法律相談/解決実績4,469,783

プロフィール登録弁護士数19,421

広島対応

相続トラブルを対策・解決

遺産分割協議

相続人が認知症になっていて遺産分割協議ができない

ご相談者様

事件の概要

母は三姉妹の末娘(三女)です。母の姉(長女)が亡くなったのですが、生涯未婚だったため、母の姉(次女)と母に相続権が生じました。ところが、母は認知症になっていて、また母の姉(次女)も認知症になって、どちらも施設に入っています。母の姉(次女)には身よりもいないため、このままでは遺産分割ができず困っています。

解決ストーリー

弁護士の先生に相談したところ、母と、母の姉(次女)の両方について特別代理人の選任申立の手続きをして下さいました。その上で、選任された特別代理人同士で遺産分割協議を行うことで、亡くなった母の姉(長女)の遺産分割を終えることができました。宙ぶらりんになっていた件を終わらせることができて、本当に良かったです。

千瑞穂法律事務所からのコメント

遺産分割協議は、法定相続人の全員が参加していないと成立しませんが、法定相続人の中に認知症の方がいらっしゃる場合、その方は法的な判断ができないために、遺産分割協議を進めることができません。このような場合、認知症の方について家庭裁判所に申し立てて特別代理人という立場の人を選任してもらい、この特別代理人が認知症の方に代わって遺産分割協議に参加することになります。
本件では、法定相続人の全員が認知症になられており、かつ、一方については身寄りがいない状態であったこともあって、遺産分割協議ができずに長らく塩漬け状態になってしまっていました。ひとつ一つ順番に手続きを踏むことで、無事に遺産分割協議が成立し、解決することができました。

この事務所の他の解決事例

事務所情報

千瑞穂法律事務所

所在地 広島県 広島市中区立町2-23 野村不動産広島ビル9階
最寄り駅 広電本線「立町電停」より徒歩1分
設備
  • 完全個室で相談
受付時間 平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~20:00
※メールは24時間予約受付中。
所属弁護士数 6人
所員数 8人
代表弁護士(弁護士会) 加藤 健一郎/守永 将大(広島弁護士会)
メールで相談予約する
  • 初回相談無料
  • 女性スタッフ在籍
  • 夜間相談可

解決事例

相続に積極的に取り組む弁護士に相談する