お気に入りに追加
松本 篤志弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

大阪府9

( まつもと あつし ) 松本 篤志

松本篤志法律事務所

現在営業中 09:30 - 17:30

みんなの法律相談回答一覧

一般に、横断歩道上の事故ということでおそらく四輪車側の落ち度が大きいと判断される事故で、被害者の怪我の程度が相当重いとなると、略式起訴されて罰金刑となるか、公判請求(起訴)されて禁固刑の求刑になるか...

回答日 2023年01月25日 14:00
この回答がある質問
示談交渉

相手方の怪我が相当重いことは確かで、この点を強調すると四輪車側を不起訴とすることにつき、検察側がためらいを覚えたとしても不思議ではありません。 とはいえ、御記載の事故態様ですと、右折二輪車側の落ち...

回答日 2023年01月23日 19:28
この回答がある質問
交通事故

> 略式起訴にしても、公判請求にしても、起訴されて前科が付いてしまうと、子供の未来に影響してしまうかもしれないという不安が大変大きく、質問させて頂きました・・・ あくまでも個人単位で考え...

回答日 2023年01月21日 00:20
この回答がある質問
人身事故

御記載の事情だけで判断すると、四輪車側の落ち度の方が相当大きく、かつ、被害者の怪我の程度もそれなりに重いということで、過失運転致傷罪につき少なくとも略式起訴されて罰金刑になることは覚悟する必要があり...

回答日 2023年01月20日 18:19
この回答がある質問
人身事故

> 【質問1】 > この場合、被害者と示談せずに検察に送致されたら、逮捕されて実刑を受ける可能性はあるのでしょうか? 前提として、示談するかどうかではなく、警察での取り扱いが人身...

回答日 2022年12月28日 16:39
この回答がある質問
ひき逃げ

> 【質問1】 > 厳しい処罰と言われては > 執行猶予はつかないのでしょうか? > 処罰はどうなるのでしょうか? 一般に、被害者1名の交通死亡事故の場合、...

回答日 2022年12月21日 18:07
この回答がある質問
死亡事故

同種罰金前科があるとはいえ約30年前のものとなれば、その影響はそれほど大きなものでもないでしょう。 ですから、物件事故にとどまり逃亡等の事情もないとなれば、今回も略式起訴されて罰金刑で済む可能性は...

回答日 2022年12月19日 15:22
この回答がある質問
酒気帯び運転

> 【質問2】 > ・連絡先がわからず謝罪が遅くなってしまったことはマイナスに働きますでしょうか? 事故から一カ月程度しか経過していないということですし、直接面会等するにしろ書面...

回答日 2022年12月15日 10:58

> 【質問1】 > ・このような場合、過失割合はどうなりますでしょうか?仮に相手方にも過失割合があったとしても、死亡事故という結果に対して全面的に非を認め謝罪するのが正しいのでしょうか...

回答日 2022年12月15日 10:54

仮に、診断書を提出する等して警察での取り扱いを物件事故扱いから人身事故扱いに切り替えた場合、自動車側(被害者は自転車側2名)のみならず、自転車側(被害者は同乗者)についても捜査の対象となるのが通常で...

回答日 2022年12月12日 16:23
この回答がある質問
人身事故

個別の事情次第ではありますが、過去に服役前科がない場合で、ざっくりと懲役数月から1年程度というのが一つの目安です。

回答日 2022年12月06日 20:25
この回答がある質問
無免許運転

前刑の執行猶予については、前回の判決の確定時期を改めて確認する必要はありそうですが、御記載内容からは、前刑の執行猶予期間経過後に今回の件の判決、ということになりそうです。 ですから、前刑の懲役刑に...

回答日 2022年12月06日 18:20
この回答がある質問
無免許運転

> 弁護士を通して告訴状を提出 > する事は、この状況で意味をなしますか? 何か出来る事はありますでしょうか? 既に捜査が始まっていますから、いまから告訴するとかいう段階にはあり...

回答日 2022年12月06日 13:36

> 「その瞬間、その道を通っていない、轢いていない」などという言い訳ひとつで逮捕に本当に至れないものなのか?  非常に重大な結果が生じた事故であり、残された方々の悲しみや怒りは筆舌に尽く...

回答日 2022年12月06日 13:31

人身事故といっても全ての事故が起訴等されるわけでもなく、特に被害の程度が低い場合などには不起訴(起訴猶予)となることが多いです。 本件も、御記載の事情(事故態様や怪我の程度等)だけで判断する限...

回答日 2022年11月22日 13:21
この回答がある質問
物損事故

警察等への対応としては、現時点でこれ以上何かしなければならないというようなこともないのでしょう。 このまま警察からも何の連絡もなく、捜査も始まらないまま、というケースは多いです。 その上で、...

回答日 2022年11月17日 12:27
この回答がある質問
交通事故

交通賠償の裁判実務における一般的な考え方として、被追突事故は、基本的に0:100すなわち追突車側の一方的過失による事故と判断されています。 ごく一部の例外、たとえば先行車両が正当な理由もないのに急...

回答日 2022年10月25日 21:36

酒気帯び運転(事故等はナシ)となると、御記載の数値程度で初犯であっても、刑事事件としては略式起訴され罰金刑になるのが通常です。 行政処分については、御記載の数値だと13点ですから、少なくとも免停、...

回答日 2022年10月20日 13:19
この回答がある質問
酒気帯び運転

>お相手が診断書を提出しなくても人身事故扱いで刑事事件化はされるのでしょうか?またこの場合不起訴になる確率は高いでしょうか? あくまでも一般論としては、被害者側が診断書を提出しなくても、人身...

回答日 2022年10月20日 13:15

御記載の事情だけで判断すると、死亡という結果は重大であること、横断歩道上での事故であり加害運転手側の落ち度の方が大きいと考えられるであろうこと等からして、罰金刑では済まず公判請求(起訴)され、検察官...

回答日 2022年10月12日 17:14
この回答がある質問
死亡事故

> 本当にこのまま保険会社からも連絡をせず放置して良いのでしょうか? > それともやはり近いうちに連絡を入れてもらいダメだったら弁護士対応にしてもらったほうが良いのでしょうか? ...

回答日 2022年10月07日 19:28

既に同種事案での罰金前科があり、それからさほど時間も経たない時期の再犯とのことですから、今回は検察の意見として罰金刑では済まされないとして略式起訴ではなく公判請求(起訴)され、懲役刑の求刑がなされる...

回答日 2022年10月04日 10:15
この回答がある質問
無免許運転

あなた側は任意保険の契約があるとのことですから、まずは任意保険会社にお任せするのが一番です。 任意保険会社も経験豊富ですから、いろいろなタイプの事故当事者への対応にも慣れたもので、基本的には任意保...

回答日 2022年10月03日 17:37
この回答がある質問
物損事故

> 逮捕後、留置所に2日間程身柄を拘束され、その後釈放されました。 > 在宅捜査になり勾留はされておりません。 > この場合は、先生の仰る通り、判決後は一旦自宅に帰ることが可能...

回答日 2022年09月29日 10:40
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

一審で懲役刑等の実刑判決だったとして、たとえば捜査段階から在宅捜査で起訴後も引き続き在宅の場合と、起訴後勾留だったがのちに保釈で出てきた場合とでは、実刑判決後の対処は異なります。 後者の場合、懲役...

回答日 2022年09月28日 19:40
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

より詳細な事情次第で変わってくることも一応ありますが、多くの場合、警察への届出等の関係で人身事故扱いになるかどうかによって、刑事処分も変わってきます。 届け出が物件事故扱いのままの場合、よくあ...

回答日 2022年09月18日 11:24
この回答がある質問
無免許運転

> 早くから弁護士さんにお願いすると被害者の方には失礼にならないでしょうか?  > 相手の方に加害者なのに弁護士をつけられた、、ような感覚といいますか。  少なくとも刑事事件だけ...

回答日 2022年09月16日 16:34
この回答がある質問
交通事故

> 今後は私選弁護人依頼を考えておりますが、どのタイミングがいいのかもわからず、、 一般に、弁護人のいないまま在宅捜査を経て起訴されてから国選弁護人に相談等するという方も多いですが、そうでは...

回答日 2022年09月16日 11:21
この回答がある質問
交通事故

具体的な事故状況が明確にならなければ双方当事者の落ち度の程度も判断できませんが、仮に、被害自転車側にそれほど大きな落ち度は認められず、加害四輪車側の落ち度が相応に大きいと判断されるような場合であれば...

回答日 2022年09月15日 18:02
この回答がある質問
交通事故

> 警察からは免許取り消し2年を通達されていました。 飲酒運転直後とのことですから、実際に免許が取り消されるのはしばらく先になってからのことで、現時点ではいまだ取消になってはいないでしょう。...

回答日 2022年06月18日 20:00
この回答がある質問
酒気帯び運転

1 - 30 件を表示/全 2,953 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:30 - 17:30

松本 篤志弁護士へ問い合わせ

電話番号 06-6351-1300
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
受付時間外・土日祝の来所相談等についても、まずはお気軽にお電話ください。
LINE@:@qji6163n
設備
完全個室で相談