お気に入りに追加
河端 武史弁護士

( かわばた たけし ) 河端 武史

河端法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

回答させていただきます。強制執行予告通知書というのが単なる普通郵便での手紙やはがきで届いたのであれば、すぐに差し押さえなどの手続きが進行するというわけではありません。あくまで最終的な督促といった意味...

回答日 2015年01月18日 10:20
この回答がある質問
借金

マルサのように相手の自宅に行って、タンスや引き出しの中まで全て調べる、などということを認める法律はなく、そのようなことはできません。 ただ、動産執行の申し立てをして、動産執行の当日に立ち会わせ...

回答日 2014年11月05日 19:09

4年前に自己破産しているということは、同時に免責決定も受けているはずですから、現時点では欠格事由には該当せず、問題なく理事になることができます。

回答日 2014年10月14日 21:00
この回答がある質問
自己破産

入社の際に全額負担という誓約書にサインしてしまった場合ですが、労働基準監督署の回答のとおりで、法律的にも、そのような誓約は無効なものとして扱われます。 そのような誓約は、損害賠償の予定を禁じる...

回答日 2014年10月05日 22:03
この回答がある質問
労働

一般的な回答にはなりますが、現状、弁護士や裁判官が、誰でもいつでも利用できる共通の量刑データベースというものは存在していません。 裁判例の検索ということでは、判例秘書などの判例検索サービスがあ...

回答日 2014年10月05日 15:56
この回答がある質問
民事・その他

原告の主張について、証拠を示すよう求めることは可能です。法律上は、求釈明の申立てといって、訴訟の主催者である裁判所に対して、相手方である被告に必要な証拠を提出するように要求するよう、釈明を求める申立...

回答日 2014年10月03日 23:40
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

節税ですと、やはり税務についての専門家である税理士にご相談いただく方が、適切な回答を得られやすいです。 弁護士も税務コンサルタントのスキルがある方はいますが、なかなか探すのが大変ですし、そうい...

回答日 2014年10月03日 21:24

残念ではありますが、現在の家庭裁判所の実務では、名前の変更が認められる場合があっても、氏の変更が認められる場合はまずありません。仮に長年継続使用していても、氏の変更は難しいです。氏を中心とする家族制...

回答日 2014年10月01日 07:23
この回答がある質問
戸籍と姓

確かに、診断書などの客観的な証拠が無いと立証が難しい面はありますが、裁判所も最終的には様々な事情を考慮して、総合的に判断しますので、それだけで不利になるわけではありません。その時のためにも、これまで...

回答日 2014年09月30日 15:04
この回答がある質問
調停離婚

遅い回答で申し訳ありませんが、回答させていただきます。 ご質問の内容にぴったりと合うわけではありませんが、平成18年1月26日東京地方裁判所判決は、建物所有を目的とする共有地の賃貸借は、管理行...

回答日 2014年09月30日 12:58

中国から商品を輸入し、これを販売した方は、製造物責任法第2条第3項第3号、第3条によって、購入者が商品の欠陥によって負った損害、今回のご質問のような商品の欠陥を原因とする火災による損害を賠償する責任...

回答日 2014年09月30日 10:27
この回答がある質問
インターネット

21万円は管財費用に充てられたということですので、同時廃止ではなく、破産管財人が付いて破産手続が進められていると思います。その場合、回収した知人に貸していたお金の内、管財費用に充てられていない8万円...

回答日 2014年09月18日 08:17
この回答がある質問
自己破産

1 - 12 件を表示/全 12 件

河端法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8583

※河端法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
平日9:30〜18:00
(メール受付は24時間。弁護士の状況に応じて営業時間内に折り返しいたします)
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談