弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
川崎 政宏弁護士

川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
遺産相続
全国 17
離婚・男女問題
全国 3
総合
全国 8
岡山県 1
050-5257-1603
ももたろう第二法律事務所
岡山県岡山市北区富田町2-12-16センチュリー富田町ビル3階

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名9,507 件/匿名:3件

主張書面で具体的な要望額を示している場合は、審判において、申立人の主張として具体的額を記すことはあります。 一般的には定型文で、申立の趣旨は「相当額」に〇印をつけたままの場合は、それの引用にすぎま...

0
回答日 2017年07月25日 23:25
この回答がある質問
婚姻費用

婚姻費用分担調停から審判に移行して、主張書面にどのような請求を書けばよいか、ということですね。 審判例に記載されている「相手方は申立人に対し、相当額を支払え」というのは、婚姻費用分担の調停申立書の...

0
回答日 2017年07月25日 23:04
この回答がある質問
婚姻費用

調停と訴訟は別の手続きになりますから、調停での条件面での話し合いの経過はそのまま訴訟で考慮されるものではないのが原則です。 ただ、調停の中で、いったん親権について合意がなされたという事実は、訴訟の...

0
回答日 2017年07月25日 22:22

通帳そのものは、あなたが紛失、再発行の手続きをとれば、あなたが手元で管理できます。 ただ、預金を払い出されていた場合は、別居時点の預金残高が夫婦共有財産と考えられますから、財産分与の話し合いのなか...

0
回答日 2017年07月25日 22:06

長い固有名詞や肩書がつく場合は、「(以下「〇〇」という)」と示して、省略記載することはありますが、離婚事件であれば、「私」「妻」の方がわかりやすいです。

0
回答日 2017年07月23日 13:18
この回答がある質問
離婚・男女問題

調停段階の陳述書は、証拠としてというよりも、調停委員に事情をわかってもらうために提出することが多いので、書き方に特に決まりはありません。 離婚調停のみ申立てされているのならば、「申立人」「相手方」...

0
回答日 2017年07月23日 09:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

面会交流について裁判官が妻側に促してくれたにもかかわらず、拒絶した妻に対して、裁判所が慰謝料の支払いを命じるか、ということですね。 現在は家庭裁判所における監護者指定の審判中なので、ご指摘のとおり...

0
回答日 2017年07月21日 22:12

引受人に対する引受意思の調査は、引受人住所地の保護観察所が環境調整事件担当として指名した保護司が引受人方を訪問して行います。 担当保護司のもとには、受刑者の身上調査書写しは届いていて、受刑者の生活...

0
回答日 2017年07月18日 08:14
この回答がある質問
釈放・保釈

1 ご指摘のとおり、受取人変更は保険の契約者である夫が行うものですから、夫が変更先を決めることになります。お子さんに変更してほしいと調停で要望を伝えることはできますが、強制する手段はないので、あくま...

0
回答日 2017年07月18日 06:09

婚姻費用の審判が確定し、分担額を支払わない場合は、強制執行を行い、預金や売掛金を差し押さえて支払ってもらうことになります。

0
回答日 2017年07月17日 12:17

もし婚姻費用分担調停の中で、大学生のお子さんについては、いずれも手元で監護していないこととして、計算の対象外とされたのであれば、婚姻費用分担額は変更されることは予定されていません。 あとは、大学生...

0
回答日 2017年07月16日 17:16
この回答がある質問
婚姻費用

そうでしたか。 別居中で、婚姻費用については家庭裁判所ですでに決まっているのですね。 もしそうであれば、20歳までのお子さんの生活費・学費についてどう分担するかは婚姻費用分担調停の中で、どう勘案...

0
回答日 2017年07月16日 14:37
この回答がある質問
婚姻費用

お子さんからの扶養料請求事件については、未成年時の養育費の合意を基礎にして、大学進学について同意している(少なくとも反対していない)場合は、成人に達してから大学卒業までの間の、養育費相当額と大学関連...

0
回答日 2017年07月16日 09:03
この回答がある質問
婚姻費用

面会交流は毎月の調整や、微妙な条件修正が、その都度必要となりますから、連絡がきちんととれない代理人は解任して、少なくとも相手方代理人と同じ程度に、迅速に反応してくれる代理人弁護士を依頼された方が、結...

0
回答日 2017年07月11日 23:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうですね。 一つずつ、監護態勢の足場をかためていくとよいと思います。

0
回答日 2017年07月09日 15:10

現状で対応可能な提案を検討されれば十分と考えます。 すでに監護者指定審判の中で、引き取った後の監護態勢については、主張されていると思いますから、調査官報告書を受けて、さらにその後の準備状況や受入れ...

0
回答日 2017年07月09日 14:40

そうですね。 あわてず、一つずつ話を前に進めていかれたらよいと考えます。 一人での対応が不安なときは、弁護士への相談、依頼を検討されるとよいでしょう。

0
回答日 2017年07月09日 13:20

これまでの経緯もあり、同居に心身ともに限界を感じておられるのならば、県外へ予定通り転居されて問題はありません。 親権についてもあなたでという合意のもとに動いていたわけですから、お子さんと一緒に出る...

0
回答日 2017年07月09日 13:01

先方は二人だけで会うことは応じないと考えられます。 弁護士からいきなり電話をかけてこられるよりも、あなたの方から、連絡方法について配慮してほしいこと、弁護士立ち合いでもよいから会いたいことを、申し...

0
回答日 2017年07月09日 12:53

相手が本当に弁護士を依頼して交渉窓口にしたのであれば、直接会おうとするとストーカー的な扱いをされたり、誤解を招く心配があります。 まず、相手が依頼したというのならば、具体的に弁護士名と弁護士事務所...

0
回答日 2017年07月09日 12:10

控えをとっておられず、紛失されて、手元に何もなくて困っておられるのでしたら、裁判所に記録の閲覧謄写申請をして、訴状の写しを入手されたらよいです。

0
回答日 2017年07月08日 16:30
この回答がある質問
裁判離婚

ご指摘のとおり、審理終結後は、おおむね1か月前後のあたりで、審判日を指定されることが多いです。

0
回答日 2017年07月08日 14:35

そうでしたか。 調査官報告書がすでに出ている場合、双方がそれに対する意見を提出して、その意見を確認して裁判官において判断という手順となります。 おそらく次回において審理を終結して、審判日を指定す...

0
回答日 2017年07月08日 14:21

双方の主張と資料が出尽くした段階で、判断できると裁判官が考えれば、審理を終結して、審判日を指定します。 こちらで主張書面を提出する意向を示しているので、それを提出して、さらに先方が反論するかどうか...

0
回答日 2017年07月08日 14:07

同居のまま中古住宅を購入して、そちらに転居するのであれば、夫婦で中古住宅を購入したことになります。 その場合は事情が全く異なります。 中古住宅は夫婦二人のために購入したものですから、夫婦の共有財...

0
回答日 2017年07月08日 13:28
この回答がある質問
財産分与

離婚時の財産分与は、別居時点を基準にしますから、別居後に居住するための住宅のローンは夫固有の負債となり、あなたは保証人にならない限り、責任を負うことはありません。 財産分与は、婚姻期間中に夫婦で築...

0
回答日 2017年07月08日 12:55
この回答がある質問
財産分与

相手方の引越しについては、それ自体で相手が不利になることはありません。相手会社から借りている住宅であるためです。 もちろん荷物については話し合いで引き取る必要がありますから、相手の弁護士に連絡して...

0
回答日 2017年07月08日 10:13

担当書記官から裁判官に伝わり、調停委員会を構成する調停委員にも伝わるはずです。

0
回答日 2017年07月03日 23:13

気持ちを聞かずして、調停が意味ある解決に向けて進むことはありえません。 おそらく他の事件でも似たような対応をしている調停委員かもしれないので、指摘と改善要望は、家庭裁判所にとっても前向きに受け止め...

0
回答日 2017年07月03日 21:44

給料差押えに関しては、毎月、強制執行の申立てをする必要はありません。 婚姻費用や養育費については、不払いがあれば、不払い分に加えて、将来分の給料差押えができることになっています。1回の申し立てで、...

0
回答日 2017年07月03日 21:06
この回答がある質問
婚姻費用

1 - 30 件を表示/全 9,507 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談
川崎 政宏弁護士
川崎 政宏弁護士