川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
離婚・男女問題
全国 20
岡山県 1

ももたろう第二法律事務所

岡山県 岡山市 北区富田町2-12-16 センチュリー富田町ビル3階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:15,779 件/匿名回答数:7件

支払期日までに相手が支払わない場合は、強制執行を検討されたらよいです。 和解調書が債務名義になりますから、あとは相手のどの財産を差し押さえるか(給料か預金かなど)を決めて、債権差押命令の申立て...

回答日 2019年01月03日 18:49
この回答がある質問
債権回収

体調を崩して減収した場合は、減収をベースに養育費の減額は考慮されます。ただ、相手方が納得しなかった場合は、審判になりますから、医師の診断書などにより体調を崩したことを立証する必要があります。 ...

回答日 2019年01月03日 18:44
この回答がある質問
養育費

賃貸借契約の借主の冷態保証人でも保証人でも、いずれの場合でも、連帯保証人や保証人は貸主との間で保証契約を直接締結していますから、借主が貸主に対して損害を与えたり、原状回復義務をはたさないときは、保証...

回答日 2019年01月02日 16:31

マンションの貸主に対して、損害賠償義務ないし原状回復義務を負うのはaないし賃貸借契約の保証人です。 a死亡の場合は、aの相続人(親)が3か月内に相続放棄をしなければ、損害賠償義務ないし原状回復...

回答日 2019年01月02日 15:50

昨年4月に調停離婚成立でしたら、おそらく昨年7月前後に、法テラスで終結審査が行われ、①弁護士報酬の額と支払方法、②着手金立替金残金の支払方法、を含めた決定書があなたと弁護士それぞれに法テラスに届いて...

回答日 2019年01月01日 11:42
この回答がある質問
調停離婚

そうですね。 先方代理人の手元に示談書2通があって、まだあなたに送付前だとしても、示談はすでに成立していることになります。 あとは示談を受けて、警察の捜査を踏まえて検察の事件処理を待つこ...

回答日 2018年12月31日 23:42
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

ストーカー規制法による警告を受けておられるのであれば、元妻側との連絡や調整、交渉はかなり慎重な配慮が必要です。 そうした意味で、家庭裁判所で、顔をあわせずに調停委員を介して、話し合いの場を持つ...

回答日 2018年12月31日 23:02

示談は双方が合意した時点で成立します。それを証するために示談書を作成するので、示談書に双方がサインした時点で示談成立と考えられます。それを警察に提出するのは、先方弁護人の問題です。 示談を白紙...

回答日 2018年12月31日 22:55
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

示談書は、示談できたことの確認書類ですから、示談書に双方が署名、押印して示談成立となります。 示談不成立を主張されるのであれば、示談書を送ったがやはり示談はしないことにしたと急ぎ内容証明郵便を...

回答日 2018年12月31日 22:02
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

そうですね。 どちらも、ありえます。 調停に一人でのぞむのが不安な場合や、複雑な法律問題が含まれている場合や、早く訴訟に切り替えるタイミングをはかってもらいたい場合などは、調停段階から弁...

回答日 2018年12月31日 19:21
この回答がある質問
養育費

調停は話し合いなので、ご本人だけで対応されている方は少なくありません。 ただ、調停不成立後の離婚訴訟は法的に主張をどう組み立てるか、証拠資料をどう集めて提出するかなど、ご本人だけでは難しいので...

回答日 2018年12月31日 16:56
この回答がある質問
養育費

性格の不一致が原因であれば、どちらか一方に婚姻関係を破綻させた責任があるわけではないので、離婚慰謝料は生じません。先に離婚を言い出したかどうかも無関係です。 ただ、慰謝料を払わないなら離婚しな...

回答日 2018年12月31日 14:28
この回答がある質問
養育費

あなたがアクションを起こすとすれば、①減額調停を相手先管轄家庭裁判所に申し立てたうえで、相手先家庭裁判所に減額事件の管轄がとれますから、そのうえで、②増額調停事件について、現在の家庭裁判所に移送申立...

回答日 2018年12月31日 13:10
この回答がある質問
養育費

1 減額調停と増額調停とは別事件ですから、あなたが減額調停を申し立てることは何ら問題はありません。   減額が必要となった大きな経済状況の変動要因について説明されれば、理解してもらえます。 ...

回答日 2018年12月31日 12:04
この回答がある質問
養育費

弁護士探しは、地元の弁護士会や法テラスに相談予約をとって出向く方法があります。 このサイトの一括見積を利用されてもよいでしょう。 話をする際には、お二人の関係のこれまでの経緯と、今回警察...

回答日 2018年12月31日 11:55
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうでしたか。 そうすると加害、被害とも両方の意味合いがあるため、別れることを前提に警察介入となったのでしょうね。 いずれにしても、これ以上、誤解を受けると、あなたにとっても不利になりま...

回答日 2018年12月31日 10:21
この回答がある質問
離婚・男女問題

あなたが別れたいとして警察に保護されたのであれば話は別です。 おそらく警察の生活安全課で、男女間の問題に警察が介入する以上、あなたにおいて「彼と別れたい」「別れてくれずに死にたいほど困っている...

回答日 2018年12月31日 09:38
この回答がある質問
離婚・男女問題

子の奪い合いになりそうで、お子さんの生命身体に危険が生じそうな場合は、あなたの側から早く家庭裁判所に別居中の監護者をあなたに指定してほしいと監護者指定の審判を申し立てることができます。 審判の...

回答日 2018年12月31日 09:29
この回答がある質問
別居

弁護士は交渉事件として依頼をよく受ける内容です。 関係修復は相手次第です。 ストーカー扱いされて不快だと思いますが、連絡先を消して、今後連絡しない約束を警察でさせられたということは、先方...

回答日 2018年12月31日 07:28
この回答がある質問
離婚・男女問題

通常は、郵便事情を考慮して約1週間前後で送ってくるはずです。 ただ、年末年始の時期と重なっているため、遅れている可能性はあります。 年明けに、先方弁護士に電話確認されたらよいてしょう。

回答日 2018年12月30日 22:33
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

ストーカーと誤解されていることに理解を示して、調整、交渉を引き受けてくれる弁護士であればよいです。まず弁護士会などの相談窓口を利用して、法律相談から動いてみられたらよいです。 「上申書」につい...

回答日 2018年12月30日 22:31
この回答がある質問
離婚・男女問題

代理人弁護士への交渉依頼は、弁護士に相談して先方との連絡調整を依頼されたらよいです。できれば、ストーカー被害相談の取下げまで先方に動いてもらえたら、あなたも安心だと思います。 家庭裁判所の調停...

回答日 2018年12月30日 22:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうですね。 冷静になり、自らの過ちを反省するに至るには、少し時間が必要かもしれませんね。 訴訟は互いに精神的に消耗する部分も多いですが、人と人との関係性は何かのきっかけで変化することも...

回答日 2018年12月30日 22:16

お互いが関係修復の意思があれば、交際再開となります。しかし、一方が警察にストーカー被害相談をしている中で、関係修復は困難です。まずストーカー相談の誤解をとくところから、あなてたではなく、先方がまず動...

回答日 2018年12月30日 22:07
この回答がある質問
離婚・男女問題

今回の上申書は、おそらく先方が警察にストーカー被害相談をしたために、あなたが警察に呼ばれて、二度と連絡はとらないという誓約書(上申書)を書かされたものと推察されます。 会わない、連絡をとらない...

回答日 2018年12月30日 21:32
この回答がある質問
離婚・男女問題

通帳に関しては名義があなたのものであれば、金融機関に紛失再発行の手続きをとれば、あなたのもとに新たな通帳は確保できます。 離婚に関しては、親族から強引に押し切られないように、家庭裁判所に夫婦関...

回答日 2018年12月30日 21:26

そうでしたか。 おそらく自身の行為が違法であるかどうかまで考えは及ばず、感情の方が先に立って、冷静に自分を見つめ直すことができる状態ではなさそうですね。 そのような状況だと、弁護士が何を...

回答日 2018年12月30日 21:19

第一回期日は、裁判所が被告の都合は確認せずに指定しますから、被告は欠席が認められています。もちろん答弁書を提出して陳述擬制としてもらうことで、第一回期日は実質的に空転し、実質的審理は第2回期日からと...

回答日 2018年12月30日 16:46
この回答がある質問
調停離婚

離婚協議書の作成までするご夫婦はまだ少ないのが実情ですが、さらに公正証書化するところまでとなると、必ずしも一般的なものではありません。 先方が公正証書にするメリットは、養育費などの支払いについ...

回答日 2018年12月30日 16:37
この回答がある質問
協議離婚

夫が、注意してもそれを無視して、子どもの嫌がる行動を繰り返すことは、監護権や親権を争う上で、夫側に不利な要素の一つとなります。

回答日 2018年12月30日 16:11
この回答がある質問
調停離婚

871 - 900 件を表示/全 15,775 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談