川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

川崎 政宏弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
離婚・男女問題
全国 18
岡山県 1

ももたろう第二法律事務所

岡山県 岡山市 北区富田町2-12-16 センチュリー富田町ビル3階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名4,834 件/匿名:0件

娘夫婦が調停中という状況下で、相手(義母)が花を嫌がらせと受け止める方であれば、トラブル回避上、やめておいた方がよいです。 ただ、相手(義母)が娘とは距離を置いていて、あなたとの関係が良好な場...

回答日 2018年05月06日 16:40
この回答がある質問
家事調停

通常は、勤務先会社に裁判所からの書類を送ることはトラブルのもとなのですか、今回は相手方が外国人であって確実に連絡をとれる親族がいないこと、住民票を取得できなかった事情、職場に一度内容証明を送って受領...

回答日 2018年05月06日 12:38
この回答がある質問
調停離婚

婚姻費用などの家事審判手続きは、家庭裁判所が職権で、調停事件で双方から提出された主張や資料について事実の調査を行い、審判していきます。 婚姻費用に関しては、通常は、双方から収入資料や家計収支表...

回答日 2018年05月06日 12:32

あなたが夫の預貯金通帳(給与振込口座が含まれていることが前提)を全部持ち帰ったとしても、ご自身の生活費(婚姻費用)を除いて、残りを夫に送金していたのであれば、財布は一つです。 そうでなければ、...

回答日 2018年05月06日 12:20
この回答がある質問
財産分与

お二人の間だけで、親権変更はできません。 家庭裁判所に、どちらかが親権者変更の調停を申し立てて、調停の中で、お子さんの状況も確認しつつ、親権変更の調停が成立することが必要です。 まず、お...

回答日 2018年05月05日 22:10
この回答がある質問
親権

あなたが書面に離婚に同意と書いたかどうかに関係なく、母子に対する支援が必要と行政サイドで判断すれば、妻側が母子寮に入所することはあります。

回答日 2018年05月05日 17:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 婚姻費用の事件と、面会交流の事件はまったく別なので、婚姻費用調停の中で、面会交流の話を持ち出しても、伝えてはくれても調整まではしてくれません。   あなたが申立てされたように、早めにきちんと面...

回答日 2018年05月05日 16:52
この回答がある質問
面会交流

依頼者側からの希望でないかぎり、打合せを喫茶店など外部で、しかもオープンな場所で行うことはありません。 ご指摘のとおり、守秘の観点から、突っ込んだ話をお聴きできないからです。 秘密が守ら...

回答日 2018年05月05日 14:25

1 家への立ち入りは、あなたの許可がなければできません。離婚後であれば、他人ですからなおさらです。 2 私物以外の共有財産については、調停で清算条項(債権債務なし)を入れて、財産分与については...

回答日 2018年05月05日 13:52

1 妻が就労している事実があれば、当然にその収入は婚姻費用分担額を算定するうえで考慮されます。 2 婚姻費用の調停の中で、調停委員から妻側に給与明細等の提出を促してもらうことになります。  ...

回答日 2018年05月05日 11:57
この回答がある質問
離婚・男女問題

お兄様が不正をしたわけではなく、遺産分割協議に基づく、通常通りの登記がされているだけて、何らの問題もありません。 不動産登記簿を確認されたら、登記原因は、○○年○○月○○日相続となっているはず...

回答日 2018年05月05日 11:18
この回答がある質問
遺産分割協議

血がつながっている以上、法的に親族関係を切ることはできませんが、事実上の距離をとっていくことで、安全に暮らすことはできます。 それでも言いがかりをつけてくる場合は、代理人弁護士に依頼して、親族...

回答日 2018年05月05日 09:06
この回答がある質問
離婚・男女問題

調停は、原則として別席で調停委員がそれぞれから話を聞き、交互に話を聞きつつ、進行してきます。 あなたの側が面会交流調停を同席で申し立てているご事情が理解しづらいのですが、同席はあくまで例外で、...

回答日 2018年05月04日 22:29
この回答がある質問
面会交流

1 調停成立の際に、「財産放棄」ということについて、「建物内の動産について所有権を放棄する」という文言が入っていれば、元妻の承諾なしに処分して問題ありません。動産(荷物)について所有権を放棄している...

回答日 2018年05月04日 21:47
この回答がある質問
調停離婚

離婚調停が不成立となり、離婚訴訟に進んだ場合、養育費についても裁判官が双方の収入とお子さんの年齢から考えて適正額を判決で決めます。 判決に不服があれば、高等裁判所に控訴できます。最終的に判決が...

回答日 2018年05月04日 17:16
この回答がある質問
養育費

調停が成立した家庭裁判所に、履行勧告(調停で約束したことを守ってもらうよう家庭裁判所から促してもらう)の申し出をされたらよいです。 電話でも受け付けてもらえますから、当事者のお名前、調停成立の...

回答日 2018年05月03日 22:13
この回答がある質問
調停離婚

弁護士と個別に委任契約を結ぶ場合は、どこまでのことを委任するかについては委任契約の中で、弁護士と委任の範囲を話し合って決めることになります。 ただ、通常は離婚手続を依頼する場合、交渉(協議)、...

回答日 2018年05月03日 22:10

息子さんが体調を崩して就労できない場合は、本来の養育費を支払おうと思っても支払えないのはやむを得ないところです。 先方が家庭裁判所に行くというのは、おそらく認知請求と養育費請求の調停の申立てを...

回答日 2018年05月03日 20:22

別居後たちまち生活困窮状態になるのであれば、離婚調停の前後を問わず、生活保護の申請はできます。 婚姻費用が支払われるようになれば、保護費が減額調整されます。 また、生活保護受給が決まった...

回答日 2018年05月03日 17:51

調停の中で調整することは可能です。 ただ、対立した際には、担当の裁判官から、審判になった場合の原則が示されることが多く、振込手数料は支払う側の負担が原則、送金先口座は受け取る側が通常は指定(話...

回答日 2018年05月01日 22:14

相手が親権者の場合は、養子縁組は親権者の判断で行えるので、阻止することはできないことになっています。

回答日 2018年05月01日 12:39
この回答がある質問
親権

1 調停は話し合いですが、訴訟は主張と証拠を提出して裁判官の判断を求める手続きですから、法的主張の組立や、訴訟の進め方など、一人で対応することにはかなりの困難が伴います。通常は弁護士に訴訟代理人を依...

回答日 2018年04月30日 18:55

被相続人の遺言がない場合、あなたが唯一の相続人であることを前提とすれば、葬儀費用等にあてるため引き出した現金を使用して問題ありません。 通常、何らかの事情で、相続開始直前に、被相続人の意思に反...

回答日 2018年04月30日 18:38
この回答がある質問
相続手続き

相手に請求させないためには、あなたが納得させるだけの慰謝料額を提示することが初めに考えられます。 この種の慰謝料支払義務については連帯債務の関係にありますから、あなたがしかるべき額を支払えば、...

回答日 2018年04月30日 18:04
この回答がある質問
不倫慰謝料

生活保護は補充的なものですから、婚姻費用支払義務のある人が婚姻費用を支払って、それでも生活が困窮する場合に受給できます。さきに受給する場合は、婚姻費用が支払われるようになったら、その分が減額調整され...

回答日 2018年04月30日 09:00

元夫が借主なので、あなたが保証人になっていないかぎり、原状回復義務(荷物の搬出、処分など)はあなたにはありません。 また、お子さんたちは相続放棄しているので、元夫の借主としての立場を引き継ぐこ...

回答日 2018年04月29日 16:11
この回答がある質問
相続放棄

身元引受人として心身ともに疲弊されていることと思います。 あなたが身元引受人をやめても、少年がすぐに少年院に戻されることはありません(再非行があれば別ですが)。 まず、担当の保護司に相談...

回答日 2018年04月29日 10:55

夫婦間には同居義務がありますから、本来ならばきちんと話し合って別居できる方がよいのてせすが、一緒に暮らすことが耐え難い状況で、さらに先に別居を伝えると暴力を振るわれたり、かえってトラブルになりそうな...

回答日 2018年04月28日 10:02
この回答がある質問
悪意の遺棄

1 未成年のお子さんについては、今からでも養育費請求はできます。成人に達するまで、あるいは話し合いで専門学校や大学卒業までという期間を定めてできます。   請求しても支払いに応じてもらえないときは...

回答日 2018年04月26日 17:19

上のお子さんが成人に達しているときは、下のお子さんの後見人になれます。成人であれば後見人になれるからです。 また、信頼できる親族、知人がいない場合は、弁護士に未成年後見人になってもらうことはで...

回答日 2018年04月26日 08:55
この回答がある質問
遺言の効力

841 - 870 件を表示/全 4,834 件

ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
マイベストプロ岡山への掲載記事はこちらです。http://mbp-okayama.com/momo2/

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談