弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
川崎 政宏弁護士

川崎 政宏弁護士 かわさき まさひろ

弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
遺産相続
全国 17
離婚・男女問題
全国 3
総合
全国 8
岡山県 1
050-5257-1603
ももたろう第二法律事務所
岡山県岡山市北区富田町2-12-16センチュリー富田町ビル3階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名3,477 件/匿名:0件

婚姻費用分担調停から審判に移行して、主張書面にどのような請求を書けばよいか、ということですね。 審判例に記載されている「相手方は申立人に対し、相当額を支払え」というのは、婚姻費用分担の調停申立書の...

0
回答日 2017年07月25日 23:04
この回答がある質問
婚姻費用

面会交流について裁判官が妻側に促してくれたにもかかわらず、拒絶した妻に対して、裁判所が慰謝料の支払いを命じるか、ということですね。 現在は家庭裁判所における監護者指定の審判中なので、ご指摘のとおり...

0
回答日 2017年07月21日 22:12

引受人に対する引受意思の調査は、引受人住所地の保護観察所が環境調整事件担当として指名した保護司が引受人方を訪問して行います。 担当保護司のもとには、受刑者の身上調査書写しは届いていて、受刑者の生活...

0
回答日 2017年07月18日 08:14
この回答がある質問
釈放・保釈

1 ご指摘のとおり、受取人変更は保険の契約者である夫が行うものですから、夫が変更先を決めることになります。お子さんに変更してほしいと調停で要望を伝えることはできますが、強制する手段はないので、あくま...

0
回答日 2017年07月18日 06:09

婚姻費用の審判が確定し、分担額を支払わない場合は、強制執行を行い、預金や売掛金を差し押さえて支払ってもらうことになります。

0
回答日 2017年07月17日 12:17

そうですね。 直接の受け渡しができない具体的事情があれば、そこは考慮してもらえるはずです。

0
回答日 2017年07月16日 22:01
この回答がある質問
面会交流

もし婚姻費用分担調停の中で、大学生のお子さんについては、いずれも手元で監護していないこととして、計算の対象外とされたのであれば、婚姻費用分担額は変更されることは予定されていません。 あとは、大学生...

0
回答日 2017年07月16日 17:16
この回答がある質問
婚姻費用

新しい父親が同居しているかどうかは、直接面会交流とは関係ありません。 再婚したかどうかは実親子の関係には影響ないからです。 ただ、2年半も面会できていないことが、お子さんにどのような影響を与えて...

0
回答日 2017年07月16日 13:52
この回答がある質問
面会交流

これまでの経緯を踏まえて、嫌がっている理由いかんだと思います。 通常は、試行面会が実施できなかった際に、お子さんに対する調査官の確認があったのではないかと思います。 そのあたりも含めた調査官報告...

0
回答日 2017年07月16日 10:30
この回答がある質問
面会交流

いわゆる受け渡し方法については、双方の同意がなければ、親族・知人の協力を審判で決めることは難しいです。 そうした場合は、直接の受け渡しができないので、何とか面会交流を実現させるためには、第三者機関...

0
回答日 2017年07月15日 06:41
この回答がある質問
面会交流

現状で対応可能な提案を検討されれば十分と考えます。 すでに監護者指定審判の中で、引き取った後の監護態勢については、主張されていると思いますから、調査官報告書を受けて、さらにその後の準備状況や受入れ...

0
回答日 2017年07月09日 14:40

先方は二人だけで会うことは応じないと考えられます。 弁護士からいきなり電話をかけてこられるよりも、あなたの方から、連絡方法について配慮してほしいこと、弁護士立ち合いでもよいから会いたいことを、申し...

0
回答日 2017年07月09日 12:53

控えをとっておられず、紛失されて、手元に何もなくて困っておられるのでしたら、裁判所に記録の閲覧謄写申請をして、訴状の写しを入手されたらよいです。

0
回答日 2017年07月08日 16:30
この回答がある質問
裁判離婚

双方の主張と資料が出尽くした段階で、判断できると裁判官が考えれば、審理を終結して、審判日を指定します。 こちらで主張書面を提出する意向を示しているので、それを提出して、さらに先方が反論するかどうか...

0
回答日 2017年07月08日 14:07

給料差押えに関しては、毎月、強制執行の申立てをする必要はありません。 婚姻費用や養育費については、不払いがあれば、不払い分に加えて、将来分の給料差押えができることになっています。1回の申し立てで、...

0
回答日 2017年07月03日 21:06
この回答がある質問
婚姻費用

そうでしたか。 その点は、依頼された弁護士にもきちんと伝えて、先方が誤解しているようであれば、誤解をといてもらえばよいと思います。慰謝料額に影響する問題ではありません。

0
回答日 2017年07月03日 21:03

弁護士が調停に立ち会うときは、原則ご本人同士の話し合いですから、ご本人の話が調停委員にきちんと伝わっていない場合の補足説明を行うことは当然のことですが、さらに調停の進み方を依頼者側でチェックして、不...

0
回答日 2017年07月02日 21:33
この回答がある質問
調停離婚

子どもが連れ去られる危険がある場合や、先方から引渡しを求められていて対応に苦慮している場合など、子どもの奪い合いになりそうなときは、当事者間で話し合っても対立が激しくなるばかりなので、家庭裁判所に監...

0
回答日 2017年07月02日 21:19
この回答がある質問
親権

まず調停担当の書記官に電話連絡して、期日変更の申立てをされたらよいです。 悪天候のためならば、やむを得ない事情ですから、期日は取り消して変更後の日程調整をしてくれるか、あるいは先方だけの期日として...

0
回答日 2017年07月02日 20:28

別居時にご自身やお子さんの荷物を搬出することは問題ありません。 問題は夫婦共有財産の家財道具などですが、話し合って搬出できればベストですが、もめそうなときは最終的に離婚時の財産分与の問題として話し...

0
回答日 2017年07月02日 19:57

特別受益にあたるかどうかは、生計の資本としての贈与といえるかにかかります。生計の基礎として役立つような財産上の給付を指します。 わかりやすいのは、居住用の不動産を贈与したり、不動産購入のための金銭...

0
回答日 2017年07月02日 19:41
この回答がある質問
相続財産

離婚訴訟を起こすときの調停前置については、調停が開かれた期日の回数というよりも、離婚するしない、あるいは離婚条件について、実質的な話し合いがなされたかどうかで考えます。 したがって、離婚調停を申し...

0
回答日 2017年07月02日 14:30
この回答がある質問
調停離婚

そうですね。 その方が調停がスムーズに進むと考えます。

0
回答日 2017年07月02日 12:15

お子さんたちが実父との面会交流を求めるのは当然の権利ですから、これはご夫婦の問題とはまったく別問題です。 したがって、面会交流を再開する(そもそも実父との面会を中止をしないご夫婦も少なくありません...

0
回答日 2017年07月01日 22:25

ご本人どおしで親権を譲ることはできませんが、元夫も親権変更に応じてくれるのならば、家庭裁判所に親権変更の調停を申し立てて、調停期日でお二人が出頭して、親権変更について合意されたら、親権変更の調停が成...

0
回答日 2017年07月01日 22:20
この回答がある質問
親権

結論としては、遺言で未成年者後見人を指定されたらよいです。信頼できるご親族のどなたかをあなたが遺言で指定するだけです。弁護士へ依頼しなくても、公証役場で公証人に公正証書作成を依頼されたら、費用も公証...

0
回答日 2017年07月01日 22:04
この回答がある質問
親権

第三者機関を利用しての直接交流の審判例は比較的多いです。 いわゆる受渡しが当事者間でできないがために直接交流が実現できない場合に、第三者機関の利用による直接交流を双方が合意しているような場合です。...

0
回答日 2017年07月01日 18:54
この回答がある質問
面会交流

婚姻後に購入したり建てた家であれば、夫婦共有財産ですから、夫が勝手に売ることはできません。 ただ、夫名義になっている場合は、夫が勝手に売るおそれはあります。買主には夫婦共有財産だとわからないからで...

0
回答日 2017年07月01日 16:15
この回答がある質問
別居

兄弟間であっても、貸金請求事件を受けるかどうかに、変わりはありません。 きちんとした証拠の有無ですべて決まります。 親族間の貸し借りは、借用書がなかったり、援助(贈与)なのか、貸金(金銭消費貸借...

0
回答日 2017年07月01日 15:08

通常は、事情がわかっている調停委員の方が、調停を進めやすいので、同じ調停員が担当する確率は高いです。 ただ、暴力を容認するような調停委員の発言は、最近の家庭裁判所ではありえないことなので、あなたが...

0
回答日 2017年07月01日 14:46

1 - 30 件を表示/全 3,477 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
ももたろう第二法律事務所へ問い合わせ

050-5257-1603

※ももたろう第二法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 月曜09:00 - 17:30
  • 火曜09:00 - 17:30
  • 水曜09:00 - 17:00
  • 木曜09:00 - 17:30
  • 金曜09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
夫婦・家族のための日曜相談は事前予約(086-226-7744)で。
ホームページからも問合せ、相談予約可能です。http://momo2-law.jp/
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談
川崎 政宏弁護士
川崎 政宏弁護士