弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

坂野 真一弁護士 さかの しんいち

坂野 真一弁護士

ウィン綜合法律事務所

大阪府大阪市北区西天満4-11-22阪神神明ビル901号
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:346 件/匿名回答数:211件

お答えがつかないようなので、私なりに考えて見ます。 道路交通法による交通事故の定義によると、人の死傷が無く器物の損壊のみの場合を物損事故としています。刑事処分及び行政処分において事故として...

回答日 2018年11月15日 19:47
この回答がある質問
当て逃げ

お答えがつかないようなので、私なりに考えて見ます。 相手を不法行為で訴えて勝訴しようとするなら、相手方の違法行為、損害、両者の因果関係、相手方の故意過失の立証が必要になります。 つまり、相手...

回答日 2018年11月01日 18:36
この回答がある質問
器物損壊

お答えがつかないようなので私なりに考えて見ます。 あなたが慰謝料を請求するのであれば、不法行為に基づく慰謝料請求事件となると考えられます。  不法行為は、それを主張する側(あなたですね)が、...

回答日 2018年11月01日 18:28

相談者の方の火災保険がどこまでカバーされるものか分からないので、これだけの情報ですと、何とも言えません。 約款をよくお読みになるか、保険会社に相談されるのが一番早いと思いますよ。

回答日 2018年10月19日 14:32
この回答がある質問
交通事故

業務上自己の占有する他人の物を横領したのであれば、業務上横領に該当する可能性はあると思います(刑法253条)。 ただし、村のお寺、とのことですが、預金の法的帰属関係や引き出された預金が何に使用され...

回答日 2018年10月05日 17:08

う~ん、相手の内心は占い師でもない限り分かりません。 ただ、自分には甘いくせに他人に対して規則を守るよう過度に強要しようとする変わった人(困ったことに自分では正義のつもりでいたりします。)も中には...

回答日 2018年10月04日 10:16
この回答がある質問
脅迫・強要

 後述の通り詳しい状況が不明なので推測でいえば、ということになりますが、道交法34条2項によれば、右折車両は交差点の前からできる限り道路中央に寄って走行していなくてはなりません。相談者の方は、右折車...

回答日 2018年10月04日 10:05
この回答がある質問
交通違反

 詳しい状況が分からないので確たることは言えませんが、直進レーンから交差点内で右折レーンに割り込んだのではないかと思います。   仮に私の理解が正しいとした場合、私見ですが、 道交法第34条 ...

回答日 2018年10月03日 20:39
この回答がある質問
交通違反

 営業時間内に電話をかけても留守番電話になっているというのであれば、事務員さんもいない法律事務所かもしれませんね。そのような弁護士さんでは連絡が上手く取れない場合もあり得ます。  それはさてお...

回答日 2018年10月03日 20:09
この回答がある質問
不倫慰謝料

 詳しい事情が分かりませんから、確たることは言えませんが、従業員の対応が悪かったことについては、会社に責任が生じうる可能性があるかもしれないものの、それについては謝罪されているので、問題はおそらく生...

回答日 2018年10月03日 19:55
この回答がある質問
脅迫・強要

> 第2条で言われている「30%」(33万円)というのは、いかにも高額すぎるのではないでしょうか? →この点については、当該会社の調査内容・通常の調査費用の設定金額など様々な事情によって異な...

回答日 2018年10月02日 19:34

 詳しい事情が分かりませんので、確たることはいえませんが、おそらく相談者の方は契約書の条件を遵守することを約束して、「無料」で落雷証明書や修理見積書(以下「証明書等」といいます。)を作ってもらったの...

回答日 2018年10月01日 19:48

 あくまで私見ですが、相手方から追及を受け続けているということは、おそらく編集したことが、外部的に見てもかなり明らかな状況だと考えられます。  仮にそのような場合であったとすれば、編集していないと...

回答日 2018年10月01日 18:46
この回答がある質問
通常訴訟

> 謝罪文と迷惑料を被害者の方に渡しました。 > その後弁護士の方に示談のために依頼しました。  と書かれているので、そのような点こそ、現在依頼されている弁護士さんに相談されるべ...

回答日 2018年10月01日 18:15
この回答がある質問
窃盗・万引き

回答がつかないようなので、私なりに考えて見ます。 警察官職務執行法には、次の通りの記載があります。 (立入) 第六条 警察官は、前二条に規定する危険な事態が発生し、人の生命、身体又は財...

回答日 2018年09月25日 12:26
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

 詳細な事情が不明であるため確たることは言えませんが、お答えがつかないようなので私なりに考えて見ます。  損害賠償請求であれば、もちろん損害が必要です。  交通事故に関しては、控訴審であ...

回答日 2018年09月25日 12:17

告訴については、親告罪に関しては犯人を知ったときから6ヶ月という期間制限があります(刑事訴訟法235条)。 親告罪は刑法では、135条、209条2項、229条、232条、244条2項、251条、2...

回答日 2018年09月25日 11:50
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

犯人蔵匿等の罪は刑法103条に規定があります。罰金以上の刑に当たる罪を犯した者又は拘禁中に逃走した者を蔵匿(官憲の発見逮捕を免れるべき場所の提供)、隠避(蔵匿以外の方法により官憲の発見逮捕を免れさせ...

回答日 2018年09月25日 11:37

破産法252条1項の免責不許可事由には、免責許可確定から7年以内の免責申し立てというものがありますが、貴方の場合は10年経過しているということなのでおそらく、法律上は可能だと思います。ただ、2度目の...

回答日 2018年09月25日 11:23
この回答がある質問
借金

 刑事責任で考えると、使い込みをうたがわれている人(Aさんとします。)が、預金管理を任されていた場合は横領罪、完全に無断で預金を引き出していた場合は窃盗罪が問題となると思われます。しかし親族間の犯罪...

回答日 2018年09月19日 19:55

Q1.120万以上はかかるものでしょうか? →どこまで依頼されたかによっても異なると思います。現在は弁護士費用は自由化されていますから、ダンピングしている弁護士も、相当高額な設定をしている弁護士も...

回答日 2018年09月19日 19:20
この回答がある質問
窃盗・万引き

弁護士さんに仕事を依頼すれば当然弁護士費用はかかります。仮に訴訟になってあなたが勝訴しても、自分の依頼した弁護士さんの費用は自分で支払う必要があります。 収入がない方には、弁護士費用を立て替え...

回答日 2018年09月19日 19:04
この回答がある質問
強姦・レイプ

回答がつかないようなので、私なりに考えて見ます。 被害届を出す前に、通常のお取引だと、当然納期が決められているはずなので、その納期通りに納品されたのか、仮に納期が遅れた場合は納期が延期されるこ...

回答日 2018年09月13日 12:06

お答えがつかないのは、おそらく、法律問題ではなく、厚労省の取扱の問題だからではないかと推察します。 お答えになっていなくて申し訳ありませんが、厚労省に直接お聴きになる方が早いかと考えます。

回答日 2018年09月13日 11:54
この回答がある質問
前科・不起訴

お答えがつかないようなので私なりに考えて見ます。 よほどの希少本でない限り、訴訟提起する方が費用がかかるため、訴訟に至っていることは考えにくいです。 仮に訴訟に至っていたとしても、あなた自身...

回答日 2018年09月13日 11:46
この回答がある質問
認知・親子関係

 弁護士さんによるでしょう、と申しあげる以外には、お答えするのは難しい質問だと思います。  「証拠があれば逮捕されるレベルの被害」であると書かれていることから考えれば、明確な証拠がないようにも...

回答日 2018年09月07日 18:27
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

お答えがつかないようなので、私なりに考えて見ます。 示談書の内容も分からないので、何とも言えないのですが、示談書は加害者と被害者との間で交わすものですから、被害女性の氏名が明確ではないというこ...

回答日 2018年09月03日 11:48
この回答がある質問
盗撮・のぞき

回答がつかないようなので、私なりに考えて見ます。  最大の問題は、医師の診断書偽造を立証する証拠があるかどうかだと思います。  分かりやすくいえば、偽造というからには、診断書を作成した医師が...

回答日 2018年09月03日 11:34
この回答がある質問
暴行

 前歴とは、「処分の対象になる違反行為のあった日からさかのぼり過去3年間に免許の停止などの行政処分を受けたこと」をいいます。  したがって、過去3年間に前歴2回ということであれば、2~4点まで...

回答日 2018年08月28日 18:57
この回答がある質問
交通違反

お答えがつかないようなので、私なりに考えて見ます。  詳細な事情が不明なので何とも言えない部分がありますが、裁判で強迫による取消を主張するなら、相手方に強迫の故意があったこと、相手方が強迫した...

回答日 2018年08月28日 18:33
この回答がある質問
脅迫・強要

1 - 30 件を表示/全 346 件

ウィン綜合法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5257-7834

※ウィン綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 20:30
定休日
土,日,祝
備考
事件によりそれ以外の時間も対応できる場合もございますので、まずはお気軽にお問合わせください。
お電話出られなかった場合は、折返しご連絡させていただきます。
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談