弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

坂野 真一弁護士 さかの しんいち

坂野 真一弁護士

ウィン綜合法律事務所

大阪府大阪市北区西天満4-11-22阪神神明ビル901号
現在営業中 09:30 - 20:30
電話番号 050-5257-7834
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名193 件/匿名:104件

契約書を拝見していないので確たることは言えませんが、 > 1年契約のうち甲乙ともに契約満了日の3ヶ月前の申し出で解約可能との記載があるのですが、これを営業に来た側から解約をしたいなど勝手...

回答日 2018年06月14日 19:30

 契約内容にもよるとは思いますので確たることは言えませんが、注文時に、手動・電動それぞれ1枚ずつのシャッターの注文であったのなら、瑕疵のない手動・電動のシャッターにすればいいと思われます。 ...

回答日 2018年06月11日 18:40
この回答がある質問
建築

お答えがないようなので、私なりの見解を述べます。 書換前の出納帳(若しくはメモ・備忘録でも)があるなら、その出納帳と領収書の日時のズレを指摘する方法があると思います。 また、おそらく相談者の...

回答日 2018年06月11日 18:24
この回答がある質問
横領

お答えがつかないようなので、私見ですが回答します。 ネコの排泄物を捨てる人に対しても、エサをやる人に対しても、何らかの主張(民事責任・刑事責任等の追及)を行おうとするならば、相手方を特定する必...

回答日 2018年06月08日 19:51
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

 弁護士に依頼した場合、弁護士が勝手に戦ってきてくれるというイメージよりは、弁護士と二人三脚を組んで戦うというイメージの方が、現実に近いと思います。  お住まいの近くの弁護士さんであれば、ご相...

回答日 2018年06月05日 20:08

 詳しい状況がはっきりしないので何とも言えない部分もありますが、社長から自宅の玄関先に保管してある倉庫の鍵について、仕事上必要であるなら持ち出しても良いという事前の了解があり、仕事上必要であったのな...

回答日 2018年05月31日 18:07
この回答がある質問
窃盗・万引き

どの程度の証拠をお持ちなのかによっても異なると思いますの、確たることは言えませんが、相手に対して徹底的に責任を追及しようとお考えになるのかどうかによって、とる手段は異なるように思います。 確...

回答日 2018年05月28日 10:50

どういう投資なのかはっきりしないので確たることは言えませんが、各地の宅地建物取引業協会のHPから、その協会に所属している会員を検索できる場合があるようですので、参考にしてみて下さい。

回答日 2018年04月17日 13:00
この回答がある質問
詐欺

国税庁HPのタックスアンサーによると次の通りです。 (贈与税がかかるか) 贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残り...

回答日 2018年04月17日 12:53
この回答がある質問
贈与税

ぴいさん 祭祀財産(墓地・墓石・仏壇・仏具など)は原則として慣習に従って、祖先の祭祀を主宰するものが承継するとされています(民法897条1項)。 したがって、祖先の祭祀を主宰するためのもので...

回答日 2018年03月29日 10:59
この回答がある質問
相続放棄

ケンコウさん 団体には大抵その団体の規約があるはずですから、その規約に則って考えることになるでしょうね。総会が開催され、理事もいるし、会計報告も義務づけられているようですから、きっと規約はある...

回答日 2018年03月29日 10:18

 どのような団体なのかはっきりしないので何とも言えない部分はありますが、刑事責任面で考えられるのは業務上横領罪、各種税法による脱税に関する犯罪でしょうか。  民事責任の面では、団体に対する不法行為...

回答日 2018年03月28日 20:37

経済的に重要性を欠く形見分けのような行為は民法921条1号の「処分」に当たらない~単純承認行為とはならない~とした裁判例(東京地判H21.9.30)がありますので、参考にしてみて下さい。

回答日 2018年03月28日 20:21
この回答がある質問
相続放棄

業務上横領行為をどれだけの罪に問うかは刑事事件です。 横領行為に関しての損害賠償の示談は民事事件の分野と考えられます。 損害賠償を求められている件に関する示談交渉の問題であることを前面に出し...

回答日 2018年02月16日 14:54
この回答がある質問
横領

確かに、車にお金を取りにいくだけなら何も商品を車のところまで持参する必要はありませんから、万引きと疑われたことにも若干は仕方のない面もあるやに思います。 それを措くとして、ご質問への回答ですが...

回答日 2018年02月16日 14:17
この回答がある質問
窃盗・万引き

男性が元妻の方と肉体関係を結んだ際に、あなたと元妻の方の婚姻関係が破綻状態にあったかどうかによると思われます。 簡単にいえば、不貞行為は婚姻関係を破壊したという点で不法行為に該当しますから、婚姻関...

回答日 2018年01月11日 14:47
この回答がある質問
戸籍と姓

内容証明郵便の文面も分からず、状況もはっきりしませんので、何とも言えない部分はありますが、2年も経過してから模造品だと主張し始めたのであれば、あなたの売却した物品が模造品であったという証明も難しそう...

回答日 2018年01月09日 20:38

相談者の方の雇用契約が、 ①期間の定めがある労働契約の場合は、契約期間中は、「やむを得ない事由」がある場合を除き、簡単には辞職できません(もちろん労使合意の上での契約解除は可能です。)。 ただし...

回答日 2018年01月05日 11:04

 自宅の持分比率がいつのものなのか、国民金融公庫からの借入当時の状況がどうであったのかなど、はっきりしない状況も多いので何とも言えない部分もありますが、仮に、前妻が、貴方の債務について自宅を担保と...

回答日 2017年11月16日 20:12
この回答がある質問
財産分与

どういう理由で通報をお考えなのか分かりませんが、もし仰っていることが事実であるならば、損保会社が被害者なのでそちらに連絡するのが穏当ではないでしょうか。 ただし、損保会社としても、損害調査の専門家を...

回答日 2017年11月16日 19:31
この回答がある質問
詐欺

ご心配だと思います。 ただ、ご記載の事情は全て彼から聞かれたもので、客観的にはどうなのか、はっきりしないので、何とも言えないというのが正直なところでしょう。 本当に巻き込まれて正当防衛が成立するよ...

回答日 2017年11月13日 14:31
この回答がある質問
傷害

 具体的内容がはっきりしませんので何とも言えない部分はありますが、記載の情報から考えて見ます。  主催者の犯罪立証のための捜査はあるかもしれませんが、売春行為自体は売春防止法では禁止されているもの...

回答日 2017年09月21日 20:45
この回答がある質問
公然わいせつ

お答えがないようなので、私なりの回答をさせて頂きます。 ・被害届が出されても捜査が開始されるかどうかは捜査機関次第ですので、何とも言えないと思います。 ・示談が成立しているかどうかですが、お互いこ...

回答日 2017年08月29日 19:16

 一般論で申しあげますと、カーナビの指示よりも、現実の交通規制が優先しますから(その旨を必ず案内開始前に音声で流すカーナビもあるくらいです)、カーナビの指示に従ったから交通違反ではないという主張は残...

回答日 2017年08月23日 18:58

 最新の量刑資料ではないのですが、第一東京弁護士会の量刑調査報告集Ⅳの無免許運転(普通乗用自動車)初犯の量刑を見ますと、罰金20万円、同25万円、懲役5月執行猶予3年、懲役6月執行猶予3年とばらつき...

回答日 2017年08月23日 18:40
この回答がある質問
無免許運転

 結局それも、先のご心配になろうかと思います。  いま、それをお考えになっても、もし制度が変わってしまえば意味がありません。  例えて言えば、法律は風邪薬みたいなもので、病気にかかってからその症状に...

回答日 2017年08月10日 10:01
この回答がある質問
審判離婚

 親権者側からの親権変更申立はあまり聞いたことがないのですが、法律の規定では、親権者の変更申立は「子の親族」(民法819条6項)が申立てるとされていますから、あなたが申し立てることは条文上は禁止され...

回答日 2017年08月08日 11:14
この回答がある質問
審判離婚

 請求すること自体は可能ですが、交渉・調停の場合は相手方がその賠償まで認めて合意できるかの問題です。  訴訟の場合は、貴方の主張する損害と相手方の不法行為との間に相当因果関係があるのかという問題...

回答日 2017年08月07日 14:53

他の先生方からの回答がないようなので、私なりの回答をさせて頂きます。 1 具体的な状況によるとは思いますが、泥酔したお客さんを、社会通念上相当な方法で店の外に出す行為それ自体は、暴行に該当しない可...

回答日 2017年08月04日 17:53
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

 罰金については、通常自動車運転過失致傷罪に該当すると思われますが、事案軽微のため微罪処分(刑訴法246条但し書き、犯罪捜査規範198条~200条等)として処理されたのであれば、警察限りで処理が終わ...

回答日 2017年08月04日 17:36

1 - 30 件を表示/全 193 件

現在営業中 09:30 - 20:30
ウィン綜合法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5257-7834

※ウィン綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 20:30
定休日
土,日,祝
備考
事件によりそれ以外の時間も対応できる場合もございますので、まずはお気軽にお問合わせください。
お電話出られなかった場合は、折返しご連絡させていただきます。
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談