弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

松井 圭子弁護士 まつい けいこ

松井 圭子弁護士

松井隆雄法律事務所

大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31うえほんまちハイハイタウン13階1303
現在営業中 09:30 - 18:00
電話番号 06-6773-3838

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名59 件/匿名:0件

契約書の内容を確認しないと何とも言えません。契約書をご持参の上、お近くの弁護士に1度ご相談いただくのがいいのではないかと思います。

回答日 2016年10月11日 20:03
この回答がある質問
インターネット

>ビザがおりる可能性はあるんでしょうか? あなたが日本人であることを前提に回答しますが、在留特別許可がされる可能性があります。ただし、オーバーステイになった経緯等、個々の事情によりケースバイケースで...

回答日 2016年10月09日 22:33
この回答がある質問
ビザ

あなたがカードを友人に貸してしまったのですから、カード会社に対してはあなた自身が支払いをしなければいけません。 友人との関係では、友人が使った分を友人に対して裁判で請求することは可能です。しかし、他...

回答日 2016年10月09日 21:12

過失というのは、ご質問さんが言う責任割合と同じ意味です。ご質問者さん自身が、ご主人さんの過失が7割という趣旨でご質問されていると理解し、回答しました。 あまり詳しくご存知ないようですので、1度お近...

回答日 2016年10月09日 20:59

割賦販売法8条では、「当該契約の申込みをした者が営業のために若しくは営業として締結するもの又は購入者若しくは役務の提供を受ける者が営業のために若しくは営業として締結するものに係る割賦販売」には適用さ...

回答日 2016年10月09日 11:38
この回答がある質問
企業法務

弁護士に依頼するメリットとしては、損害の費目や損害額について、法律上認めらる最大限の主張をしてもらえることだと思います(7:3の過失割合が正当なのかも1度弁護士に確認されるのがよいかもしれません。)...

回答日 2016年10月09日 11:27

まずは、警察に相談されるのがよいと思います。ただ、実際に被害届を出したり、警察に動いてもらいたいということになれば、証拠が必要になります。証拠が現時点でなければ、家で録音・録画するなど、今後証拠収集...

回答日 2016年10月08日 20:41
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

仮に暴行罪の構成要件には該当しても、違法性がなく、結果的に暴行罪は成立しないとの判断は可能でしょう。 社会通念上、許される有形力の行使の範囲に変化が生じていると考えられます。昔は先生に殴られるなど...

回答日 2016年10月08日 20:33

減額はありえます。養育費の8割相当の金額が収入とみなされます。養育費をもらっている場合には申告が必要で、虚偽の申告には罰則もあります。

回答日 2016年10月05日 11:23

店は簡単に従業員を解雇できませんから,店に訴えるよりもまずはそのスーパーに行かないことではないでしょうか。あなたが店に来ていることから,あなたが積極的に避けないと相手に勘違いをされる危険があります。...

回答日 2016年10月03日 16:53
この回答がある質問
ストーカー

ご質問者さんが消費者(事業者ではない)という前提で回答しますが,どの程度の確認画面が出て購入されたかによります。申込の内容を確認し,修正できる画面が出てきていたのであれば,契約が成立していることにな...

回答日 2016年10月03日 11:14
この回答がある質問
通信販売・オークション

見ず知らずの男性と二人きりで会うということ自体,危険ではないとはいえません。また,ご自身で全てをされる場合には,トラブルがあったときにはご自身で全て対処しなければいけませんので,さらにリスクが高いと...

回答日 2016年10月03日 10:51
この回答がある質問
民事・その他

お店との関係では契約したのがご質問者さんであれば、ご自身で支払う必要があります。 相手方との関係ではどういう約束だったのかがわからないので、何とも言えません。 仮に相手方に支払いをもとめることがで...

回答日 2016年10月02日 22:47
この回答がある質問
契約書

これがあれば証拠として確実というものはありません。録音や、診断書など、思いつくものでお持ちのものを持って相談に行かれるのがよいと思います。

回答日 2016年10月02日 22:35
この回答がある質問
離婚・男女問題

DVにあたると考えられます。 慰謝料請求等をお考えなのであれば,証拠等が必要になってきますので,具体的には近くの弁護士に相談されるのがよいと思います。

回答日 2016年10月02日 16:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

最終的に売るか売らないか,誰にいくらで売るかは出品者の自由ですから,訴訟を起こすことは難しいでしょう。 ただ, >キャンセルされた とのことですが,売買契約が成立した後に出品者が一方的にキャンセルと...

回答日 2016年10月02日 15:56
この回答がある質問
通信販売・オークション

区分所有者であるオーナーがマンションの諸問題に意見することは正当な権利です。管理組合(及びその理事会)は居住者ではなく区分所有者(オーナー)で構成されるものです。 役員に交通費を出せるかどうかは,そ...

回答日 2016年10月02日 15:39
この回答がある質問
労働

昭和56年4月1日東京高裁判決からすると,軽く肩を叩くなどの行為であれば有形力の行使ではあるけれども,許される範囲なのではないかと考えられます。なお,同判決は,「平手及び軽く握つた右手の拳で同人の頭...

回答日 2016年10月02日 15:11

警察署で事故証明自体はもらえませんが,申請用紙は警察署や交番でもらえます。 詳しくはこちらに記載があります。↓ http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/

回答日 2016年09月13日 13:07
この回答がある質問
交通事故

事故証明書や領収書等の資料を持って,具体的に弁護士に相談されるのがいいと思います。ご記載のご質問内容だけからでは何ともいえません。時効の問題もあるので,資料が揃わなくてもまずは早めにご相談されること...

回答日 2016年09月13日 12:58
この回答がある質問
交通事故

家具屋さんに交換の費用について見積書を出してもらい、その金額を電気メーカーからご質問者様に対して直接払ってもらえばいいのではないでしょうか。受け取ったお金で、好きなときに修理依頼すればいいのではない...

回答日 2016年09月10日 00:38
この回答がある質問
転勤

法律で決められたことというよりも、当事者間の合意の効力についてお尋ねなのかと思います。当事者間の合意は有効です。ただ、合意に反した場合に、裁判をしたり、強制執行できるかという問題はあります。 具体的...

回答日 2016年09月09日 20:16

>免許は何年間取れないのでしょうか? 酒酔いなのか酒気帯びなのか,酒気帯びの場合も呼気1L中のアルコール量が0.25mg以上かどうかによって変わります。 酒酔いの場合は3年,酒気帯びの場合で0.25...

回答日 2016年09月09日 17:44

夜中に家に来られることや居座られることの問題については,お母様と一緒に警察へ相談されるのがいいと思います。ご相談者様ご自身だけでは難しいので,きちんとお母様とお話になった上で,お母様自身も拒絶の態度...

回答日 2016年09月09日 13:23
この回答がある質問
脅迫・強要

契約されている保険の内容によりますので,まずは早急に保険会社に事故の報告をし,保険が使えるのか聞いてみることです。それで納得がいかなければ弁護士にご相談されるとよいかと思います。

回答日 2016年09月07日 16:50

>私の実家に世帯ごと移動。口座開設の本人確認が取れ次第、住民票を元の住所に戻す。 本人の知らない間に住民票の住所を変更することは,公正証書原本不実記載罪という犯罪行為です。

回答日 2016年09月07日 12:56

お怪我の具合は大丈夫でしょうか?まずは,治療に専念されて完治を目指されることが一番です。 保険会社の話が出てきているようですので,保険会社から治療費等支払われると思います。ただ,おっしゃるように,ご...

回答日 2016年09月01日 18:18

ご質問者様のご友人はA君ですから、それを前提にお話されたらいいと思います。同姓同名であっても別人ですから、友人でもないB君は関係ないように思います。

回答日 2016年09月01日 11:49

税金のことは税理士さんに質問された方が確実です。 税理士ドットコム https://www.zeiri4.com

回答日 2016年09月01日 11:46
この回答がある質問
遺産分割協議書

税金のことは税理士さんに質問された方が確実です。 税理士ドットコム https://www.zeiri4.com

回答日 2016年09月01日 11:40

1 - 30 件を表示/全 59 件

現在営業中 09:30 - 18:00
松井 圭子弁護士へ問い合わせ
電話番号 06-6773-3838

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
完全予約制となっております。弁護士ドットコムの「メールでお問合せ」のメールフォームからご予約ください。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く