長崎不動産・建築問題を扱う弁護士を検索

長崎で不動産・建築問題に注力する弁護士が5名見つかりました。依頼者は「離婚により建物と土地の所有権移転(財産分与)を登記するには不動産を渡す側の住民票の添付は不要ですか?」などの不安を抱えていたり、「不動産業者も契約前に床なりのことを告知していなかった。」といった事情を抱えていたりします。弁護士ドットコムでは長崎で電話相談を無料で受理してくれる弁護士や弁護士費用面を考慮して法テラスを対応している弁護士といった様々な希望の条件で弁護士を比較することができます。例えば「評判が高い不動産・近隣トラブルが得意な弁護士や弁護士の選び方はだいたい調査したけれど、長崎周辺の弁護士を費用で比較したい」などの要望にも対応することができます。弁護士の中には「アヴァンセでは入居中だけではなく退去後の滞納賃料も回収も目指します。」とおっしゃる方もいます。不動産・近隣トラブルで心配事がある方は報酬基準や能力などの希望を踏まえて、条件に沿う弁護士・法律事務所に電話またはメールをしてみてください。

現在の検索条件と変更

  • 地域・駅
    長崎県
  • 詳細条件
    不動産・建築、土日対応可

5名みつかりました

会員優先表示

検索条件に合う弁護士

  • Q 複数の弁護士に問い合わせをしてもいいの?
    A

    問題ありません。
    弁護士によって対応方針が異なる場合があります。
    あなたに合った弁護士を探しましょう。

  • 複数の弁護士と話すことで、解決への選択肢が広がります

    1. 解決への見通しが違うことがある

      あなたの事情をどう受け取りどう解決するかは、弁護士によって意見が異なる場合があります。 解決までの時間や料金にも影響するので、何人かに意見を聞いた方が安心です。

    2. 信頼関係には相性も大切

      解決のためには、プライベートな事情も話さねばなりません。 あなたがストレスなく付き合えること、信頼できることはとても重要です。

    3. 受けてくれないケースもある

      一度断られても、他の弁護士なら受けてくれることもあります。 依頼を急ぎたい場合には、予め何人かに連絡しておくとよいでしょう。

    実際に弁護士相談した人の多くは3人以上に連絡しており、複数の弁護士に相談することが一般的になってきています。

    無料で相談に乗ってくれる弁護士もいるので、後悔しないためにも、何人かと話して「この人なら」と感じられる人を選ぶことをおすすめします。

5名中 1 - 5名の弁護士を表示

検索条件を変更する

  • 地域・駅
    長崎県
  • 詳細条件
    不動産・建築、土日対応可