法律相談/解決実績4,475,517

プロフィール登録弁護士数19,427

広島対応

相続トラブルを対策・解決

代襲相続とは?発生する場合と相続分

相続開始時に法定相続人がすでに死亡していた場合、その法定相続人の子供が相続することがあります。これを「代襲相続」と言います。

では、代襲相続とは具体的にどのような相続を言うのでしょうか。

今回は、
・具体的にどのような場合に代襲相続が起きるか
・代襲相続人の具体的相続分
など、代襲相続について説明していきます。ご参考になれば幸いです。

目次

  1. そもそも代襲相続とは?
  2. 代襲相続となるのはどのようなケース?
  3. 代襲相続人の具体的な相続分
  4. 代襲相続されない場合
  5. 養子縁組と代襲相続の関係
  6. 再代襲相続とは?

1.そもそも代襲相続とは?

そもそも代襲相続とは、相続が開始される前に既に相続人が死亡している場合に、その相続人の子供などが相続人となることを言います。

例えば、おじいさんが亡くなった場合に、法定相続人がおじいさんの息子であるお父さんだけの場合、もしお父さんが既に亡くなっているのであればその相続人であるあなたが相続人となります。

2.代襲相続となるのはどのようなケース?

では、具体的に代襲相続はどのような場合に生じるのでしょうか。代襲相続が認められるためには、以下の3つの要件を満たしていることが必要です。

(1)相続人が子または兄弟姉妹であること

代襲相続が認められるためには、相続人が被相続人(相続される者のこと)の子または兄弟姉妹であることが必要です。

法定相続人には、子や兄弟姉妹以外にも配偶者や直系尊属も含まれていますが、代襲相続の場合には、あくまでも法定相続人のうち子または兄弟姉妹に限られていますので、この点には注意して下さい。

(2)代襲原因があること

代襲原因とは、代襲相続が開始されるための要件のことを言います。

そして、この代襲原因は、相続人がどのような理由で相続権を失ったのかの問題です。

具体的には、

  • 相続人が相続開始以前に死亡していた場合
  • 相続人に相続欠格事由(例えば、相続人が被相続人を殺害したような場合)がない場合
  • 相続人に廃除事由(例えば、相続人が被相続人を虐待していたような場合)がない場合

の要件を満たしていることが必要です。

(3)相続人の子または兄弟姉妹が相続開始時に生存していること

さらに代襲相続が認められるためには、相続開始時に相続人の子または兄弟姉妹が生存していることが必要です。

3.代襲相続人の具体的な相続分

代襲相続人の相続分は、民法で定められている法定相続分と同じです。

すなわち、本来の相続人が

  • 配偶者と子だった場合は、2分の1
  • 配偶者と兄弟姉妹だった場合は、4分の1

となります。

なお、代襲相続人が複数いる場合には、被代襲者の相続分を頭割りすることになります。つまり、例えば被相続人が亡くなり、その配偶者はまだ生きているが一人息子が死亡しており、その一人息子には3人の子供がいる場合、3人の子供の相続分はそれぞれ、

1/2×1/3=1/6

となります。

4.代襲相続されない場合

(1)相続放棄

本来の相続人が相続放棄(被相続人の財産を一切相続しないこと)をした場合には、代襲相続されることはありません。

なぜならば、相続放棄をした場合には、その相続人は初めから相続人でなかったことになるからです。

(2)縁組前に養子の子が生まれていた場合

養子の子が養子縁組よりも前に生まれていた場合には、養子の子は養親の遺産を代襲相続することができません。

なぜならば、養子縁組前に生まれていた子は、養親との関係では法定の血族関係(血縁により相続人となる者のこと)が生じておらず、養親の直系卑属にあたらないからです。

5.養子縁組と代襲相続の関係

相続に関しては、養子は実子と区別されることなく同じように扱われます。そのため、養親が死亡した場合には、養子は養親の遺産を相続することになります。

そして、養親が死亡する前に養子が死亡していた場合には、養子の子は代襲相続をすることができます。

なお、先程も述べましたが、養子の子が養子縁組よりも前に生まれていた場合には、養子の子は養親の遺産を代襲相続することはできませんので、この点には注意して下さい。

6.再代襲相続とは?

再代襲相続とは、相続開始時に相続人のみならず代襲相続人も死亡または相続欠格、廃除という事情があった場合に、その代襲相続人の子が代襲相続人に代わって相続することを言います。

代襲相続人になるのは、代襲される者の直系卑属、つまり被相続人の子の子(孫のこと)または兄弟姉妹の子(甥や姪のこと)になります。

なお、子も孫も死亡していた場合には、さらにひ孫、玄孫(やしゃご)が相続人になるなど、子の代襲については無限に再代襲が生じることになっています。他方、甥や姪については、その一代限りで代襲が終了することになります。つまり、甥や姪の子が相続人になることはありません。

まとめ

今回は代襲相続について説明してきましたがいかがだったでしょうか。今回の話が、代襲相続について知りたい方の参考になれば幸いです。

広島相続・遺産分割強い弁護士を探す

田中法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区上八丁堀7-10 HSビル3階
  • 最寄り駅 ・広島白島線(広島電鉄白島先)「女学院前駅」徒歩3分
    ・広島電鉄6号線バス(牛田早稲田~八丁堀~江波)「 合同庁舎入口バス停」から徒歩1分

【直通電話】【土日祝日、深夜24時まで/LINEで連絡も可能】迅速対応に定評あり!一人の弁護士が最初から解決まで依頼者様と信頼関係を築きながら徹底サポート。遺産分割・遺留分など将来を見据えながら納得のいく解決へ。


特徴

①弁護士の個人携帯電話で土日祝日も深夜24時までご連絡に対応
②税理士、司法書士、公認会計士と密に連携を図っています
③法律面だけでなく解決後の人間関係にも配慮した解決案をご提示


料金

初回相談料 0円

秘密厳守。まずはお電話で相談予約を

0120-161-047

通話料無料 広島対応

平日:9:30 - 24:00
土日祝:9:30 - 24:00
定休日:なし

*事務所の営業時間は、9:30〜17:30ですが、弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。
【24時間メール予約受付中/時間外対応相談可】【LINEで連絡も可能】https://lin.ee/cBrvcu1

千瑞穂法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区立町2-23 野村不動産広島ビル9階
  • 最寄り駅 広電本線「立町電停」より徒歩1分

【元裁判官が在籍】相談実績200件以上!相続問題に強い弁護士が初回無料でご相談をお受けします。若手からベテランまでチームで問題解決に尽力、サポートします。


特徴

①家族信託に注力。ニーズに合わせた4つのサポートプラン
②裁判官を約36年、公証人を8年務めた弁護士が在籍
③専門性を高めた男女複数の弁護士&スタッフのチームワーク抜群


料金

初回相談料 無料

秘密厳守。まずはお電話で相談予約を

0120-680-091

通話料無料 広島対応

平日  9:00~20:00
土日祝 9:00~20:00
※メールは24時間予約受付中。

弁護士法人西脇・竹村法律事務所

広島対応
  • 広島県 福山市西新涯町2-21-41 たけぜいビル2階
  • 最寄り駅 福山駅から車で15分

地元密着。福山で弁護士を探すなら◆豊富な知見とノウハウで遺産分割案を迅速に提示◆相続税申告も不動産登記もワンストップ


特徴

①豊富な実績で遺産分割案を提示し、迅速な解決に導く
②同じビル内の税理士事務所・司法書士事務所と密に連携
③ご依頼者様が納得して決断できるように最後まで伴走


料金

初回相談料 30分5500円(税込)

秘密厳守。まずはお電話で相談予約を

0120-088-046

通話料無料 広島対応

平日/09:00 - 18:00
定休日/土日祝

備考
◆事前予約で夜間/休日対応可
◆土日祝はお電話に対応しておりませんので、平日の営業時間内にお問い合わせください

弁護士法人山下江法律事務所

広島対応
  • 広島県 広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703
  • 最寄り駅 広電白島線電停「縮景園前駅」徒歩1分

【外出自粛によるWEB相談急増中!】弁護士19名・広島最大級の法律事務所◆昨年度・相続の相談実績は500件以上◆初回相談無料◆弁護士と相続アドバイザーが徹底サポート!


特徴

①複数の弁護士による「相続チーム」の総合力・機動力を生かしてご対応!
②“相続アドバイザー”が必要な専門家を適切にコーディネート
③20年以上の豊富な実績と蓄積されたノウハウ


料金

初回相談料 無料(土曜相談あり)

秘密厳守。まずはお電話で相談予約を

0120-825-018

通話料無料 広島対応

<相談時間>
月:9:00~20:00
火~金:9:00~18:00
土:10:00~17:00

※上記以外の時間帯や日曜日でも、対応可能な弁護士がいれば相談時間を設けることが可能です。まずはお問い合わせください。

※お問い合わせの際は、「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ、スムーズでございます。