現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
小寺 弘通弁護士

( こてら ひろみち ) 小寺 弘通

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:63 件/匿名回答数:0件

弁護士によっても異なりますが,裁判や交渉を依頼される場合,10万円~20万円程度を最低の報酬額として設定されている場合が多いように思います。 ご相談の件ですと残念ながら弁護士へ依頼すると費用倒...

回答日 2020年10月30日 13:24

相続放棄するのであれば,ご相談者様の方では自動車税や駐車料金は支払わない方が良いです。 そのような行動を取ってしまうと,相続放棄が認められなくなり,負債を全て引き継がなければならなくなる可能性があ...

回答日 2020年10月30日 13:15
この回答がある質問
財産処分・管理

まず,相続財産管理人の予納金についてですが,予想される業務量にもよりますが, 最低額で20万円~という裁判所が多いように思います。 お父様の相続財産や債務の額などが分かりませんが,自動車の処分だ...

回答日 2020年10月30日 12:12
この回答がある質問
財産処分・管理

ご指摘のとおりでしょう。 そもそも,お子さんは刑事未成年者(14歳未満)ですので,刑事責任に問われることはありません。 また,刑事未成年者でも,犯罪に当たる行為を行えば少年法上の触法少年に該...

回答日 2020年10月26日 11:01
この回答がある質問
近隣トラブル

仮に最終的に得られた利益が少なく(或いはマイナス)ても,利益を得る目的で商品を購入し,それを転売したというのであれば一応は古物営業に該当しうると考えられます。 ただ,年間3万円程度の利益という...

回答日 2020年10月26日 10:54
この回答がある質問
行政事件

もちろん今からでも古物営業許可を取ることは可能ですが,だからといって過去の分が適法になるということはありません。 また,逮捕される可能性はゼロではないと思います。 ただ,取引数がかなり多く多...

回答日 2020年10月25日 16:47
この回答がある質問
行政事件

> この場合車内の汚染で後日請求が来ることはあるのでしょうか…? ないとは言い切れません。 例えば車内カメラの映像やクレジットカードの決済履歴などから、シートを汚した人物を特定できた場...

回答日 2020年10月24日 01:34
この回答がある質問
架空請求

古物営業許可が必要になる可能性が高いと考えられます。 「古物」という言葉の響きからすれば使い古されたものというイメージを持ちますが,法的には,新品の衣料品であっても一般消費者に向けて販売された...

回答日 2020年10月24日 01:28
この回答がある質問
行政事件

> 1.このような条件で離婚のつもりで > > 慰謝料を請求しようとしていますが一緒にいる写真がないと不十分でしょうか? 私にはLINEの具体的なやりとりや音声の内容が...

回答日 2020年10月22日 12:45

> 相手が法に詳しいということもあり、やめてほしいと伝えて神経を逆撫でするのも怖く、どうしていいかわかりません。 > > やめてもらうためには何をすればいいでしょうか。 ...

回答日 2020年10月22日 12:21
この回答がある質問
離婚・男女問題

弁護士に依頼すべきか否かは一概には言い難いところだと思います。 費用対効果の点だけで考えるとすれば,弁護士を付けるのにも費用がかかりますし,加害者側がどれだけ慰謝料を支払う意思と資力があるのか...

回答日 2020年10月20日 14:29
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

娘さんにおかれては大変怖い経験をされたことと心中お察しします。 少年から受けた被害について,少年本人やその親などに慰謝料を請求することが考えられます。 加害者の親から謝罪をしたいとの意向...

回答日 2020年10月20日 14:01
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

持ち家の場合は自宅を売却することになりますが,賃貸の場合は破産したからといって退去しなければならないという訳ではありません。 ただし,減少する前の収入を基に借りられているのであれば,現在の収入...

回答日 2020年10月19日 16:07
この回答がある質問
自己破産

申請の際に遺言書の写しが交付される訳ではないはずですので,必要であれば遺言書原本を預けられる前にコピーを残しておいた方が良いでしょう。 ちなみに,遺言書を預けた後は,遺言書原本や,遺言書の画像...

回答日 2020年10月19日 15:14

弁護士であれば依頼者や相談者の方との間で揉める経験は程度の差こそあれあるものですが,相談者相手に刑事告訴や訴訟を起こすことは稀ではないでしょうか。 ご相談の件,その先生からすれば対応に苦慮され...

回答日 2020年10月19日 14:55
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

民事訴訟で勝訴され,判決で「訴訟費用は○○(相手)の負担とする。」との記載があるということでしょうか? それであれば,訴訟費用額確定処分の申立を原審の裁判所に対して行い,訴訟費用額を確定しても...

回答日 2020年10月16日 13:38
この回答がある質問
離婚慰謝料

生活保護受給者であれ扱いは同じです。 どのようなご事情があるのか分かりませんが,行政の担当者へ早急に相談するなどされた方が良いでしょう。 最悪転居が間に合わなかった場合でも一時保護施設などに...

回答日 2020年10月15日 19:21
この回答がある質問
強制退去

緊急事態宣言中は強制執行が一時ストップしていたこともありますが,今は従前どおり普通に行われていますよ。 残置物動産がある場合,換価価値のないものは破棄処分とし,それ以外は保管場所を定めて執行官...

回答日 2020年10月15日 19:05
この回答がある質問
強制退去

①ご本人の言い分や事実関係が全く分かりませんが, 逮捕時に「何もやっていない」と言っていたのであれば,何か弁解すべき事情があるのかもしれません。場合によっては冤罪である可能性もあります。 そ...

回答日 2020年10月14日 20:26
この回答がある質問
窃盗・万引き

> 1. 慰謝料や治療費を払えと言われたり、裁判沙汰になった場合応じないといけないのでしょうか? > > 2.その時は性病に感染していた事は知らず、故意ではございません。過失...

回答日 2020年10月14日 20:08
この回答がある質問
傷害

不貞に関して300万円を超える慰謝料額を認容する裁判例は極めて珍しいことから,300万円を最初の請求金額に設定する場合が多いように思います。 また,慰謝料に加えて探偵費用や弁護士費用を上乗せす...

回答日 2020年10月14日 19:48
この回答がある質問
不倫慰謝料

そのような行為を事業として行った場合,古物営業法上の「古物営業」に該当し,警察の許可なく行えば刑罰の対象となり得ます。 つまり,「古物」という言葉の響きからすれば使い古されたものというイメージ...

回答日 2020年10月13日 22:42
この回答がある質問
通信販売・オークション

欠席の理由は家庭裁判所に伝えているのでしょうか? 調停での解決を望まれるのであれば期日には出席すべきでしょう。 また,多くの裁判所の調停室には飛沫防止のシートが設置されていると思いますので,...

回答日 2020年10月12日 12:05

報酬規程は事務所ごとに微妙に異なりますので分かりませんが, そのような計算になることが多いように思います。 弁護士に依頼される場合,当該弁護士との信頼関係を築くことは事件処理の上で極めて重要...

回答日 2020年10月08日 20:28
この回答がある質問
医療

> どれくらいの違約金がかかるかなど色々聞いても一切答えてもらえなかったのは、訴訟を起こす際に何か不利になるようなことがあるからでしょうか? 想像ですが,その段階で既に法的措置を取ることを検...

回答日 2020年10月07日 19:31
この回答がある質問
詐欺

一般論として大雑把にいうと, ①「違約金」という名目の金銭は,契約において支払うことを合意していなければ請求することはできません。 しかし,上記のご事情から察するに,そのような約束はされていない...

回答日 2020年10月06日 23:44
この回答がある質問
詐欺

下請先と元請先の関係や、下請先と相談者様との関係など、詳しい事情が分かりませんが、 相談者様が違約金を請求されているのは下請先でしょうか?また、素材を受け取っているのは下請先という理解でしょうか?...

回答日 2020年10月06日 22:08
この回答がある質問
詐欺

できます。 ただし、法定相続人がすべて相続放棄してしまい、相続人がいなくなれば請求できなくなります。

回答日 2020年10月06日 21:55
この回答がある質問
不倫慰謝料

確かに犯人の特定は難しいかもしれませんが,犯人が自分名義の口座でATM操作していたのであれば,ATMの履歴から犯人が分かる可能性もあるのではないでしょうか。 泣き寝入りになるかもしれませんが被...

回答日 2020年09月30日 21:46
この回答がある質問
窃盗・万引き

> この場合は被告個人に強制執行を行う事になるのでしょうか? 強制執行を行うことができるのは,判決書に被告と書かれている者の財産についてのみです。 被告が強制執行を回避したいと考える場...

回答日 2020年09月30日 21:34
この回答がある質問
通常訴訟

1 - 30 件を表示/全 63 件

小寺 弘通弁護士へ問い合わせ

電話番号 06-6360-7020
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝

対応地域

経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談