現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
満村 和樹弁護士

( みつむら かずき ) 満村 和樹

ヴィレッジフィル法律事務所

労働問題

分野を変更する
従業員は本来、会社と対等です。法律の力を借りてあなたらしい人生を取り戻しましょう。【電話・メール相談可】【相談しやすい価格設定】【執筆記事多数掲載】

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

生活の基盤である職場トラブル解決に尽力

労働は生活の基盤であり、日々の生活に大きく関わるものです。
それだけに、トラブルを抱えれば経済的にも精神的にも大きなダメージがあるはずです。

最近では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けての問題も増加していると思います。
不当な解雇の効力を争うケース、残業代を請求するケース、また、パワハラ・セクハラ等、労働に関するトラブルは幅広く扱ってきました。
ぜひ一度ご相談ください!

労働問題に関連する情報発信

また、ブログにおいて労働問題についての情報発信も行っています。
下にリンクを張りますので、ご興味のある方に見ていただけると幸いです。

コロナ解雇!?その解雇適法?
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6534592.html

残業代請求の超基礎知識ー1番わかりやすい労働法解説ー
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6888317.html

休日出勤、深夜労働の割増賃金ー1番わかりやすい労働法解説ー
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/7066152.html

未払い残業代請求権の消滅時効期間延長について
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6847246.html

職場でのセクハラ・パワハラについてー1番わかりやすい労働法解説ー 
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/10104668.html

弁護士 満村の特徴

【1】残業代請求や解雇を争う事案等実績多数
【2】リーズナブル・柔軟で明瞭な価格設定
【3】オンラインでの対応が可能
【4】スピード感のある対応

対応例

  • 残業代請求
  • 不当解雇
  • 配置転換
  • 出向命令
  • パワハラ・セクハラ

ご相談例

  • 突然、解雇されてしまった。
  • 未払いの残業代を請求したい。
  • 子会社に出向することを強いられている。
  • 上司・部下の関係を悪用したセクハラやパワハラを受けている。

納得いただけるまでとことん話し合います。

お問い合わせについて

事案の内容把握も兼ねてメールでのお問い合わせをお勧めさせていただいております。
(分かる範囲でも詳細をメールにてご相談いただくことで、より的確なアドバイスが可能です。)
メール問い合わせについては下記情報を記載いただけますと幸いです。

  • お困りごとの発生時期
  • 現状のお困りごと(概要)

など

費用について

ご相談は30分 税込3,300円と相場よりもご相談いただきやすい価格にて設定しておりますので、まずはぜひこちらをご利用ください。

アクセス

京阪中之島線「なにわ橋駅」より徒歩約4分
京阪本線「北浜駅」より徒歩約5分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに3,300円(税込)
相場よりも抑えた価格で設定させていただいております。まずは一度ご相談ください。
尚、依頼時の弁護士費用(着手金)についても「ご依頼いただきやすいリーズナブルな価格設定」を心がけています。
着手金 示談交渉 10万円(税込:11万円)~15万円(税込:16.5万円)
労働審判・訴訟 20万円(税込:22万円)~30万円(税込:33万円)
※事案の難易等によって変動しますが、ご相談時に明示致します。
報酬 示談交渉 回収額の20%(税込:22%)
労働審判・訴訟 回収額の20%(税込:22%)
※相手から請求されている場合は減額した金額が基準となります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

ハラスメント被害を受けていた上に突然の解雇通告(従業員側相談)

  • パワハラ・セクハラ
  • 不当解雇
依頼主 20代 女性

相談前

会社から急に解雇を通告された。ハラスメント被害にもあっていたので、最後に会社からお金を貰って出ていきたい。

相談後

労働審判を申立て、最終的に示談となったが、会社から解決金の支払いを受けることができた。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

突然の解雇に対してどう争えばいいのか分からないという方は多いかと思います。その解雇は違法の可能性もありますので、是非一度ご相談いただければと思います。

労働問題の解決事例 2

元従業員からの多額の残業代請求(企業側相談)

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

経営する店舗の元従業員から多額の残業代請求を受けた。

相談後

弁護士がタイムカードを精査するなどして、妥当な金額を算出してくれた。弁護士による交渉の結果、支払う残業代の金額を大幅に減らせた。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

残業代請求は労働者の権利です。しかし、妥当な残業代の金額がはっきりしないケースも多いです。残業代請求を受けてどうしていいか分からないという事業者の方からの相談も受けております。

インターネット問題

分野を変更する
ネット関連問題における知識・経験を踏まえ、対応いたします。ぜひ一度ご相談ください。【電話・メール相談可】【相談しやすい価格設定】【執筆記事多数掲載】

インターネット問題の詳細分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

ネット関連問題に注力。専門サイトもご用意しています。

近年、インターネット上のトラブルは増加傾向にあり、被害の程度も大きくなってきています。
一刻も早く被害回復を図るべく、弁護士を活用してください!
「ネット上で加害者の立場となってしまった。後悔している。」という方からのご相談も実は多く、加害者となってしまった後悔を前提に、解決へ向かうことも可能です。このようなケースにも、お力添えしておりますのでご安心ください。

ネット問題に関連する情報発信

インターネット問題に悩む人々が、解決の手がかりを得ていただけることを目的に、情報発信も行なっています。

メディアからの取材記事

・安易な「誹謗中傷」訴訟、反訴→賠償のケースも 弁護士が「リスク」にあえて警鐘鳴らした理由
https://www.j-cast.com/2020/09/19394703.html?fbclid=IwAR0nbNYdW98uAW_VXr43W0EYb9hNrtgCv5jBJheCG0HsoUE6AdYZou8XUJU

ブログ記事

・SNS上の誹謗中傷について〜発信者情報開示請求の解説①〜
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6501975.html
・誹謗中傷、どこからが違法?-表現の自由と名誉の衝突ー
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6657114.html
・誹謗中傷、どこからが違法?ープライバシー侵害についてー
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/6756195.html
・【裁判例紹介】YouTubeでの誹謗中傷と公益目的性について
http://lawer4715.livedoor.blog/archives/9988748.html
これら以外にも多数執筆。

弁護士費用含め、高い顧客満足を追求します。

他事務所と比較すると、同様の案件を低コストでご依頼いただける体制を敷いています。
詳細含め詳しくご説明させていただき柔軟に対応致します。費用面含め、ご相談ください。

費用について

ご相談は30分 税込3,300円と相場よりもご相談いただきやすい価格にて設定しております。
受任の場合は相談料全て無料。

弁護士 満村の特徴

【1】削除請求・発信者情報開示請求などに実績多数
【2】リーズナブルで柔軟な価格設定
【3】オンラインでの対応が可能
【4】スピード感のある対応
【5】企業様からの、ネットトラブル相談にも対応

対応例

  • インターネット上の書き込みの削除請求
  • 発信者情報開示請求(加害者側、被害者側)
  • インターネットにおける詐欺被害・消費者被害
  • これらに関する損害賠償請求や刑事告訴等の法的措置

企業の方へ

インターネットが普及してきている中、企業様にとって、インターネット上の風評被害は売り上げや社員の採用面等に大きな影響が出ます。被害が拡大する前にご相談ください。また、相手側への刑事告訴等法的措置も含め対応が可能です。

お問い合わせについて

事案の内容把握も兼ねてメールでのお問い合わせをお勧めさせていただいております。
(分かる範囲でも詳細をメールにてご相談いただくことで、より的確なアドバイスが可能です。)
メール問い合わせについては下記情報を記載いただけますと幸いです。

  • お困りごとの発生時期
  • 現状のお困りごと(概要)

など

インターネット問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに3,300円(税込)
受任の場合は相談料全て無料

相場よりも抑えた価格で設定させていただいております。まずは一度ご相談ください。
尚、トータルの弁護士費用についても「ご依頼いただきやすい費用」を心がけています。
発信者情報開示請求における回答書作成(加害者側) ・着手金:
照会の対象になっている投稿数が1件
4万円(税込:4.4万円)
照会の対象になっている投稿数が1件増える毎に
1万円(税込:1.1万円)追加
・報酬金:なし
書面等による任意の交渉(損害賠償請求) ・着手金:10万円(税込:11万円)~15万円(税込:16.5万円)請求額や分量により決定
・報酬金:10万円(税込:11万円)
訴訟手続き(損害賠償請求) ・着手金:15万円(税込:16.5万円)~25万円(税込:26.5万円)請求額や分量により決定
・報酬金:経済的利益(原告では認容額、被告では減額分)の額の16%
仮処分手続き(書き込みの削除等) ・着手金:15万円(税込:16.5万円)
・報酬金:15万円(税込:16.5万円)
投稿件数によっては別途協議
訴訟手続き(発信者情報開示請求等) ・着手金:15万円(税込:16.5万円)
・報酬金:20万円(税込:22万円)
投稿件数によっては別途協議
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる 解決事例をみる

インターネット問題の解決事例(2件)

分野を変更する

インターネット問題の解決事例 1

ある日突然プロバイダから「意見照会書」を受け取った

  • 発信者開示請求
依頼主 40代 男性

相談前

自分がしたネット上の書き込みについて、発信者情報開示請求がされた。どうしていいか分からず弁護士に相談した。

相談後

弁護士がプロバイダに対する「回答書」を作成してくれた。その後、自分の投稿については、「非開示」という結果になった。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

何気なくした書込みによって、知らないうちに法的措置がとられていたというのは誰にとっても恐ろしいことです。早めにご相談いただくことをおすすめします。また、自分が誹謗中傷を受けたという方のご相談にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

インターネット問題の解決事例 2

会社のバッシングをするような書込みを削除したい(企業側相談)

  • 削除請求
依頼主 50代 男性

相談前

自分の会社をバッシングするような書き込みを見つけたため、削除請求したいと思っている。

相談後

裁判所の手続きによって、書き込みを削除できた。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

今の時代、インターネット上の書き込みはずっと残り続けますし、拡散してしまう恐れもあります。早めの削除請求が重要です。個人・法人問わずご相談に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

インターネット問題

料金表をみる 特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
遺言作成や家族信託の検討など、生前からできる対策だけでなく、相続人外への遺贈など特殊な案件にも対応可能です。【電話・メール相談可】【相談しやすい価格設定】

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

様々な相続のあり方に柔軟に対応します

ご要望に沿った解決を目指します

「終活」という言葉が一般的になり、ご自身の保有している財産をどのような形で次世代に引き継ぐかを真剣に考える方が増えています。相続財産をめぐる紛争の予防をしつつ、ご自身の意志をきちんと残していくことはとても重要です。どのような形で思いを伝えるかは、様々な方法があります。家族信託や環境団体への遺贈等、特殊な相続のあり方にも対応してきた経験がありますので、ご相談者様のご意向に沿って最善の解決を目指します。

生前の対策だけでなく、相続開始後の紛争(遺産分割・遺留分減殺請求等)に関しても、長引くことのないようスピーディーに対応させていただきます。
お困りの際には、ご遠慮なくご相談ください。

弁護士満村の特徴

【1】明瞭・リーズナブルな料金設定
【2】オンラインでの対応が可能
【3】「まずは電話相談」も歓迎
【4】スピード感のある対応

対応例

  • 遺産分割協議
  • 遺言書作成
  • 相続放棄
  • 相続人調査(家系図作成)
  • 家族信託 など

ご相談例

  • 実家の土地・建物を兄弟で相続したことによりトラブルが発生してしまった。
  • 疎遠になった親族を相続することになりそうだが、相続放棄したい。
  • 環境団体など法定相続人以外の自然人・法人に遺贈したい。

お問い合わせについて

事案の内容把握も兼ねてメールでのお問い合わせをお勧めさせていただいております。
(分かる範囲でも詳細をメールにてご相談いただくことで、より的確なアドバイスが可能です。)
メール問い合わせについては下記情報を記載いただけますと幸いです。

  • お困りごとの発生時期
  • 現状のお困りごと(概要)

など

費用について

ご相談は30分 税込3,300円と相場よりもご相談いただきやすい価格にて設定しておりますので、まずはぜひこちらをご利用ください。

アクセス

京阪中之島線「なにわ橋駅」より徒歩約4分
京阪本線「北浜駅」より徒歩約5分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに3,300円(税込)
相場よりも抑えた価格で設定させていただいております。まずは一度ご相談ください。
遺言書作成  ①自筆による遺言…11万円(税込)
 ②公正証書による遺言…
相続財産の額が300万円未満 16万5千円(税込)
相続財産の額が300万円以上 2.2%(最低額16万5千円)(税込)
※公正証書遺言にする場合、別途公証人の手数料がかかります。公証人手数料の目安は、相続・遺贈を受ける人1人あたり5千円~4万円程度です。
家族信託契約の契約書作成 信託財産の額が1000万円まで 33万円(税込)
信託財産の額が1000万円以上 44万円(税込)
以下の費用が別途必要となります

1. 信託財産に不動産がある場合、登記手続費用として登録免許税及び司法書士費用
2. 信託契約書を公正証書にする場合、公証役場での文書作成費用の実費
3. 信託監督人や受益者代理人を置く場合の手数料
遺言執行 33万円~(税込)
※遺言の内容を実現するために遺言執行者の職務を行う場合の費用です。遺言書で遺言執行者として指定する際に決定します。
※金額は、財産の種類及び額に応じて遺言者と協議して決定します。
遺言書の検認申し立て 検認申立費用…3万3千円(税込)
検認立合い日当…3万3千円(税込)
※遺言書が出てきた場合に、家庭裁判所でその形式と内容を確認して後日の紛争を防ぐ手続が検認で、その申立費用です。
相続放棄の申述 5万5千円(税込)
2人目以降は+2万2千円(税込)

※家庭裁判所に対して相続放棄の手続を行います。
※同一の相続において2人以上で相続放棄を行う場合、2人目以降の追加費用は1人ごと2万2千円(税込)です。
相続放棄期間伸長申立 1回あたり3万3千円(税込)
2回目以降+1万1千円ずつ(税込)
※相続放棄の期間内に財産調査が終了しない場合、家庭裁判所に期間伸長の申立てを行い、期限をのばしてもらいます。
同一の相続において2人以上で相続放棄期間伸長申立てを行う場合、2人目以降の追加費用は1人ごと1万1千円ずつ(税込)です。
相続財産管理人選任申立て 16万5千円(税込)
※相続人がおらず、誰も相続しない財産が残るような場合に、当該財産の管理処分のために相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てる費用です。
特別縁故者に対する財産分与申立て 着手金…16万5千円(税込)
報酬金…分与を受けた金額の11%(税込)
※相続人が存在せず、相続人以外で被相続人に長年援助を行っていたような特別縁故者のため、その特別縁故者に対して相続財産の一部を分与するよう家庭裁判所に申立てを行います。
戸籍調査・相続関係図作成 戸籍取得…1通あたり2,200円(税込)
相続関係図作成…1万1千円(税込)
※被相続人の戸籍を取り寄せ、相続関係図を作成します。
正確な相続関係図の作成は相続問題を考える際の基本ですが、複雑な場合は専門家に依頼するのが無難です。
相続財産資料収集・遺産目録作成 (金融機関/証券会社/保険/その他)…1社ごと1万1千円(税込)
(不動産)…1件ごと1万1千円(税込)
※通常の調査方法のほか、弁護士法で特別に認められた照会方法により遺産を調査します。これにより、紛争の相手方の協力が得られない場合でも、単独で遺産をかなり正確に把握できます。
遺産分割に関する交渉・調停・審判代理 着手金
依頼者が取得すべき遺産の額 着手金の額(税込)
~300万円未満       22万円
~1,000万円未満      38万5千円
~2,000万円未満      55万円
~3,000万円未満      77万円
~4,000万円未満      99万円
4,000万円~ 依頼者が取得すべき遺産額の3.3%

報酬金
依頼者が取得した遺産額 / 報酬金(税込)
~3,000万円までの部分/経済的利益の11%
3,000~3億円までの部分/経済的利益の6.6%
3億円を越える部分/経済的利益の4.4%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

交流の無かった親族を相続することになりそう・・・

  • 相続放棄
  • 相続人調査
依頼主 50代 男性

相談前

ある日突然、警察から連絡があり、それまで交流の無かった親族が亡くなったので、法定相続人として遺品の引取り等を求められた相談者様。めぼしい財産もなさそうであるし、相続する気はないとのことでした。

相談後

相談者様以外の法定相続人を調査し、相続人の範囲を確定したのちに相続放棄を行いました。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

交流の無い親族が亡くなった場合、当然ながら相続人の範囲も分からないことが多いです。専門家に相談し、法定相続人を調査して適切に方針を立てることが重要です。

遺産相続の解決事例 2

二手に分かれた兄弟間紛争

  • 遺産分割
依頼主 70代 女性

相談前

仲の良かった兄弟が相続争いで二手に分かれて論戦に。自分では話し合いができなくなり相談されました。特に実家の不動産を巡って大きな争いがあり、また、相手方らによる父の預金の使い込みも問題となっていました。

相談後

遺産分割調停を申立て、その間相手方らと交渉しながら、無事調停成立となりました。預金の使い込みについても銀行に取引履歴を照会するなどして、適切に遺産の整理もしました。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

相続が発生した時点では、どのような財産があるのか、誰かが使い込んでしまっていないか、等々分からないことが多いと思います。その中で遺産分割協議を進めるのは非常に大変なことなので、弁護士に相談していただければと思います。

遺産相続の解決事例 3

公益的な団体への遺贈も含めた遺言書(公正証書遺言)の作成

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 70代 男性

相談前

相続人になるような親族もあまりおらず、公益的な団体に財産を贈りたいが、「団体へ相続させる」みたいなことができるのか自体分からなかったので弁護士に相談した。

相談後

自分が応援したい組織・団体への遺贈を盛り込んだ遺言書が実現した。どの財産をどういう割合でどの団体に遺贈するかも細かく決められた。

満村 和樹弁護士からのコメント

満村 和樹弁護士

ご自身の財産を社会のために活用してほしいというニーズは今後増えてくることかと思います。このような思いにも丁寧に対応していきます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
ヴィレッジフィル法律事務所
所在地
〒530-0047
大阪府 大阪市北区西天満3-10-3 ARK西天満ビル4階
最寄り駅
北浜(なにわ橋)駅
受付時間
  • 月曜10:00 - 20:00
  • 水曜10:00 - 20:00
  • 木曜10:00 - 20:00
  • 金曜10:00 - 20:00
  • 土曜10:00 - 17:00
定休日
火,日,祝
備考
※上記時間以外のご連絡は、メールにてお願い致します。

◆メールでのお問い合わせをお勧めさせていただいております。
事案の把握がしやすく、的確なアドバイスが可能です。
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5815-2389

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

満村 和樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5815-2389
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜10:00 - 20:00
  • 水曜10:00 - 20:00
  • 木曜10:00 - 20:00
  • 金曜10:00 - 20:00
  • 土曜10:00 - 17:00
定休日
火,日,祝
備考
※上記時間以外のご連絡は、メールにてお願い致します。

◆メールでのお問い合わせをお勧めさせていただいております。
事案の把握がしやすく、的確なアドバイスが可能です。