川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
離婚・男女問題
全国 18
岡山県 1

ももたろう第二法律事務所

岡山県 岡山市 北区富田町2-12-16 センチュリー富田町ビル3階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名4,834 件/匿名:0件

当時、受取人を長女にされたのは、あなたに万が一の場合、養育費の支払いがとだえてしまうので、それにそなえて生命保険の受取人をお子さんにされたのではないかと推察されます。 生命保険そのものは、おそらく...

回答日 2017年05月13日 19:01

裁判所から命じられた間接強制金を相手方が任意に支払わないときは、あなたにおいて強制執行の手続きを別途とる必要はあります。 強制執行については、預貯金、給料、動産、不動産などの財産を相手がもっていな...

回答日 2017年05月13日 14:06

相手がマイナスで、あなたもゼロなら、マスナス分の請求をされることはありません。あくまでプラスを分けるのが財産分与だからです。 ただ、あなた名義の預貯金等の財産が例えば100万円あり、相手がマイナス...

回答日 2017年05月13日 10:25
この回答がある質問
財産分与

1 住所を知られたくないときは、最後の住所地である同居時の住所化、すでに知られているご実家の住所を申立書には書いておき、家庭裁判所には連絡先は非開示で伝えておけば足ります。 2 申立書は相手方に送...

回答日 2017年05月13日 10:21

慰謝料についても確定判決があれば、給料差押えや売掛金の差押えはできます。 この点は、養育費と同様ですが、差押えの範囲が給料であれば、4分の1を限度となる点が養育費(2分の1を限度)と異なるだけです...

回答日 2017年05月13日 09:19
この回答がある質問
離婚慰謝料

婚姻期間中に増えたマイマス部分については、ご夫婦の生活費などに充てた借入ならば、ご夫婦の負債として、預金残高から差し引くことになります。

回答日 2017年05月13日 08:05
この回答がある質問
財産分与

養育費の強制執行については、不払いがあれば地方裁判所は債権差押命令を決定しますから、強制執行そのものが不法行為と認められるには、相手方が裁判所をだまして債権差押命令を決定させたという点を認定してもら...

回答日 2017年05月13日 07:21

価値が1000~1500万円で、ローン残が3000万円であれば、明らかにオーバーローンですから、当該不動産は財産分与の対象とはなりません。 財産分与は、夫婦共有財産がプラスの場合に初めて清算が問題...

回答日 2017年05月12日 21:44
この回答がある質問
財産分与

ホームページで想定される利益相反を確認されるか、このサイトの一括見積りを利用されるのも一つの方法です。

回答日 2017年05月12日 10:21

ご指摘のとおり、ご夫婦の連帯債務について、支払いができなくなって不動産を手放す際には、残債務はやはり夫婦の連帯債務として残ります。 ともに自己破産で切り抜けるしか対抗策はありません。 支払うと言...

回答日 2017年05月12日 08:56

いわゆる事実の調査の通知ですね。 家庭裁判所の家事審判事件では書面で通知されることもありますし、審問時に口頭での通知の場合もあります。厳密に通知しないケースも少なくないようです。 抗告審の審理に...

回答日 2017年05月11日 19:52

追加のご質問についてですが、 1 過去の経緯を警察も把握していますから、いきなりあなたを逮捕することはありません。先方が被害届を先に出しても、通常は在宅事件として、事情聴取を受けるだけで、身柄拘束は...

回答日 2017年05月11日 17:59

原審の家庭裁判所が九州であれば、即時抗告の管轄は福岡高等裁判所になります。

回答日 2017年05月10日 12:44

そもそも葬儀費用は、相続が開始した後に生じている費用ですから、理論的にも、相続に関する債務とはなり得ない費用なのです。 葬儀費用や墓石等祭祀承継に関する費用は、原則として祭祀の主宰者が負担すべきも...

回答日 2017年05月10日 12:42
この回答がある質問
相続財産

民事訴訟の進み方は、どの事件でもおおむね同じです。 まず原告が訴状を裁判所に提出し、約1か月半後に初回弁論期日が指定されます。それまで被告が反論などの答弁書を提出します。 訴状と答弁書を確認して...

回答日 2017年05月10日 07:47
この回答がある質問
通常訴訟

人身保護請求事件に関して、手続費用についても、判決において、請求者または拘束者への負担が命じられます。 人身保護規則によれば、訴訟費用のほか国選代理人の報酬も手続費用に含まれていますから、判決の中...

回答日 2017年05月09日 08:33
この回答がある質問
離婚慰謝料

1 別居中はお二人とも親権者ですから、引渡しを求めるのならば、自分を監護者として指定してもらったうえで、引渡しを求めることになります。引渡しだけの調停は、離婚後に親権者が非親権者のもとにいる子どもを...

回答日 2017年05月08日 22:58
この回答がある質問
調停離婚

調停は30分ずつ交代に話を聞いてもらい、全体で約2時間と見ておけばよいです。

回答日 2017年05月08日 22:31
この回答がある質問
面会交流

別居と行方不明とは異なります。 前者であれば戸籍附票を取り寄せれば住民票上の住所はわかるので、住民票上の住所または実家など確実に連絡がつく居所を相手方住所として離婚調停を申し立てたらよいです。家庭...

回答日 2017年05月08日 22:17
この回答がある質問
調停離婚

1 自動車税は県が自動車の名義人に対して課税するものですから、あなたが納税する義務があります。 2 ただ使用していない車について自動車税の支払いを続けることは公平の観点からよくないので、別居中の婚...

回答日 2017年05月08日 20:24

現在の算定表を基本として月4~6万円をきちんと主張されたらよいです。 マンションについては、妻名義で妻が現住していますから、妻がローンを払って自らの資産形成をしているだけなので、養育費算定上は考慮...

回答日 2017年05月08日 17:33

そうですね。 督促異議申立書の書き方は、ネットで検索しても記載例がありますから、検討してみてください。

回答日 2017年05月08日 15:48
この回答がある質問
督促手続き

提訴後に訴えを取り下げることはできますが、被告の同意が必要です。 親権者指定の判断が不利になりそうな場合、被告側が取下げに同意しないことは十分予想されます。

回答日 2017年05月07日 18:15
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうでしたか。 そうしたご事情があるのならば、依頼されている弁護士の方が一番詳しい事情を把握されているはずですから、依頼されている弁護士の方としっかり打合せのうえ、次の手段を検討していかれたらよい...

回答日 2017年05月07日 15:57
この回答がある質問
面会交流

借金の解決が現実的に問題となるのは二つの場面です。 1つは金融業者などからの請求ですが、これは借りた夫本人に対する請求ですから、別居かどうかに関係なく、あなたは無関係として対応しなければ足ります。...

回答日 2017年05月07日 15:14
この回答がある質問
離婚・男女問題

法テラスを利用して強制執行を依頼された場合、任務終了にあたり、弁護士からの報告を受けて、法テラスが報酬審査を行い、支払方法も含めて決定します。弁護士が勝手に決めることはできない仕組みになっています。...

回答日 2017年05月07日 09:45
この回答がある質問
養育費

彼女が、お子さんたちと養子縁組するのでないかぎり、あなたとお子さんだけの関係ですから、お考えのとおりで、間違いありません。

回答日 2017年05月07日 08:42
この回答がある質問
養育費

夫婦間円満調整と面会交流の二つの調停を申し立ててもよいですし(夫婦の問題と親子の問題と二つを明確にして)、面会交流だけ申し立ててもよいです。 夫婦関係調整だけだと、面会交流の話しは付随的な扱いにな...

回答日 2017年05月06日 13:53
この回答がある質問
別居

離婚の際に、養育費を支払う代わりに、住宅を無償で使用することを認めたうえで、住宅ローンはあなたが負担しつづけるという合意(口約束にしろ)はあったのですね。 当時、書面化していたとすれば、お子さんた...

回答日 2017年05月06日 13:16
この回答がある質問
養育費

聞くこと自体が問題ではありませんが、聞き方や相手を精神的に追い詰める状況が生じるようであれば、モラハラ、精神的DVと評価されることはありえます。

回答日 2017年05月04日 10:41
この回答がある質問
モラハラ

1,501 - 1,530 件を表示/全 4,834 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談