現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

岡山県2

( かわさき まさひろ ) 川崎 政宏

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名4,841 件/匿名:0件

盗聴したわけでもなく、大切な交渉場面の会話録音にすぎませんから、プライバシー侵害の点は軽微であり、気にされる必要はないでしょう。 慰謝料請求訴訟では、録音反訳として書証としてよく提出されています。

回答日 2017年06月01日 07:49
この回答がある質問
不倫慰謝料

審判が確定したにもかかわらず、婚姻費用の支払いをしない方が、離婚訴訟では不利になります。 今回はその逆で、確定した婚姻費用の分割払い希望の回答書に応じないにすぎず、強制執行を行うのは当然の権利行使...

回答日 2017年05月31日 22:26

通称を学校生活の中で用いることは、学校側との相談の上、考慮してもらえるかどうかによります。 学籍簿にはあくまで戸籍上の氏がのりますが、学校内での呼称については、学校側の理解と協力さえ得られれば、校...

回答日 2017年05月30日 23:52

行事参加を拒絶されることは、大変残念なことです。 お子さんたちが嫌がる場合に、押し掛けることは、子どもを傷つけますが、お子さんたちが見に来てもらいたいのに、来てくれないことは、双方にとってつらいこ...

回答日 2017年05月30日 22:41
この回答がある質問
親権

1 今回の審判事件が最終的に確定した後も、子さんたちが成長したり、お子さんたちの監護状況に大きな変化があったときは、監護者変更の調停、審判で子どもたちのための監護状況を争っていくことはできます。 ...

回答日 2017年05月30日 12:50

再婚相手とお子さんが養子縁組すれば、養親が主たる養育者となりますから、夫には養育費の支払義務はありません。 先方からも請求してくることはないでしょうし、万が一、請求された場合は、支払義務がないこと...

回答日 2017年05月29日 19:19
この回答がある質問
養育費

離婚原因がないにもかかわらず、夫から一方的に離婚を求められているのであれば、そもそも離婚に応ずることはないものの、やむを得ず離婚に応ずるというのですから、先方から離婚のための解決金(和解金)を提示し...

回答日 2017年05月29日 17:20
この回答がある質問
性格の不一致

不受理届を出すのは当然のことですから、離婚が決まるまでの婚姻費用の支払いには全く影響はありません。

回答日 2017年05月28日 22:50

ストーカー規制法に基づく警告を受けている中で、直接手紙を送ることは、ストーカー規制法違反で検挙されるリスクがあります。 きちんと弁護士に依頼して、あなたの代理人として、交渉窓口になってもらうことは...

回答日 2017年05月28日 19:12
この回答がある質問
ストーカー

離婚にあたっての二人の間の合意書ですから、離婚後の日付でも問題ありません。 離婚後に、離婚にあたっての約束事を決めて合意するのですから、旧姓に戻した今の氏名で、合意書を作成されて問題ありません。

回答日 2017年05月28日 17:55
この回答がある質問
協議離婚

そうですね。 差押を検討するとき、皆さんが苦労される点と言えます。 でたらめの勤務先申告をされると、差押えが空振りになりますし、差押えするとすぐに退職する人もいます。 周辺からの情報入手や、専...

回答日 2017年05月28日 17:23

第三者機関を利用して円滑な実施がなされていたこと、第三者機関から中止を言った訳ではないこと、ストーカーと子解される行為があったことの反省、今後はしないことの誓約、今回の件についてはやむを得ず行ったも...

回答日 2017年05月28日 03:38

1 子どもたちへの暴力、虐待は、犯罪ですし、婚姻を継続しがたい重大な事由にあたりますから、離婚原因となり、夫が離婚に応じなくても、離婚判決は出ます。 2 子ともへの暴力をふるうことは、犯罪ですし、...

回答日 2017年05月27日 19:38

夫がギャンブル依存ということもありくすが、むしろ三人のお子さんの年齢が高いので、仮に裁判になっても、子ども三人の意向を裁判所が確認して、子どもの意向が尊重されて親権が決まります。小さなお子さんの場合...

回答日 2017年05月25日 22:45

たしかに裁判所の担当書記官から電話確認があることは少ないですが、といって相続放棄の申述が受理されないということはありません。 確認された内容が何であったかによると思います。 単に事務処理上の確認...

回答日 2017年05月25日 22:27
この回答がある質問
相続放棄

1 時間がかかりすぎた場合に、交渉を打ち切って訴訟を起こすかどうかは、解決までの時間と費用を考えて、先方が決断することなので、こちらとしては提訴されたときは、やむを得ないと考えます。できる限り、訴訟...

回答日 2017年05月25日 21:04

1 婚姻費用の調停では、所得証明だけでは夫は収入ゼロになるので、実態を反映していません。必ず、調停委員を介して、確定申告書すべての提出を求め、収支内訳表の分析をきちんと行い、家計費などと混在して経費...

回答日 2017年05月25日 12:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

取下書は受付印を押されて、記録に綴られます。 当事者には、取下げによる調停事件終了通知書が送られますから、確認はきちんとできます。 1週間前後で通知されるはずです。

回答日 2017年05月22日 21:36
この回答がある質問
調停離婚

最近は新聞にとりあげられるような事件が続いているので、ストーカー被害相談については、警察の生活安全課はきちんと対応してくれるはずです。 ただ、ストーカー規制法のつきまとい行為に該当しないような嫌が...

回答日 2017年05月22日 21:04
この回答がある質問
ストーカー

離婚調停の中で、双方が面会交流について話し合って合意できれば、離婚調停の調停調書に盛り込まれます。 面会交流について、条件などが折り合いがつかず、別に争うことになるときは、面会交流だけ別に切り離し...

回答日 2017年05月21日 19:55
この回答がある質問
調停離婚

お子さんが、あなたと一緒なら落ち着いて食事ができ、妻と一緒ならば落ち着いて食事ができない、という事実は、お子さんとの関係を示す大切な事実です。 その事実を調査官に話すことは、妻を批判することにはな...

回答日 2017年05月21日 19:11

そばで聞いていただけでは、聞こえたかどうかすらあいまいなので、証拠としての力は弱いです。 夫側が嫌がらせ目的であれば、断片的な脅迫の一言だけをとらえてあなたを動揺させて、有利に交渉を進めようとして...

回答日 2017年05月21日 19:02
この回答がある質問
不倫慰謝料

先のご質問の内容をあわせて拝見すると、DVがなかったことを主張、立証して債務不存在確認の訴えが起こせないか、ということでしょうか。 DVの事実があったか、なかっただけの事実の確認を地方裁判所は行っ...

回答日 2017年05月21日 18:16

審問期日が指定され、互いの主張を裁判官が確認したうえで、当事者本人からの審問を行う必要を認めたときは、双方ご本人から裁判官が話を聞きます。 民事裁判や離婚訴訟のような本人尋問ではなく、裁判官が進行...

回答日 2017年05月21日 10:06
この回答がある質問
面会交流

子の監護に関する陳述書は、あなたも夫も内容は同じことを書くことが指示されているはずです。 ただ、夫側は現在は子を監護していないので、以前の監護していた頃の状況とか、今後監護することになった場合を想...

回答日 2017年05月21日 09:16
この回答がある質問
面会交流

次回審問期日が続行期日として指定される予定でしたら、主張すべき点はすべて主張書面にして提出しておくことが大切です。主張書面は追加、補足があるときは、何度でも提出して問題ありません。お子さんへの直接交...

回答日 2017年05月21日 09:03
この回答がある質問
面会交流

子どもが連れ去られ、不適切な監護状況のもとにおかれているのならば、調停でのんびりと監護者指定、子の引渡しを求めていても、子どもは戻ってきません。 相手方のもとでの監護養育状況が劣悪ならば、子どもの...

回答日 2017年05月20日 12:32
この回答がある質問
親権

誤診によって、あなたに損害が生じているという場合であれば、やはり誤診であることを立証することが最大のポイントになります。 診断の誤りやカルテへの誤った記載の点については、他の専門医による診断を受け...

回答日 2017年05月20日 12:20
この回答がある質問
医療

判決が確定すれば、即時に支払う必要があります。 通常は、あなたの側から振込先口座をして、期限を切って任意の支払いを促し、相手がそれを守らないときは、強制執行にとりかかることになります。

回答日 2017年05月20日 12:16
この回答がある質問
財産分与

監護者指定審判事件は家庭裁判所、保護命令申立事件は地方裁判所に記録があります。 あなたが監護者に指定されたとしても、過去に保護命令が決定された事実は消えませんし、それを記録から削除する方法もないの...

回答日 2017年05月20日 08:36

1,471 - 1,500 件を表示/全 4,841 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談