がある質問
傷害

 民法634条は「法律行為」の委託、受託を委任契約の要件としています。  そして、同656条で「法律行為でない事務」の委託にも委任契約の条文を准将するとしています(準委任契約)。「法律行為でない事務...

回答日 2017年11月30日 19:25
この回答がある質問
民事・その他

「原告(或は被告)本人」と記載し、住所、氏名を記載します。

回答日 2017年11月29日 13:08
この回答がある質問
不動産・建築

追伸    任意保険会社としては、相談者に弁護士がついたことで、自らも弁護士を立てたほうがよいと考えたということでしょう。  メリット、デメリットということですが、相手方に弁護士がついたことによって...

回答日 2017年11月29日 11:41
この回答がある質問
示談交渉

> 兄が僕に話してる時に何故か怒り殺す!と言われキッチンから包丁を取ってきて体スレスレまで包丁を振り下ろされました。これは、なにかの罪にあたりますか?  少なくとも暴行罪になるでしょう。 ...

回答日 2017年11月28日 16:35
この回答がある質問
殺人・殺人未遂

> 契約更新に応じるか否かの意思表示をする時期としては、現契約満了の直前でも問題ありませんでしょうか?  契約上、この点について規定が無く、自動更新の規定もないのであれば、理屈上は、そもそも...

回答日 2017年11月28日 14:32
この回答がある質問
業務委託

> こういった少額案件の場合、当方の保険会社は先方の損害確認を見積書のみで行うのが一般的なのでしょうか?  写真くらいは見るのが通常かなとは思います。 > また、ホイールに傷が付いた...

回答日 2017年11月28日 11:16

 その「嘘」が裁判所の審判の基礎となった事実関係にどの程度の影響を与えるかにもよるので、一概にいえません。  また、一般論として、親権者の変更は子供の生活に重大な変化を生じさせることになるので、現...

回答日 2017年11月27日 19:23

 未必の故意に限らず、故意の認定にあたっては、当該行為者の供述のみならず、実際の行動、当時の状況等の客観的事情も考慮して、判断されます。  行為者が「故意はなかった」と証言しても、その行動、当時の状...

回答日 2017年11月27日 18:34
この回答がある質問
民事・その他

 基本的には、医療ミスの後始末の手術のために要した治療費(健康保険利用の場合、自己負担分)、その入通院期間に応じた慰謝料(交通事故の基準を参照することになるでしょう)、仕事を休んだ場合には休業損害、...

回答日 2017年11月27日 17:57
この回答がある質問
医療

> 法廷内容事実を頭ごなしに事実と認めない権限は裁判官にあるのですか。  証拠の信用性と価値を評価して、いかに事実認定を行うかは基本的に裁判官の自由です(自由心証主義)。判決での事実認定に...

回答日 2017年11月24日 15:21
この回答がある質問
親権

> Ⅰ.事故と因果関係がある箇所の修理費以外払うつもりはないのですがその虚証責任は相手にありますか 損害額の挙証責任(立証責任)は、損害の発生を主張する被害者側にあります。もっとも、被害...

回答日 2017年11月24日 13:14

 債権者が任意に債務を免除したのであれば、債務者は支払い義務を免れ、その後に変心した債権者から請求がなされても、支払いを拒否できます。  ただし、債権者が「債務の免除をした事実はない」と争った場合、...

回答日 2017年11月24日 11:10
この回答がある質問
借金

 道路交通法44条は、駐停車禁止の道路標識のある場所に加えて、カーブの端から5m以内の場所等を挙げて、駐停車禁止としているので、相手車の駐車位置がカーブから5m以内の場所であれば、道路標識の有無にか...

回答日 2017年11月24日 10:43

 贈与契約自体が有効に成立し、かつ、既に履行された場合、贈与者が受贈者に対し、贈与した物の返還を求めることはできません。  贈与契約に何らかの瑕疵(無効、取り消し等)がある場合には内田先生の説明のと...

回答日 2017年11月22日 14:01
この回答がある質問
借金

> 裁判所からは、提出するよう促されるのでしょうか?  一般論として、被告側の要求とは無関係に、裁判官より証拠説明書の提出を求められることはよくあることです。  その場合、証拠説明書の提出を...

回答日 2017年11月22日 13:14
この回答がある質問
離婚慰謝料

 CがBの代理人として行った債務の承認は、法律上、あくまでもB自身の行為とみなされ、効果が帰属するのもBについてです。  従って、その後、Cが相続放棄することは、B代理人としての上記行為と何ら矛盾す...

回答日 2017年11月22日 11:46
この回答がある質問
契約・借用書

 120万円というのは自賠責「傷害」保険金の限度額だと思います。  後遺障害が認定されれば、任意保険会社は、その等級により、自賠責「後遺障害」保険金の限度額まで(例えば、最低の14級の場合、75万円...

回答日 2017年11月20日 18:52
この回答がある質問
過失割合

一般論としてあります。  例えば、交通事故において、事故状況については当事者間について争いがなく、被害者の被った損害について争いがある場合、加害者としては被害者の損害については通常知り得ないでしょう...

回答日 2017年11月16日 18:41
この回答がある質問
立ち退き料

 A車が相談者の車両に衝突していないとしても、A車が線変更にあたって相談者車両の進路を妨害し、急制動の原因となったのであれば、道路交通法違反であり、過失と評価できます。  そして、その過失の結果、B...

回答日 2017年11月15日 11:01

 本人の住所地を管轄する家庭裁判所に対し、申し立てを行う必要があります。手続については家庭裁判所のホームページをご覧になられるか、裁判所に相談されるか(手続面での助言はしてもらえます)、弁護士に相談...

回答日 2017年11月14日 19:52
この回答がある質問
相続

 告知義務違反等による保険会社の免責の有無は、保険契約単位で問題となります。  医療保険の加入時において告知義務違反が無ければ、問題ないと考えます。

回答日 2017年11月14日 19:33
この回答がある質問
医療

 地代を得る目的ではなく、自ら土地を利用する目的での購入ということであれば、土地の現所有者が借地人との契約を終了させ、更地にしたうえで相談者に引き渡すことを停止条件にして(更地にして引き渡すことがで...

回答日 2017年11月13日 16:00
この回答がある質問
原状回復義務

 医療事故により生じた傷病のために入通院を余儀なくされ、後遺障害が残存したという場合、交通事故の損害賠償基準を参考に損害を算定するのが便利でしょう。  遅延損害金の起算点は事故日からです(後遺障害...

回答日 2017年11月13日 13:43
この回答がある質問
医療

> 質問1)損害賠償について > ・損害賠償額の根拠は、必ず領収書でなければならないのでしょうか > (見積書でも可能でしょうか)  見積書も証拠とはなり得ます。  しかし、一般...

回答日 2017年11月10日 16:36

> ①裁判で有利に働くものなのでしょうか。  被害者がきちんと証言できるか否かによります。 > ②私に離婚歴が2回あります。こういう事も法廷で話さなければいけない事もあるのでしょうか...

回答日 2017年11月09日 18:59
この回答がある質問
強制わいせつ

 通報するかは聞いた人次第ですが、立件は以下の理由で困難でしょう。  酒気帯運転について、被疑者の自白(自白を聴いたとの証言)しか証拠が存在しないのであれば、補強法則(被告人の自白以外の証拠がなけ...

回答日 2017年11月09日 18:51
この回答がある質問
飲酒運転

 刑事訴訟法上は、どこの課に告訴状を出さなくてはならないという規定はありません。  警察内部の手続の問題になるかと思いますので、現在、相談されている方に告訴状、被害届を出したいといえば、担当の部課係...

回答日 2017年11月09日 14:03
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

正式起訴されて、執行猶予付きの懲役刑というところでしょうか。  任意保険会社により、きちんと被害弁償がなされることは警察、検察官、裁判所に対し、きちんと説明されるべきです。  示談が成立したら、示...

回答日 2017年11月07日 16:08
この回答がある質問
酒気帯び運転

1 - 30 件を表示/全 561 件

石田 岳彦弁護士へ面談予約
電話番号 06-6227-1988
メールで面談予約
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約により、夜間・休日も対応致します。
事務所の受付時間外はメールフォームにて問い合わせをお願いします。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く