現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
柴田 収弁護士

( しばた しゅう ) 柴田 収

岡山テミス法律事務所

現在営業中 08:45 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名11 件/匿名:0件

弁護士に依頼をして,今後のやり取りは全て弁護士を通して欲しいと希望し,弁護士を通さずに直接来る連絡は全て無視をするという方法があります。 弁護士への依頼には,裁判や調停をするというだけではなく,相手...

回答日 2017年04月05日 18:30
この回答がある質問
別居

子どもの気持ちは調査官が直接子どもに面談をして聞き取ります。 もっとも,調査官の調査の際,子どもが同居親のことを気遣ったり同居親から有象無象の圧力を受けたりして,面会をしたくないと言ってしまう可能...

回答日 2017年04月05日 18:28

面会交流調停を申し立てるのがよいかと思われます。 そもそも,子どもが20歳になるまで面会を禁止するという条項自体が公序良俗に反して無効である可能性が高いです。 また,面会交流調停を申し立てると家庭裁...

回答日 2017年04月05日 18:09

子どもの年齢が中学生以上になると、どちらが親権者になるかについて、子ども本人の意思が非常に重視されるようになります。 子ども自身が母親の下での生活を望んでおり、母親が親権者変更の申立をしてきた場合...

回答日 2012年07月20日 14:28
この回答がある質問
親権

親権・監護者の地位を判断するにあたっては、現状の維持も重要ですが、現状が形成された経緯も重要です。 不当な手段(面会交流中に連れ去って引渡を拒否する等)によって監護を開始した場合、現在の監護状況が...

回答日 2012年07月20日 09:50
この回答がある質問
審判離婚

どちらが親権者として妥当であるかを最終的に判断するのは裁判官ですが、判断にあたって調査官の意見は非常に重視されます。調査官の意見を覆すためには、調査官の意見が間違っていることについて、十分な証拠を示...

回答日 2012年07月19日 21:50
この回答がある質問
親権

いつ別居したかについては、通常はそれほど重要な争点になるものでもないので、しっかりとした証拠を固めなくとも大丈夫でしょう。強いて言うなら、別居を開始した日に、もう家には帰らない等の内容のメールを相手...

回答日 2012年07月15日 09:37

相手方の年収がやむを得ず下がった場合と意識的に年収を操作してきた場合は区別して考える必要があります。 相手方の年収がやむを得ず下がった場合は、審判時の収入が基準になります。しかし、相手方が家族...

回答日 2012年07月14日 23:53
この回答がある質問
養育費

3について  あまり意味はありません。なぜかというと、警察や配偶者暴力相談支援センターへ相談に行ったことの証明書は、「DV被害を申告した事実」を証明することになっても、「DVの被害を受けた事実...

回答日 2012年07月14日 23:27

1について   浮気を黙認したことについては、破綻要素の一つにはなりますが、これ一本で破綻したとまでは言いにくいかと思います。ただし、他の事情と組み合わせて総合的に判断すれば、「合わせ技一本」のよ...

回答日 2012年07月14日 23:26

調停と話合いであり、お互いが合意しなければ成立しません。 どれだけこちらが正しいことを主張し、調停委員もこちらの味方になって相手方を説得しても、相手方が無理な主張に固執し続ける限り調停は成立しない...

回答日 2012年07月14日 22:40

1 - 11 件を表示/全 11 件

現在営業中 08:45 - 24:00

柴田 収弁護士へ問い合わせ

電話番号 086-206-3650
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:45 - 24:00
  • 土日祝08:45 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
※事務所の電話受付時間は
平日8:45~19:00です。
※ご事情により夜間・休日も柔軟にご対応致しますので、まずはご連絡ください。
(弁護士多忙なため事務所を不在にすることがあり、お電話に出られないことがございます。
その場合には、弁護士の状況に応じて、できる限り翌営業時間内までに折り返すなど適切に対応いたします。)
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談