お気に入りに追加
河端 武史弁護士

( かわばた たけし ) 河端 武史

河端法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

回答させていただきます。強制執行予告通知書というのが単なる普通郵便での手紙やはがきで届いたのであれば、すぐに差し押さえなどの手続きが進行するというわけではありません。あくまで最終的な督促といった意味...

回答日 2015年01月18日 10:20
この回答がある質問
借金

マルサのように相手の自宅に行って、タンスや引き出しの中まで全て調べる、などということを認める法律はなく、そのようなことはできません。 ただ、動産執行の申し立てをして、動産執行の当日に立ち会わせ...

回答日 2014年11月05日 19:09

4年前に自己破産しているということは、同時に免責決定も受けているはずですから、現時点では欠格事由には該当せず、問題なく理事になることができます。

回答日 2014年10月14日 21:00
この回答がある質問
自己破産

一般企業の場合は、そのような担当課の職員には誰が告発したかの守秘義務は、法律上はありません。ただ、一部の内部情報提供窓口を設置している企業は、窓口の担当職員に守秘義務を課しています。ただこれも、法律...

回答日 2014年10月09日 22:11
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

民法174条の2第1項により、判決が確定した場合は、もともとが消滅時効2年の売掛金債権であっても、消滅時効期間は10年に延長されます。和解・調停が成立した場合も同様です。よろしくお願いします。

回答日 2014年10月09日 16:53
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

申し訳ありません。多いかどうかは何とも言えない状況です。裁判まで行われたケースでは、これまで公益通報を行った結果、解雇となったり、自主退職を強制されたりして、職場を去ることになり、裁判となったケース...

回答日 2014年10月09日 06:44
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

調査能力が無かったとしても、例えば、その不祥事を知っている関係者が2~3名であったりする場合は、情報提供者はその2~3名の内の誰か一人しかありえないということになりますので、状況証拠などからすぐに情...

回答日 2014年10月07日 22:41
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

10日という期限は業者が勝手に設定した期限ですので、今回の場合、そこまで重要性は高くありません。 時効の援用が可能かどうかは、時効期間が経過しているかどうかで決まりますので、業者が設定した期限...

回答日 2014年10月07日 17:06

その場合ですが、もし正直に言わないと、内部調査に虚偽の事実を申告し、協力しなかったという理由で、内部告発とはまた別に、懲戒事由として相手方から主張されかねません。そのため、組織に問いただされた場合は...

回答日 2014年10月06日 22:25
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

入社の際に全額負担という誓約書にサインしてしまった場合ですが、労働基準監督署の回答のとおりで、法律的にも、そのような誓約は無効なものとして扱われます。 そのような誓約は、損害賠償の予定を禁じる...

回答日 2014年10月05日 22:03
この回答がある質問
労働

別居後、夫側で両親のサポートを受けながら養育を継続していたところ、妻側から離婚に際して親権者を妻にすることと子どもの引き渡しを請求されたが、裁判では親権者は夫とされたという事例は多数あります。 ...

回答日 2014年10月05日 16:03
この回答がある質問
別居

一般的な回答にはなりますが、現状、弁護士や裁判官が、誰でもいつでも利用できる共通の量刑データベースというものは存在していません。 裁判例の検索ということでは、判例秘書などの判例検索サービスがあ...

回答日 2014年10月05日 15:56
この回答がある質問
民事・その他

親権者については、子どもの養育状況や、現在の生活状況、経済状況、環境など、様々な事情を総合的に考慮して決定されることになっています。 そのため、ご質問の内容ですと若干不確実な回答となってしまう...

回答日 2014年10月05日 14:56
この回答がある質問
別居

確かに、探しても見つけ出せるかという問題はありますね。ただ、状況証拠や客観的な証拠などから、仮に情報提供者ご本人が認めていなくても、情報提供者を見つけ出すことは不可能ではありませんので、必ずしも探す...

回答日 2014年10月05日 10:25
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

それは、萩原先生もおっしゃられておりますが、正確性のある量刑データベースを作成することが難しい点と関連しています。 一般の方に量刑データベースを公開するとすれば、それが一般の方から誤解を招かな...

回答日 2014年10月04日 22:20
この回答がある質問
民事・その他

それは基本的には2つの場合が考えられます。1つは、情報提供を有益なものと考えて、不祥事を正し会社の経営を正常化するため、より正確で詳細な情報を情報提供者から得ようとする場合です。もう1つは、情報提供...

回答日 2014年10月04日 21:52
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

上で萩原先生の挙げられているウェブサイトであれば、弁護士でなくても誰でもアクセスできます。弁護士事務所が持っている自前のデータベースや、検察庁のデータベースは、関係者でなければアクセスできません。裁...

回答日 2014年10月04日 15:36
この回答がある質問
民事・その他

そうですね。むしろ犯人探しをしない場合はほとんどないぐらいだと思います。

回答日 2014年10月04日 15:30
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

萩原先生のおっしゃるとおりで、量刑相場があるとは言っても、ある犯罪事実がどれぐらいの刑になるかについては、かなり幅の広い範囲で決まります。 検察官や裁判官が刑を考える際は、犯罪結果の重大さ、犯...

回答日 2014年10月04日 12:27
この回答がある質問
民事・その他

事前に匿名を条件に情報提供していたのであれば、民事上の不法行為責任を構成する場合はあります。 ただ、その企業の不祥事を知っている者が限られているのであれば、その不祥事が明らかになった場合に、誰...

回答日 2014年10月04日 11:12
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

一般的に罰則のある守秘義務は報道機関にはありません。

回答日 2014年10月04日 00:05
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

検察官だと、論告の際に、懲役○年に処するのを相当とする、というような形で、検察官がその犯罪が結論としてどれぐらいの刑に該当すると考えるかの意見を述べます。 また、裁判官は、当然判決で、裁判官と...

回答日 2014年10月03日 23:56
この回答がある質問
民事・その他

原告の主張について、証拠を示すよう求めることは可能です。法律上は、求釈明の申立てといって、訴訟の主催者である裁判所に対して、相手方である被告に必要な証拠を提出するように要求するよう、釈明を求める申立...

回答日 2014年10月03日 23:40
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

実は、量刑相場を調べる方法は、法律実務家の間でも確たる方法はあまりありません。ただ、裁判員裁判対象事件については、裁判所が量刑のデータベースを作成して裁判員裁判の際に利用できるようにしています。また...

回答日 2014年10月03日 23:29
この回答がある質問
民事・その他

例えば、マスコミ関係者の方が警察の捜査を受けたり、裁判所から証人として呼出を受けたりした場合に、そのような時でも取材源を秘匿できるか、という形で問題になった事例はあります。 ただ、マスコミが取...

回答日 2014年10月03日 21:54
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

節税ですと、やはり税務についての専門家である税理士にご相談いただく方が、適切な回答を得られやすいです。 弁護士も税務コンサルタントのスキルがある方はいますが、なかなか探すのが大変ですし、そうい...

回答日 2014年10月03日 21:24

そうですね。開業準備費に含められる証明が可能か微妙な出費が多々ある場合、まず事前に、それらの出費が最終的に開業準備費として認めてもらえるかどうか、税理士さんや税務署の相談窓口で相談して、そこで大丈夫...

回答日 2014年10月03日 19:58

経費として認められるには、何らかの形で、それが事業の売上を上げるために必要な支出であったことと、その金額が証明できる必要があります。 領収証がなくても、公共交通機関の料金であれば、その場所に事...

回答日 2014年10月03日 17:12

>>個人事業届け出→開業準備費として提出→認められた分は経費として五年間好きな時に落とせるということですか? そうなります。個人事業の場合、1月から12月までが1年度で、翌年3月までに確定申告...

回答日 2014年10月03日 15:00

追加となって申し訳ありませんが、事業の準備のために使ったお金については、まず1度「開業準備費」として資産に計上します。 例えば、準備に50万円を使用した場合、50万円を開業準備費として資産計上...

回答日 2014年10月03日 14:31

1 - 30 件を表示/全 41 件

河端法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8583

※河端法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
平日9:30〜18:00
(メール受付は24時間。弁護士の状況に応じて営業時間内に折り返しいたします)
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談