弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

川添 圭弁護士 かわぞえ けい

川添 圭弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
遺産相続
全国 11
離婚・男女問題
全国 13
インターネット問題
全国 10
総合
全国 11
大阪府 3

アテンド総合法律事務所

大阪府大阪市北区西天満3-10-3YSR西天満ビル6階
現在営業中 09:30 - 18:00
電話番号 050-5265-1780
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名9,883 件/匿名:349件

戸籍に記載されている者の配偶者は,戸籍法10条1項に基づいて,戸籍謄本を取得することができます。法文上,配偶者の承諾は要件とされていません。

回答日 2019年01月22日 15:02
この回答がある質問
国際・外国人問題

仮差押債権者(原告)が本案訴訟で敗訴し,敗訴判決が確定したのであれば,債務者(本案の被告)が事情変更による仮差押えの取消し(民事保全法38条1項)を申し立てれば,仮差押えが取り消されて仮差押登記を抹...

回答日 2019年01月22日 14:44
この回答がある質問
差し押さえ

> 付郵便で送られてくる可能性がありますが、裁判の期日が数日後なのですが、そんなパターンもありますか? > 期日が変更されてる場合がありますか? 期日指定は裁判所の権限ですので,...

回答日 2019年01月22日 08:56
この回答がある質問
不倫慰謝料

「文書の標目、作成者及び立証趣旨」は必ず記載しなければならず(民事訴訟規則137条1項),さらに実務では作成日と原本・写しの区別も記載しています。それらの事項が記載されている限り,書式の指定はありま...

回答日 2019年01月22日 08:46

特に書式が決められているわけではありませんが,例えば,広島地裁が公開している証拠説明書の作成要領などが参考になると思います。 http://www.courts.go.jp/hiroshima...

回答日 2019年01月22日 08:21

その他の方法を考えた場合,訴状の送達を受ける方法は2つ考えられます。 (1)裁判所の開庁時間(平日9:00~17:15)の間に裁判所へ赴くことが可能であれば,担当書記官へ連絡し,本人確認資料と...

回答日 2019年01月21日 16:58
この回答がある質問
不倫慰謝料

> 相手の弁護士は付郵便で送ってくると思いますが、家にはほとんど帰れてないのですがそれでも付郵便で送られる事はありますか? 可能性としてはあり得ます。むしろ付郵便送達が利用される可能性が...

回答日 2019年01月21日 15:22
この回答がある質問
不倫慰謝料

「扶養義務者相互間において生活費又は教育費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と認められるもの」は非課税とされています(相続税法21条の3第1項第2号)。家族の生活費を負担するよう...

回答日 2019年01月20日 22:51
この回答がある質問
生前贈与

各地の裁判所の運用基準によって,裁判所へ提出すべき標準資料として同居親族の所得証明資料の提出が必要な場合があります。例えば大阪地裁の運用基準では,同居家族の所得証明書は裁判所の指示がある場合に提出す...

回答日 2019年01月20日 21:08
この回答がある質問
個人再生

1、書証を証拠調べするためには,裁判所と当事者へ書証の写しを交付するとともに,証拠説明書の提出も必要となります(民事訴訟規則137条1項)。また,その場で裁判所だけでなく相手方当事者にも証拠を見せて...

回答日 2019年01月20日 21:00
この回答がある質問
準備書面

①できません。 ②できません。 ③プロバイダ責任制限法4条1項に規定する発信者情報開示請求ができるのは「特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者」,すなわち誹謗...

回答日 2019年01月20日 20:46
この回答がある質問
掲示板・SNS

①発信元IPアドレスとタイムスタンプが把握できているのであれば,次の段階は経由プロバイダに対する契約情報の開示となりますが,弁護士へ依頼することは必須ではありませんので,開示請求自体は可能です。 ...

回答日 2019年01月20日 19:10
この回答がある質問
誹謗中傷

多くの場合,裁判外で分割支払の条件で合意した上で,裁判上の和解を成立させる形を採ることになると思います(取下げを伴う裁判外の合意では,不払いになった場合に強制執行ができないからです)。 分割条件で...

回答日 2019年01月20日 17:31
この回答がある質問
奨学金

相手方(再婚相手)との間で養子縁組をしていないのであれば,お子さんと再婚相手との間に親子関係がありませんので,相手方には面会交流を求める権利はありません。 一方,養子縁組をしている場合は,離婚と併...

回答日 2019年01月20日 12:24
この回答がある質問
離婚・男女問題

手続としては,(離婚の際に戸籍を移した時と同じように)家庭裁判所で子の氏の変更許可審判を受けた上で入籍届を提出する,という流れになります。ただし,お子さんが高校生ということは15歳以上と思われますの...

回答日 2019年01月20日 11:53

円満調停を申し立てることはできます。ただ,離婚調停と同じ裁判所で同じ調停期日が指定され,一緒に進める形になる場合が多いです。先に述べたとおり,調停は話し合いの場であり,裁判所が離婚原因などについて何...

回答日 2019年01月18日 12:20
この回答がある質問
調停離婚

現金購入であれば購入自体は可能ですが,法的整理(破産・個人再生)の場合は財産目録へ記載することが必要ですし,特に自己破産では高価品の購入に該当するため理由の説明が必要になると思います。 ローンやリ...

回答日 2019年01月18日 12:15

既にお二人の先生方から回答がある上での補足ですが,弁護士を代理人として選任せず本人申立てを行った場合には,同時廃止とせず管財事件へ振り分けることとしている裁判所が少なくありませんので,ご注意ください...

回答日 2019年01月18日 07:38

調停は話し合いの場ですので話し合い自体は当然可能ですが,あくまで調停委員を通じた話し合いですので(当事者が交互に調停室へ入る形になります),あなたが妻と直接話がしたいというご希望を有しておられるので...

回答日 2019年01月18日 07:31
この回答がある質問
調停離婚

一般論としては,遺産分割協議で債務者が遺産(プラス財産)を相続しないという合意をした行為に対しても詐害行為取消権(民法424条)の対象になる,とするのが判例の立場です。 ただし,詐害行為取消権が認...

回答日 2019年01月16日 16:43
この回答がある質問
遺産分割協議書

> 裁判で和解の話しも決裂した場合、判決になりそうですが住宅ローンの支払いは私のままで > 所有権のみ妻に渡せ。などという判決は出るのでしょうか? 住宅ローンの約款で,ローン返済...

回答日 2019年01月16日 16:21
この回答がある質問
財産分与

再生手続開始決定前であれば,その口座を財産目録へ記載する必要があります。 再生手続開始後認可決定前の場合,基本的には裁判所への報告は必要ない結果になる場合が多いです。ただし,再生計画に基づく資金の...

回答日 2019年01月16日 15:31
この回答がある質問
個人再生

例えば弁護士が依頼を受けた場合を想定すると,まず,亡くなった債務者本人の住所を手がかりとして住民除票を取得して本籍を確認し,戸籍謄本や除籍謄本などを取得して親族関係を調査します。また,相続人が相続放...

回答日 2019年01月16日 07:47
この回答がある質問
借金

財産隠匿行為については詐欺再生罪(民事再生法255条)が規定されています。解約返戻金の額に照らせば適用が真正面から問題となりそうです。お書きのような行為はきわめて悪質と評価されますので,不正の方法に...

回答日 2019年01月15日 18:18
この回答がある質問
個人再生

例えば大阪地裁の運用基準では,個人再生の申立て前の危機時期に保険解約などの行為(直前現金化)があった場合,直前現金化前の財産があったものと評価して財産目録へ記載する必要がある,とされています。 各...

回答日 2019年01月15日 17:38
この回答がある質問
個人再生

> 1.同時廃止の手続きはとれそうですか? お書きの程度の金額であれば,同時廃止も十分視野に入るでしょう。 > 2.ここ1年以上使用していないFX口座の書類提出は必要です...

回答日 2019年01月15日 08:19
この回答がある質問
自己破産

任意整理でも個人信用情報では事故扱いになることに変わりはありませんから,自己破産や個人再生などの法的整理の方が有効であれば,そちらを選択することは十分に考えられるところです。

回答日 2019年01月14日 19:26

甲第1号証が重要な証拠でなければならない,というルールは特にありませんし,訴状で引用されている順番で書証番号を振っていく方が読みやすいことが多いでしょう。あまり気にしなくてよいと思います。

回答日 2019年01月14日 19:05
この回答がある質問
訴状

上告や上告受理の申立て自体は,手続上の要件を満たす限りは可能です。もちろん,申立てが認められるかどうかは別問題です。決定による上告棄却(民事訴訟法317条2項)など,早期に上告審が確定することも少な...

回答日 2019年01月14日 11:46
この回答がある質問
医療

準備書面は当事者への直送が必要ですが(民事訴訟規則83条),直送の方法は指定されていません。実務上は,裁判所に提出する書面は一部を除いてファクシミリにより提出できるとされていることから(民事訴訟規則...

回答日 2019年01月14日 11:28
この回答がある質問
通常訴訟

1 - 30 件を表示/全 9,883 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:30 - 18:00
川添 圭弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5265-1780

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
  • 土曜09:30 - 13:00
定休日
日,祝
備考
平日の通常対応時間は18:00までです。ご希望により夜間のご相談も対応可能ですが,できれば事前にお電話・メールにてお問い合わせください(夜間や土・日・祝日は都合により対応できない場合がありますので,不在の際はお問い合わせフォームをご利用ください)。
【※法律相談は面談が必要です。お電話による法律相談は実施しておりませんので,ご容赦ください。】
対応地域
経歴・資格
IT国家資格

IT国家資格に該当するのは以下の資格です。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITストラテジスト
  • システムアーキテクト
  • プロジェクトマネージャ
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ITサービスマネージャ
  • システム監査技術者
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談