川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
離婚・男女問題
全国 18
岡山県 1

ももたろう第二法律事務所

岡山県 岡山市 北区富田町2-12-16 センチュリー富田町ビル3階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名4,834 件/匿名:0件

そうですね。 通常の贈与であれば、養育費とは別問題として考慮はされないでしょうが、お子さんの養育費のうち教育費相当部分をあになたの側の親族があらかじめ拠出している事実は、養育費の額を決める際の...

回答日 2019年11月06日 20:13
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうですね。 まったく生活費も入れずに、あなたに金銭を要求するというのは理不尽だと思います。 少なくともあなたが金銭を支払う理由がありませんから、早く離婚を考えておられるのならば、同居の...

回答日 2019年11月06日 20:10
この回答がある質問
調停離婚

示談書を互いに1通ずつ持ち合うのは、先方がそんな示談をした覚えはないと後から言わせないために、こちらで確認のための1通を保管しておくことに意味があるものです。 したがって、後から示談内容があい...

回答日 2019年11月06日 18:21
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうですね。 面会交流は子どものためのものですから、不適切な先方の対応がある場合は、上手に家庭裁判所を利用して解決していかれたらよいと考えます。

回答日 2019年11月04日 21:16

直接連絡すると、嫌がらせが続きますから、こちらからは連絡せず、先方からの脅しがある場合は、録音またはメールをもって、すでに相談済みの警察署の生活安全課に相談して、警告してもらうことも検討されたらよい...

回答日 2019年11月04日 17:38
この回答がある質問
裁判離婚

面会交流と婚姻費用の問題はまったく別問題ですから、二つは分けて判断されます。 婚姻費用について、審判申立てから行うことは可能ですが、いきなり審判申立てをした場合、いったん調停に付されて話し合い...

回答日 2019年11月04日 16:55
この回答がある質問
審判離婚

遺産の中で評価等の難しい財産が含まれている場合は税理士に依頼された方が安心かと考えます。 評価に問題がなく、あなたが遺言により全部取得されるのであれば、ご自身でも対応は可能です。 なお、...

回答日 2019年11月04日 14:34

1 法律上、親子の縁を切ることはできません。娘さんは感情的になって、「縁を切る」という言葉を使っているものと考えられます。ただ、法的に縁は切れなくても、家出など事実上縁が切れてしまうことはありえます...

回答日 2019年11月04日 14:06
この回答がある質問
家族の借金

離婚後の親権変更については、かなり難しいです。 お子さんたちが虐待されている、あるいは年長のお子さんが助けを求めて家出してきたなどの、お子さんたちの福祉を考えたとき放置できないような事情がない...

回答日 2019年11月03日 17:36
この回答がある質問
離婚届

相手方が同意しているのであれば、調停中でも直接会って話し合うことは問題ありません。 通常は直接話し合えないために調停の場を利用するにすぎないからです。双方で調停外での話し合いを並行して進めるこ...

回答日 2019年10月30日 12:34
この回答がある質問
調停離婚

手術後のお子さんを受診させない場合は、親権者としての不適格と考える要因の一つとなります。子どもの健康状態への配慮がされていないからです。 ただ、きちんと受診させているのであれば、親権判断には影...

回答日 2019年10月30日 07:45
この回答がある質問
調停離婚

離婚による精神的ショックだけだと慰謝料請求は難しいです。大切なのは離婚に至った原因です。 相手からの暴力や相手の不貞行為により、離婚を余儀なくされた場合の精神的苦痛については、当然に慰謝料請求...

回答日 2019年10月28日 21:24
この回答がある質問
離婚慰謝料

DV防止法におけるDVの定義は、「配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動」とされています。 ...

回答日 2019年10月28日 20:09
この回答がある質問
性格の不一致

弁護士がつくかつかないかは関係ないです。個人で十分対応可能です。不利にはたらくことはありません。 今回はすでに調査官意見が報告書に示されているので、それに即した話し合いが期待できます。 ...

回答日 2019年10月28日 19:57
この回答がある質問
親権

双方の収入により婚姻費用の分担額が決まります。 別居後に毎月支払っている5万円ずつに加えて、先方が使用している携帯代金をあなたが負担しているのであれば、既払い額合計の中に含めて計算して、過不足...

回答日 2019年10月28日 18:39
この回答がある質問
婚姻費用

地方裁判所が出した保護命令に対して不服がある場合は、高等裁判所に即時抗告することはできます。 なかには地方裁判所の判断を見直して、保護命令申立てを却下するケースもあります。 実際にそうな...

回答日 2019年10月28日 18:11
この回答がある質問
調停離婚

同居の状態にもかかわらず、婚姻費用分担請求を行う場合は、前提として二人の財布が分れていること(あるいは他方が家計費を全部管理していて分担額を決めてもらわないと生活ができないこと等)、分担を求める必要...

回答日 2019年10月20日 22:16

あなたが知ったうえで、1年以内に嫡出否認の手続きをとっていないのであれば(微妙な年齢なので、どちらでしょうか?)、自分の子として承認したことになりますから、法律上の扶養義務は生じます。 ただ現...

回答日 2019年10月18日 23:25
この回答がある質問
別居

前の弁護士が辞任するにあたり(勝手に辞任できないため)、法テラスに辞任の承認を求め、法テラスの審査会で辞任を承認したため、前の弁護士は辞任しています。 辞任の経緯について法テラスが調査確認して...

回答日 2019年10月17日 08:09
この回答がある質問
自己破産

別居は、同居することが限界を超えたからやむを得ずなされることが多いです。 あとはお子さんを放置できるかどうか(お子さんの年齢にもよります)です。 お二人で協議して監護者を決めて別居するの...

回答日 2019年10月11日 19:06

年金分割と負債処理とは別問題です。 年金分割はきちんと求めた方がよいですし、争いになった場合、家庭裁判所では按分割合は0.5で解決できます。 夫があなたに相談なく隠れてしていた借金につい...

回答日 2019年10月04日 12:57

1 先方が調停を拒否した場合は、調停不成立で審判に移行します。今回の場合は、お子さんの戸籍謄本をとれば養子縁組の事実と縁組日は明らかにできますから、審判で減免は認められるはずです。 2 調停の...

回答日 2019年09月30日 16:31

家庭裁判所に提出する回答書(意見書)の書き方がわからないときは、弁護士相談であなたのお気持ちを伝えて、そのような場合の回答方法にどのような書き方があるか、情報提供を受けることは可能です。 離婚...

回答日 2019年09月29日 12:49
この回答がある質問
調停離婚

離婚するか、離婚しないか、の点で考えが互いに異なっているのであれば、妥協できる内容ではないように思います。 離婚しない、というお考えに変わりがないならば、調停に出頭して「離婚しない」ということ...

回答日 2019年09月29日 10:38
この回答がある質問
調停離婚

シェルター保護期間中は、ご本人だけでなく他の利用者の安全の問題もあり、内部からの連絡はできないことが多いようです。 ただ利用期間は数週間(2~4週間)の場合が多く、次の住まい方が見つかるころに...

回答日 2019年09月29日 08:32
この回答がある質問
離婚・男女問題

突然の事態で、お困りのことと思います。 個人再生手続きに関しては、再生計画が認可されるまでが弁護士の業務も大変ですが、再生計画認可後は、再生計画どおりに各債権者に代理送金を行うことだけとなって...

回答日 2019年09月28日 19:21
この回答がある質問
個人再生

お互いに直接の話し合いができないときは、家庭裁判所での調停からスタートとなります。 あちらが先に調停を申し立てたときは、家庭裁判所から調停期日の通知と調停申立書が郵送されてきます。その通知書を...

回答日 2019年09月27日 23:45
この回答がある質問
調停離婚

お子さんとの関わりや、仕事の面で、特段の支障が生じていないのであれば、心療内科や精神科にかかっていることは何も不利になることはありません。 逆にかかることなく、無理をして体調を崩して養育放棄な...

回答日 2019年08月10日 22:20
この回答がある質問
親権

そうですね。 相続放棄の話は一般論として、知識として、いつか説明しておかれたらよいと考えます。 生前の相続放棄ができないため、現状でとりうる方法は以上のとおりとなることはやむを得ないとこ...

回答日 2019年08月07日 07:20

1 保護命令の必要(あなたの安全確保の必要)がなくなれば、あなたが地方裁判所に申立てをして、保護命令を取り消してもらうことはできます。 2 保護観察と保護命令は別のものです。保護命令は必要がな...

回答日 2019年08月06日 17:37

151 - 180 件を表示/全 4,834 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談