法律相談/解決実績4,469,783

プロフィール登録弁護士数19,421

広島対応

相続トラブルを対策・解決

相続放棄に必要となる申述書の書き方

親が借金を多く残して死亡した場合、相続放棄をすれば親の借金を支払う必要がなくなります。これをお読みの方の中にも相続放棄の手続きを進めようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

相続放棄の際に必ず必要になるのが、相続放棄申述書です。

今回は、相続放棄申述書の書き方について説明していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

  1. 相続放棄申述書とは?
  2. まずは相続放棄申述書を手に入れる
  3. 相続放棄申述書の書き方
  4. 相続放棄申述書以外に必要な書類は?
  5. 相続放棄の手続きの流れ
  6. 相続放棄にかかる費用はどれくらい?

1、相続放棄申述書とは?

相続放棄申述書とは、裁判所に対して相続放棄の意思表示を行う書面で、相続放棄の手続きを開始するのに必要となります。

2、まずは相続放棄申述書を手に入れる

相続放棄申述書の書き方の前に相続放棄申述書を手に入れることから始めましょう。

相続放棄申述書は家庭裁判所で手に入れることができますが、裁判所のホームページからもダウンロード可能です。以下の文字をクリックしていただくとダウンロードすることができます。

相続放棄申述書の雛形のダウンロードはこちら

http://www.courts.go.jp/vcms_lf/10m-souzokuhouki.pdf

3、相続放棄申述書の書き方

相続放棄申述書が手に入ったら、次は実際に相続放棄申述書に必要事項を記入していきましょう。

記入するにあたっては、裁判所ホームページ掲載の記入例が参考になりますので、こちらもダウンロードして、お手元に置きつつ、相続放棄申述書に必要事項の記入を進めてください。

http://www.courts.go.jp/vcms_lf/7427souzokuhouki-seizin.pdf

なお、家庭裁判所の窓口で質問すれば、窓口の方が、書き方等を教えてくれます。

(1)収入印紙を貼って、料金を記載

まずは、800円分の収入印紙を貼りましょう。

そして、収入印紙と予納郵便切手の金額を記載しましょう。切手は、裁判所からの返送に必要なものです。

(2)準口頭・関連事件番号

この欄は、裁判所の方で記載することになりますので、何も書く必要はありません。

(3)提出する家庭裁判所の名前と日付、申述人を記載

ここでは、提出する家庭裁判所の名前を記載しましょう。

また、提出する日付を記載します。

さらに、申述人を記載します。申述人とは、相続放棄をする人のことです。

これらの記入が終わったら、押印をしましょう。押印は、認印で構いません。

(4)添付書類にチェック

ここでは、提出する書類にチェックをいれます。

ここでどの書類にチェックをいれるかは、申述人が被相続人とどのような関係にあるかで変わってきます。詳しくは、「4、相続放棄申述書以外に必要な書類は?」で説明していますので、ご確認下さい。

(5)申述人、法定代理人等、被相続人の情報を記載

申述人の戸籍謄本や被相続人の住民票除票または戸籍附票を参考にして、過不足なく記載しましょう。

(6)申述の理由を記載

ここでは、相続放棄をする理由を記載します。

どのような理由を書いたからといって、相続放棄が認められないことはほとんどありませんので、素直にその理由を記載して下さい。

(7)相続財産の概略を記載

相続財産の調査が済んでいれば、その金額を記載しましょう。

もし、記載段階で正確な金額が分からないのであれば、おおよその財産額を記載しましょう。

4、相続放棄申述書以外に必要な書類は?

相続放棄申述書以外には、以下の書類が必要になります。なお、戸籍謄本は本籍地の役所で取得することができます。

(1)必ず必要な書類

  • 被相続人の住民票除票または戸籍附票
  • 申述人(放棄する人)の戸籍謄本

(2)申述人が、被相続人の配偶者の場合

  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

(3)申述人が、被相続人の子またはその代襲者(孫、ひ孫等)(第一順位相続人)の場合

  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 申述人が代襲相続人(孫、ひ孫等)の場合、被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

(4)申述人が、被相続人の父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)

  • 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している人がいる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の直系尊属に死亡している人(相続人より下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合、父母))がいる場合、その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

(5)申述人が、被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)

  • 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している人がいる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 申述人が代襲相続人(おい、めい)の場合、被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

5、相続放棄の手続きの流れ

(1)まずは相続財産を調査する

相続が開始(被相続人が死亡)したら、まず、相続財産を調査することになります。

相続放棄をする場合、借金などのマイナスの財産を相続しなくて良くなる一方で、もしもプラスの財産がマイナスの財産を上回っていた場合には、上回っていたプラスの財産部分も相続できなくなります。

そのため、借金などのマイナスの財産がプラスの財産を超えているのか、あらかじめ調査しておく必要があります。具体的には、取引のあった金融機関への照会や、不動産の調査などを行います。

(2)次に家庭裁判所に申立てをする

相続財産を調査して相続財産が確定した場合、家庭裁判所に申立てをすることになります。ただし、相続放棄の申立ては、相続開始を知った時から3か月以内にしなければなりませんのでご注意下さい。

また、相続人が相続開始を知ったときから3ヶ月以内に相続財産の状況を調査してもなお相続放棄するかを判断する資料が得られない場合には、相続放棄の期間の延長を家庭裁判所に申立てることによって、その期間を延ばしてもらうことも可能です。

(3)家庭裁判所から送られてくる相続放棄に関する照会書を待つ

相続放棄を申立ててから、1週間から10日前後で、家庭裁判所から相続放棄の申立人に対して、相続放棄に関する照会書が送られてくることになります。そして、これに回答後、さらに1週間から10日程度前後で、家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が送られてくることになります。相続放棄申述受理通知書が届けば、相続放棄が完全に認められたことになります。

なお、もし必要があれば、相続放棄が受理された証明書の発行を家庭裁判所に申請することも可能です。

6、相続放棄にかかる費用はどれくらい?

相続放棄をするには、上述した必要書類以外に、費用がかかるものとして

  • 収入印紙(1人800円)
  • 返信用の郵便切手(申立てる裁判所によって異なりますが、おおよそ1人あたり数百円です。)

が必要になります。

また、必要書類としての戸籍謄本の金額は、1通当たり500円前後となります。ただし、被相続人との関係が遠くなればなるほど、必要となる戸籍の数も増えることから、その分、戸籍謄本の費用が増えることになります。

まとめ

今回は相続放棄をする際に必要となる相続放棄申述書の書き方について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。これから相続放棄申述書を書こうとしている方のご参考になれば幸いです。

広島相続・遺産分割強い弁護士を探す

弁護士法人西脇・竹村法律事務所

広島対応
  • 広島県 福山市西新涯町2-21-41 たけぜいビル2階
  • 最寄り駅 福山駅から車で15分

地元密着。福山で弁護士を探すなら◆豊富な知見とノウハウで遺産分割案を迅速に提示◆相続税申告も不動産登記もワンストップ


特徴

①豊富な実績で遺産分割案を提示し、迅速な解決に導く
②同じビル内の税理士事務所・司法書士事務所と密に連携
③ご依頼者様が納得して決断できるように最後まで伴走


料金

初回相談料 30分5500円(税込)

田中法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区上八丁堀7-10 HSビル3階
  • 最寄り駅 ・広島白島線(広島電鉄白島先)「女学院前駅」徒歩3分
    ・広島電鉄6号線バス(牛田早稲田~八丁堀~江波)「 合同庁舎入口バス停」から徒歩1分

【直通電話】【土日祝日、深夜24時まで/LINEで連絡も可能】迅速対応に定評あり!一人の弁護士が最初から解決まで依頼者様と信頼関係を築きながら徹底サポート。遺産分割・遺留分など将来を見据えながら納得のいく解決へ。


特徴

①弁護士の個人携帯電話で土日祝日も深夜24時までご連絡に対応
②税理士、司法書士、公認会計士と密に連携を図っています
③法律面だけでなく解決後の人間関係にも配慮した解決案をご提示


料金

初回相談料 0円

弁護士法人山下江法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703
  • 最寄り駅 広電白島線電停「縮景園前駅」徒歩1分

【外出自粛によるWEB相談急増中!】弁護士19名・広島最大級の法律事務所◆昨年度・相続の相談実績は500件以上◆初回相談無料◆弁護士と相続アドバイザーが徹底サポート!


特徴

①複数の弁護士による「相続チーム」の総合力・機動力を生かしてご対応!
②“相続アドバイザー”が必要な専門家を適切にコーディネート
③20年以上の豊富な実績と蓄積されたノウハウ


料金

初回相談料 無料(土曜相談あり)

千瑞穂法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区立町2-23 野村不動産広島ビル9階
  • 最寄り駅 広電本線「立町電停」より徒歩1分

【元裁判官が在籍】相談実績200件以上!相続問題に強い弁護士が初回無料でご相談をお受けします。若手からベテランまでチームで問題解決に尽力、サポートします。


特徴

①家族信託に注力。ニーズに合わせた4つのサポートプラン
②裁判官を約36年、公証人を8年務めた弁護士が在籍
③専門性を高めた男女複数の弁護士&スタッフのチームワーク抜群


料金

初回相談料 無料