現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山下 真弁護士

( やました まこと ) 山下 真

塩野山下法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
市長と弁護士の経験で培った「人間力と専門知識」で、お役に立ちます!数々の修羅場をくぐり抜けてきた「交渉力」を駆使して、全力で事件の解決にあたります。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

「結婚した時には、こんなことになるなんて思いもしなかった……」
今、このページを見ておられる方は一度はそんな気持ちになったことがあるのではないでしょうか。

離婚することを本気で考えるまでに至らなくても、「こんなはずじゃなかった」と思うときはどの夫婦にもあります。その段階を経てこのページを見ておられる方は、おそらくほぼ腹を決めておられることでしょう。ならば、もう迷うことなく前を向いていきましょう。一旦別れると決めたなら、取れるものをできるだけ多く取って、さっさと別れましょう。それがあなたの再出発のためのベストな選択です。

私はそのお役に立ちます!

≪強み≫
・これまで多数の、離婚の交渉・調停・訴訟案件を取り扱ってきました。
・弁護士経験と共に、市長を3期9年間務め、身に付けた知識、分析力、判断力、交渉力、マネジメント力、人脈等を駆使して、事件の解決にあたります。
・市長経験で多くの修羅場をくぐり抜けてきた「交渉力」に自信があります。
・ご依頼者は夫側、妻側、双方から頂いており、若い方から60歳を過ぎた熟年の方まで様々な事件の経験があります。

≪このようなご相談お任せください!≫
・自分に離婚原因があるが、それでも離婚したい。
・父親だが子どもの親権を取り、子どもを自分で育てていきたい。
・出来るだけ多くの養育費を請求したい。
・配偶者の財産の範囲をきちんと調査し、出来るだけ多くの財産分与を受けたい。
・配偶者や不倫相手に対して慰謝料請求したい。

夫側、妻側双方からの依頼を多く受けておりますので、それぞれの立場を考慮し、紛争の落としどころを探り、できる限り交渉や調停での早期解決を目指します。
お悩みを抱え込まず、まずはご相談ください。

着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めていた料金を基準として、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じています。

電話がつながらない場合には、事案の簡単な内容、お打合せの希望日時等をメール(24時間対応)でご送付いただけますと、その後のご対応がよりスムーズとなります。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 原則として、
交渉から着手する場合、15万円~(税別)
調停から着手する場合、30万円~(税別)
報酬金 当法律事務所の報酬規定を基準に、事案の複雑性、困難性や事件解決に要した労力等を考慮し、依頼者と協議のうえ、決定します。
なお、経済的な利益については、原則として、
得られた経済的利益が300万円までは16%(税別)、
300万円~3000万円の部分は10%(税別)など
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

性格の不一致や不倫を理由として夫と離婚した妻が、3人の子どもの親権、私立大学の授業料を加味した養育費、唯一の夫婦共有財産であった自宅不動産の所有権を取得し、3人の子どもとの平穏な生活を取り戻しました

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 性格の不一致
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者は夫との性格の不一致に加え、夫の不倫に悩み、精神的にかなり深刻な状況にありました。

相談後

離婚し、1人で3人のお子さんを育てていこうとを決意されました。
離婚調停には1年半近い時間を要しましたが、3人の子どもの親権、私立大学の授業料を加味した養育費、唯一の夫婦共有財産であった自宅不動産の所有権を取得する形で調停が成立しました。
不倫相手から慰謝料も支払ってもらいました。

今は3人の子どもさんと平穏な生活を送られています。

山下 真弁護士からのコメント

山下 真弁護士

調停では夫の代理人弁護士とかなりシビアなやり取りをしましたが、親権者としての適切性、養育費請求の根拠、財産分与請求の正当性などを粘り強く主張し、譲歩を引き出しました。

依頼者は決断力に欠ける面が見られましたが、要所要所で助言し、決断を促しました。

今はその決断に満足していただいています。

離婚・男女問題の解決事例 2

不倫の上、相手の男性の子どもを妊娠し、突然家を出て行った妻に、慰謝料300万円を支払ってもらい、離婚しました

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 40代 男性

相談前

ある日突然、妻と子どもが自宅からいなくなりました。夫には、「救急車で病院に運ばれ、1週間入院しなければならなくなった」とのメールだけが入りました。

不審に思い、興信所に調査をお願いしたところ、不倫の上、相手の男性の子どもを妊娠し、出産のために入院したことが分かりました。出産直前まで同居していた夫や夫の両親にそのことを気付かせませんでした。

夫はどうしたらよいのかわからず、相談に来られました。

相談後

依頼者は離婚せざるを得ないという結論に達しましたが、怒りは収まりません。

妻の代理人弁護士と交渉し、妻が連れて出て行った子どもへの養育費の不払い、慰謝料300万円の分割払い、妻の実父を連帯保証人とすること、妻が転職した場合の告知義務などの条件を飲んでもらって、公正証書を作成し、協議離婚しました。

また、妻と不倫相手との間に出来た子どもは法律上、依頼者の子どもとなるため、その親子関係を否認する裁判を家庭裁判所に起こしました。

現在、慰謝料300万円の分割払いも滞りなくなされており、依頼者の怒りも今は収まっているようです。

山下 真弁護士からのコメント

山下 真弁護士

依頼者の怒りはもっともで、どのような解決をすれば、その怒りを収めていただけるかに腐心しました。

妻には資力が無かったので、慰謝料300万円の分割払いをどう確実にしていただくか、知恵をしぼりました。

離婚・男女問題の解決事例 3

依頼者は、結婚式1か月前に突然、相手の父親から結婚式のキャンセルと離婚を告げられ、当惑しましたが、離婚の条件と結婚式のキャンセル料の負担を合意に導き、円満に解決しました

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 面会交流
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者は相手方との間で子どもが出来、入籍を先行していました。ところが、結婚式1か月前に突然、相手方の父親から結婚式のキャンセルと離婚を告げられました。その理由は、「もう好きじゃないから」というもので、依頼者は到底納得できませんでした。

相談後

離婚の条件として、依頼者は相手方が妊娠中の子の養育費の支払い、親権の相手方の取得、慰謝料の支払い、結婚式のキャンセル料の招待客数に応じた負担を求められました。
これに対し、当職は、養育費の減額、慰謝料の不払い、結婚式のキャンセル料の全額相手負担を求めましたが、折り合いがつかず、離婚調停に至りました。

調停では、相手方による結婚式のキャンセルと離婚通告が一方的であったことを強く主張し、最終的に、養育費の減額、月1回の面会交流、慰謝料の不払い、結婚式のキャンセル料の折半という条件で折り合いました。また、キャンセル料については、結婚式場と交渉して全体を約半額に減額してもらいました。

山下 真弁護士からのコメント

山下 真弁護士

相手方の態度が突然、一方的に変わったこと、それによって依頼者は大きな精神的ダメージを受け、友人知人にも恥ずかしい思いをしたことを、ぶれずに粘り強く主張しました。そのことで、調停委員や相手方代理人の理解を得、依頼者の要望を最大限実現できたと思います。

離婚・男女問題

特徴をみる

医療問題

分野を変更する
医師とのネットワークを生かして、被害者の皆さんに専門的な助言と判断を提供します。

医療問題の詳細分野

依頼内容

  • 医療過誤
  • B型肝炎

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

≪強み≫
・医師とのネットワークがありますので、医療機関側の過失の有無や程度を的確に判断し、勝訴の見込みをお伝えします。
・医療機関との示談交渉や裁判を、協力医と連携しながら進めていきます。

医療問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 原則として、請求額が300万円までは8%(税別)、
300万円~3000万円の部分は5%(税別)、
3000万円~の部分は3%(税別)など
成功報酬 原則として、得られた経済的利益が300万円までは16%(税別)、
300万円~3000万円の部分は10%(税別)、
3000万円~の部分は6%(税別)など
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

医療問題

特徴をみる

税務訴訟・行政事件

分野を変更する
■9年間の市長経験あり■
市長を務めた経験から、行政法の知識は当然のこと、行政側の発想、行動を熟知しております。

税務訴訟・行政事件の詳細分野

依頼内容

  • 税務訴訟
  • 行政事件

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

≪強み≫
・9年間市長を務めた経験から、行政法の知識は当然のこと、行政側の発想、行動を熟知しておりますので、事件の落としどころを的確に把握し、事件の早期解決を図ることができます。
・住民側及び行政側双方での行政訴訟の経験が多数あります。

≪重点取扱案件≫
・住民監査請求、住民訴訟
・情報公開訴訟
・損害賠償請求訴訟
・行政処分取消訴訟
・課税処分に対する不服申立

税務訴訟・行政事件

解決事例をみる

税務訴訟・行政事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金/報酬金 当法律事務所の報酬規定を基準に、ご希望も踏まえて決定します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

税務訴訟・行政事件

特徴をみる 解決事例をみる

税務訴訟・行政事件の解決事例(2件)

分野を変更する

税務訴訟・行政事件の解決事例 1

国道走行中のクラシックカーが倒木により大破した交通事故で、道路管理者の富山県を相手に国家賠償請求訴訟を起こし、勝訴的和解を勝ち取りました。前例の乏しい事件でしたが、専門的知見を駆使しました。

  • 行政事件
依頼主 60代 男性

相談前

 富山県内の国道を、トヨタ2000GTという幻の名車と言われるクラシックカーで走行していたところ、突然、沿道のブナの大木が倒れてきて、同車に衝突。運転者は一命を取りとめたものの、車両は大破し、3500万円の損害を被りました。被害者は、他の弁護士に相談したものの、不可抗力で誰の責任も問えないと言われ、泣き寝入りしかけていました。

相談後

 これに対し、当職が事故状況を詳細に調査したところ、道路を管理していた富山県の管理に問題があった可能性があることが分かりました。そこで、同県を相手に国家賠償請求訴訟を提起し、車両代、治療費、慰謝料等として、約4000万円の損害賠償を求めました。約2年間の審理においては、行政法学者や樹木の生態を専門とする学者の意見書を証拠として提出するなどして、被告を追い詰め、訴訟を有利に進めました。その一方で、訴訟の長期化による被害回復の遅れにも配慮し、請求額の約半額の賠償を命じる内容の和解を成立させました。

山下 真弁護士からのコメント

山下 真弁護士

 前例の乏しい事件でしたが、調査を重ね、学者の協力も得て、道路管理者の責任を問う理論を緻密に積み上げました。珍しい事件ということで、マスコミにも大きく取り上げられました。困難な事件でも諦めないことが大切だと改めて思いました。

税務訴訟・行政事件の解決事例 2

不動産鑑定価格の3倍を超える価格で火葬場建設予定地を購入した奈良市長及び土地を売った地権者に対し、奈良市が約1億2000万円の損害賠償請求することを求める判決を大阪高等裁判所で勝ち取りました。

  • 行政事件

相談前

 奈良市長は、市政の最重要課題であった火葬場の建て替えが思うように進まず、3期目の選挙を目前にして焦っていました。そこで、地権者や地元住民、市議会の協力が得られそうな候補地を、不動産鑑定価格の3倍を超える高値で無理して購入しました。しかも、購入した土地は地中に産業廃棄物が埋められており、その撤去に3億円もかかりました。また、地権者に要求されるままに、不必要な土地まで購入しました。
 しかし、市が保有する遊休地でもっと火葬場建設に適した土地は他にあり、なぜ、そのような条件の悪い土地を高値で購入したのか、全く不明でした。市民からは疑惑の解明と損害賠償を求める声が大きくなっていました。

相談後

 当職ら5人の弁護団が、住民約100名を原告とし、奈良市に対し、市長と地権者に約1億7000万円の損害賠償請求をするよう求める住民訴訟を奈良地方裁判所に提起しました。奈良地裁は、奈良市が奈良市長に対し請求額全額の損害賠償請求をするよう命じる判決を下しました。大阪高裁は、損害賠償額を約1億2000万円に減額したものの、市長のみならず地権者に対しても損害賠償請求することを奈良市に命じる判決を下しました。現在、最高裁に上告中です。

山下 真弁護士からのコメント

山下 真弁護士

 土地の購入を決定した市長のみならず、土地を売った地権者にも不法行為が成立するとして損害賠償を求めた大阪高裁判決は画期的でした。マスコミでも大きく報道されました。不正を許さないという正義感を原動力として、住民と弁護団が力を合わせた結果でした。

税務訴訟・行政事件

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
塩野山下法律事務所
所在地
〒530-0054
大阪府 大阪市北区南森町1-3-27 南森町丸井ビル4階
最寄り駅
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」
JR東西線「大阪天満宮駅」
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

関東

  • 東京

北陸・甲信越

  • 山梨

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山
設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
  • 行政事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5347-3359

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

山下 真弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5347-3359

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
事前の予約により、平日夜間及び土日祝日も対応致します。
メールフォームによる受付は24時間可能です。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
対応言語
英語