現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

岡山県2

( かわさき まさひろ ) 川崎 政宏

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名12,240 件/匿名:5件

任意の引渡しは、当事者間で調整して決めます。 通常は双方とも代理人弁護士がついていることが多いので、代理人間で日時、場所、方法など、お子さんに大きな負担がかからない方法を調整します。 家...

回答日 2018年11月26日 12:18
この回答がある質問
親権

任意の引渡しが現場で完了したかどうかがポイントになります。 いったん引渡しを行い、引渡し完了であれば、確定した引渡し審判に基づく履行は終わります。 その後に子どもが自分の意思で帰宅した場...

回答日 2018年11月26日 12:07
この回答がある質問
親権

暴行罪、傷害罪で立件されれば、人事院の指針では懲戒事由に該当します。 たとえば、公務外非行として、傷害、人の身体を傷害した職員は、停職又は減給とする。暴行・けんか、暴行を加え、又はけんかをした...

回答日 2018年11月25日 19:05
この回答がある質問
裁判離婚

おそらく保全事件の執行と、本案審判確定後の執行とが混線しているようです。 仮の引渡しを認める保全事件については、2週間内に強制執行しなければ、それ以降はできなくなり、本案の確定を待ちます。 ...

回答日 2018年11月25日 18:32
この回答がある質問
親権

ご指摘のとおり、執行停止はまずありません。 金銭請求事件の強制執行の場合に、仮執行宣言付の一審判決に対して控訴した場合に担保をつんで認められるような例外的場合です。

回答日 2018年11月25日 17:59
この回答がある質問
親権

子どもと暮らすことを選択する方は、お金の問題ではないので、財産を失っても子どもとの暮らしを選択される方はおられます。 ただ、それを続けても、奏功しないときは直接強制を行いますから、確定審判の結...

回答日 2018年11月25日 17:46
この回答がある質問
親権

子どもの問題は、お金の問題ではないので、お金には代えられません。 それゆえ現場では、子どもを思う双方の気持ちが真っ向からぶつかってしまいます。 できれば、そうした場面に子どもをおくことの...

回答日 2018年11月25日 17:34
この回答がある質問
親権

確定審判に基づく強制執行ですから、申し立てて1~2週間で決定されます。時間はかかりませんし、ほぼ弁解は通りません。簡単に決まりますが、子の引渡しに関しては実効性がありません。 金を払っても引渡...

回答日 2018年11月25日 17:26
この回答がある質問
親権

間接強制は、裁判所が、引渡しに応じないときの制裁金(間接強制金)の支払を命じることによって、引渡しを促すものです。 申立てをして、審尋期日が開かれ、弁解も聞きつつ、裁判官が間接強制金を決めます...

回答日 2018年11月25日 17:13
この回答がある質問
親権

子の引渡しを求めて強制執行の申立てを行う債権者側が選択します。 10歳児であれば、通常、執行官と打ち合わせて、直接強制を試みます。 すみやかに引渡しを求めたいので、間接強制は迂遠にすぎる...

回答日 2018年11月25日 17:00
この回答がある質問
親権

小学生であれば、直接強制を行うことになりますが、子どもも自分の意思がありますから、執行官もいきなり子どもを連れていくことはしません。 まず債務者に対して説得して引渡しを求めますし、子どもの心理...

回答日 2018年11月25日 16:38
この回答がある質問
親権

症状固定の判断は重要な部分なので、今後の治療方針について主治医とじっくり話し合う必要があります。 高次脳機能障害については、専門医の診察をきちんと受けて、見極めをしてもらうことも大切です。当初...

回答日 2018年11月25日 14:18
この回答がある質問
後遺障害認定

後遺障害診断書については、現在までの治療経過がわかっていて、治療をこれ以上続けても変化がないかどうか(症状固定と言います)の判断をしてもらう必要があることから、現在のリヒバリ等を継続している病院の主...

回答日 2018年11月25日 14:07
この回答がある質問
後遺障害認定

追記です。 根本的な解決をはかるのであれば、家庭裁判所に親族間紛争調整の調停を申し立てて、立ち入り禁止の確認を約束してもらうことも一つの方法です。

回答日 2018年11月25日 12:40
この回答がある質問
相続

住居侵入罪です。警察に通報されたらよいです。 拒絶しても立ち入っているのを容認していたら、親族ゆえに立ち入りを追認(承諾)したとみられてしまうので、毅然とした対処が必要です。 きちんと警...

回答日 2018年11月25日 12:38
この回答がある質問
相続

土地建物があなたの名義であれば、所有者であるあなたの同意なく家に立ち入ることは住居侵入になります。 ただ通常は、親族であれば、実家への出入りについて黙示の承諾があると考えられますから(生家に帰...

回答日 2018年11月25日 12:10
この回答がある質問
相続

答弁書に詳しい反論を書いて問題ありません。 「請求原因の認否」を済ませた後で、「被告の主張(言い分)」として、詳しく事実を書いておけばよいです。

回答日 2018年11月24日 16:37
この回答がある質問
訴状

本サイトは顧客誘引的な書き込みは禁止されているため、当該ご質問には回答できないことになっております。ご了承ください。

回答日 2018年11月24日 15:32
この回答がある質問
調停離婚

連れ去りが違法であれば、家庭裁判所はそれを勘案した判断をします。離婚調停中に面会交流の場面から連れ去ったような場合です。 問題は、別居に理由がある場合です。 そうした場合は、子の監護に関...

回答日 2018年11月24日 15:19
この回答がある質問
調停離婚

連れ戻しをすれば、通常はその場で警察に通報され、その後で、先方から家庭裁判所に監護者指定・子の引渡しの審判と、審判前保全処分の申立てをされるはずです。 いずれにしても、実力行使はお子さんのため...

回答日 2018年11月24日 15:02
この回答がある質問
調停離婚

お子さんの連れ戻しをしてしまうと、先方もまた連れ戻しを行い、それが繰り返されてしまいます。 そして、お子さんが間に挟まれて、もみくちゃ状態になるので、こうした子の奪い合いは避けた方が、お子さん...

回答日 2018年11月24日 14:32
この回答がある質問
調停離婚

医師によりけりではありますが、通常は患者さんにとって後遺症判断のうえでとても大切な診断書ですから、ていねいに記載してくれれます。後遺障害認定でもめそうな場合は、事前に弁護士とも打合せの上、きちんと記...

回答日 2018年11月24日 11:36

先の回答の一部に誤記がありましたので、訂正します。 (誤)生活安全確保課 → (正)生活安全課

回答日 2018年11月24日 11:24
この回答がある質問
離婚原因

まず、安全確保のため、警察の生活安全確保課に相談してください。 防犯対策について援助措置をとってもらえます。 婚姻期間中の暴力について、警察相談をされていますから、警察とも打ち合わせのう...

回答日 2018年11月24日 11:12
この回答がある質問
離婚原因

分納は特にいつまでと決められたものではなく、税務署との話し合いで支払期限の猶予を考慮してもらえることもあります、という意味です。 滞納税については、一括で、すぐに支払う状況にあります。 ...

回答日 2018年11月24日 10:33
この回答がある質問
税務訴訟

生活保護受給中に保護費を借金返済に充てることはケースワーカーからも止めるよう指導されるはずです。 まず法テラスに相談に行き、弁護士に依頼して破産手続きをとることが必要です。 弁護士費用は...

回答日 2018年11月24日 09:12
この回答がある質問
個人再生

そうですね。 お子さんたちのことを優先して、焦らず、できることから動いていかれたらよいと考えます。

回答日 2018年11月23日 17:36
この回答がある質問
審判離婚

離婚は大きな大切な決断なので、急ぐ必要はありません。 モラハラ、精神的DVは言動により相手を支配、束縛しようとするものですから、お二人の関係性が変化し、対等なものに近づくことが前提です。改善点...

回答日 2018年11月22日 18:23
この回答がある質問
モラハラ

そうでしたか。 扶養の問題と、面会交流の問題との板挟みになっておられるのですね。 関係修復を優先して考えられるならば、まずお子さんを優先して考える方が多いと感じます。 経済面の取り...

回答日 2018年11月22日 18:10
この回答がある質問
モラハラ

そうですね。 面会交流を重ねつつ、その状況を調停期日に持ち寄って、より充実した内容になるよう調整してもらうとよいです。 仮に、離婚となる場合に、親権を争わざるを得なくなることはどこかの時...

回答日 2018年11月22日 17:56
この回答がある質問
モラハラ

871 - 900 件を表示/全 12,240 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談