現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野条 健人弁護士

( のじょう けんと ) 野条 健人

弁護士法人かがりび綜合法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名1,020 件/匿名:0件

残念ながら生前に出来る手続きはないと考えます。 夫がなくなった段階で相続放棄することになります。

回答日 2019年07月23日 10:01

慰謝料1000万円は高額すぎます。事案に即してとても妥当とはいえないと考えます。彼女さんが離婚するかどうかの問題についてはなかなか難しい問題があります。 まずは直接弁護士先生に面談されて慰謝料の問...

回答日 2019年07月21日 23:15

まずお伝えしないといけないのは相手方が旦那さんです。相談者様が旦那様に対してどこまでお話できるのか、というところもあります。 ご参考までに

回答日 2019年07月21日 23:11
この回答がある質問
家族の借金

お困りのようなのでお答えします。 まず申立人から聞かれるのが基本です。準備してもらうのは相談者の御主張です。慰謝料請求というのだから相談者様の不貞による精神的苦痛の程度、内容、事実経過はまとめられ...

回答日 2019年07月21日 22:48

既に他の先生方もご指摘されているように交通事故の損害立証は被害者側にあります。その上でご指摘のように資料収集にあたって費用がかかることがありますが最後にかかった分をまとめて全て請求することが良いかと...

回答日 2019年07月21日 22:24
この回答がある質問
示談交渉

婚姻前の事情は基本的に含まれないのですが、何か特別な事情でもあるのでしょうか?一度弁護士先生に相談されて場合によっては依頼も含めて対応する必要があるかもしれないですね。

回答日 2019年07月21日 20:03
この回答がある質問
財産分与

ご要望のニーズとの関係でどこまでの対象までリスクに備えるかによりますが、イベント保険も一つだと思います。いくつか保険会社により種類が違うかと思いますので保険会社に連絡をとられてご対応されるのがよいか...

回答日 2019年07月21日 18:33
この回答がある質問
不祥事・クレーム対応

大変お困りだと思われますのでお答えいたします。 戦略として上記1の方法では、結果的に調停することになるかと思われます。そうでありましたら離婚調停をされてきちんと協議してお互いの関係を精算されるのが...

回答日 2019年07月21日 18:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

色々な背景があるのかと思いますが、株主総会はなされた方が良いと思います。一回ごとの面会を株主総会にするかどうかは内容や規模、必要性等詳しくお聞きする必要があるかと思いますが、いずれにしても言った言わ...

回答日 2019年07月21日 18:25
この回答がある質問
設立

お困りだと思われますのでお答えします。 遺産分割協議のなかでまずその分を御主張して協議のなかでまとまるのでありましたらよいのですが、難しければ調停のなかで特別受益の主張をするのが一つです。

回答日 2019年07月21日 18:22
この回答がある質問
協議離婚

財産分与は、平たくいえば二人で築き上げた財産を半分ずつするという制度です。簡単にお聞きしている限り、本件では150万円も支払う必要はないと考えます。 ご参考までに

回答日 2019年07月21日 14:43
この回答がある質問
財産分与

詳細をお聞きしない限り何とも言い難いですが、プライベートに関して一切処分できないわけではないです。最も軽い処分の一つであるけん責処分や他にも対応があると思います。企業法務に詳しい弁護士先生に面談され...

回答日 2019年07月21日 14:21
この回答がある質問
降格・減給

ご質問の回答ではないと思いますが、離婚して精算するためにも弁護士先生に依頼されてもよいかとおもいます。

回答日 2019年07月21日 13:19
この回答がある質問
家族の借金

お困りだと思いますのでご回答します。 調査報告書は一つの報告書です。それを信用するか否かは裁判所の判断です。相談者がそれが事実ではないということでしたら証拠とともに主張書面もしくは上申書を作成され...

回答日 2019年07月21日 12:23
この回答がある質問
調停離婚

弁護士をたてての協議メリットは代理人が本人に代わって交渉協議を行ったり書類作成したりしますので比較的に物事が円滑に進みます。また一人で抱え込まず精神的負担の軽減にもつながります。 相手方にもよ...

回答日 2019年07月21日 12:20
この回答がある質問
協議離婚

難しいところですね!要求される内容や役職、従業員の能力等総合的に過大要求かどうか判断されますところ、相手方はパワハラではない、業務命令の一貫だと反論されると思われます。

回答日 2019年07月21日 11:52

大変お困りだと思いますのでお答えします。 >1)家の貯金は2人の財産なので、旦那がギャンブルで作った借金を返す必要はありますか? 相談者様の借金ではなく旦那さんの借金であれば相談者様が返す...

回答日 2019年07月21日 11:37
この回答がある質問
家族の借金

>>私は子供のためにやり直したい気持ちもありますが、妻は絶対離婚するという意思のもと別居を敢行しており、連絡を遮断していて話し合いにならずにいます。 なるほどその上で相談者様はやり...

回答日 2019年07月21日 11:24
この回答がある質問
別居

個別具体的な事例を聞かないと一概には言えませんが、例えば合理的な理由なく婚約破棄などの場合には慰謝料請求ができる場合があります。金額はケースによりますので具体事例を挙げられてお近くの弁護士事務所で相...

回答日 2019年07月20日 18:17
この回答がある質問
離婚・男女問題

一定の処分がなされるためには根拠が必要ですのでそのためにも証拠は必要と考えます。

回答日 2019年07月20日 17:38
この回答がある質問
離婚・男女問題

年金事務所に相談されるのが良いと思います。 ご参考までに

回答日 2019年07月20日 16:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

すべての弁護士事務所が法テラスを利用可としているわけではありません。都道府県ごとの法テラスによって違いますが、法テラスにきかれてもよいかとおもいます。

回答日 2019年07月20日 16:47
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

仰るとおり事故が一番怖いと思います。昨今交通ルールを遵守せずに大事故につながり、その社会的な影響により会社が破綻せざるを得なくなることも聞いたことがあるかと思います。 さて、業務命令に従わなけ...

回答日 2019年07月20日 13:17
この回答がある質問
懲戒処分

相手方の主張が全てではありません。事実に反するのであればきちんと事実に反する旨の主張を行うべきだと思います。それに相談者様の御主張もあると思います。一方的に急に出ていって欲しいのは酷ですし精神的にも...

回答日 2019年07月20日 13:12

相手方としてはそれらの証拠では仰るように言い逃れできるものと思います。請求したとしても慰謝料の支払を認めるところまでは行かないようにおもいます。お金のこともあるかと思いますのでご参考までに

回答日 2019年07月20日 11:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

証拠上不倫していることが分かれば請求して良いと考えますね。

回答日 2019年07月20日 11:07
この回答がある質問
不倫慰謝料

最上級の開放粉砕骨折であると診断されたんですね。 巻き込み事故がどのようなものか、労災なのか交通事故なのか詳しくお聞きしないといけませんが、後遺障害の認定申請は出されましたか?状況からすると相当な...

回答日 2019年07月20日 11:03
この回答がある質問
後遺障害等級

案件によるとしかいいようがないですが、本来円満に離婚成立と思っていたのに、相手方の意向が変わって離婚が長引くこともケースとしてはあります。また逆に離婚成立するのは困難と思っていたのに、相手にねばり強...

回答日 2019年07月19日 17:17
この回答がある質問
離婚回避

1 裁判所は算定表を重視する傾向にありますのでそこできちんと決められる方が良いと思います。 2.3については直接弁護士先生に相談される方が良いかとおもいます。きちんと離婚に向けて話し合いがなされる...

回答日 2019年07月19日 08:13

1 妻との話し合いに弁護士をたてることはできます。弁護士を立てて条件次第で離婚することになることもあります。 2 相手も弁護士たてると弁護士同士の話し合いになります。 3 詳細をお聞きしないと...

回答日 2019年07月19日 08:02
この回答がある質問
離婚届

871 - 900 件を表示/全 1,020 件

弁護士法人かがりび綜合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5366-8531

※弁護士法人かがりび綜合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は平日9:00-18:00です。事前にご予約頂ければ、土日祝日・夜間も対応させて頂きます。
土日祝日・夜間などはすぐにお電話に出られない場合もございますが、その場合には折り返しお電話させていただきます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。