現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
白鳥 剛臣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

宮城県6

( しらとり たかおみ ) 白鳥 剛臣

しらとり法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:614 件/匿名回答数:0件

> 【質問1】 > 申立人の弁護士に「記載しても法的意味はないため、不要である」と反論されています。調停条項に記載されれば、法的な拘束力が出ると思っていたのですが、違うのでしょうか? ...

回答日 2021年03月09日 09:59
この回答がある質問
調停離婚

書かないといけないわけではありません。 仮に書くとすれば、「(領収証は別途交付済み)」と記載するなど、他に領収証を渡していることを明らかにすれば、支払いを二重評価するおそれもないかと思います。

回答日 2021年03月08日 17:50

代理人の弁護士に対し、送付方法について指定する旨のお手紙を送付してはいかがでしょうか。 例えば、他の受取可能な先を指定するとか、自宅に送るにしても無地の封筒で個人名で送付してほしいなど、ご家族が驚...

回答日 2021年03月06日 12:47

まず、前提として、契約や合意の内容を確定させる必要があります。 友人が知人から借りた駐車場ということですが、知人との間ではあくまで友人のみが借主だということであれば、知人と友人との駐車場の契約はこ...

回答日 2021年03月06日 12:42
この回答がある質問
消費者被害

まず、Bの1/3は相続の対象ではありませんので、この部分は相続をどのように決めてもBが持っているままです。 次に甲の2/3部分について、相続割合を算定します。 特別受益については、いったん遺産に...

回答日 2021年03月06日 11:06

> 【質問1】 > > 相手側が慰謝料を請求する場合は反訴が必要なのでしょうか? > > 相手側弁護士の立場として証拠がない場合は反訴はするのでしょうか? ...

回答日 2021年03月04日 20:30
この回答がある質問
離婚慰謝料

> 【質問1】 > 条件を受け入れてもらえないなら子どもの安全のため、私としては会わせたくありません。 相手に直接伝えると紛争になりかねないので弁護士に依頼することは可能でしょうか。 ...

回答日 2021年03月04日 20:26
この回答がある質問
面会交流

> 1.借りたのは祖母で、祖母が亡くなってしまった場合家族が買って返さなくてはいけないでしょうか? 相続している場合、返還義務も相続人が相続します。 亡くなったからといって義務がなくな...

回答日 2021年03月03日 19:06

養育費の減額については、審判の場合、医師の診断だけではなく、諸々の事情を考慮して裁判官が判断します。これまでの就労状況、年齢、病状、通院の期間・状況、等々です。 確かに裁判官は医師ではないので、病...

回答日 2021年03月03日 18:59
この回答がある質問
養育費

事実をそのまま説明して良いです。相手方が虚偽であるのであればその旨もお話しして良いです。何も言わなければそのままの前提で進んでしまいます。

回答日 2021年02月26日 20:07

相手方が認識できる状態である必要はありますので、彼が全て隠していたなどの場合には、相手方に不注意はなく、相手女性に対する慰謝料請求は難しくなります。

回答日 2021年02月26日 20:06

> 質問1 > 夫が提案し個人資産とお互い合意していた15万円以外の貯蓄分を折半する必要はありますか。 調停の場になり、これまでと全く異なることを言い権利を主張しているように思います。...

回答日 2021年02月26日 13:00

> 1.私は婚約者として認めてもらえますでしょうか? お聞きした事情からすれば、認められる可能性は高いと思います。 > 2.婚約破棄として彼から慰謝料はとれるでしょうか? ...

回答日 2021年02月26日 12:35

病気により育児ができなかったことは育児放棄とはいえません。 また、価値観の違い程度では離婚の正当な理由になりません。 具体的な状況をお聞きしていませんので、抽象的なお話しになってしまいますが...

回答日 2021年02月26日 12:28
この回答がある質問
モラハラ

弁護士に相談しても必ずしも依頼の必要はありません。 ご自身で解決するためのアドバイスをもらうという場合もあります。 また、地域によっては少額事件について少額で受任する制度がある場合もありますし、...

回答日 2021年02月26日 12:25
この回答がある質問
取り立て

税務の通達において、財産分与について贈与税は課されないのは原則であるが、分与額が夫婦の協力によって得た財産の額など一切の事情を考慮してもなお過当であるという場合の当該過当部分、及び、離婚を手段とした...

回答日 2021年02月25日 19:05
この回答がある質問
財産分与

婚姻費用に関しては、支払わないとの合意に関しては法的効力は弱いです。 お子さんの養育費分も含まれており、親がどうこうできるわけではない部分があることや、合意後の事情変更などもあり得るからです。 ...

回答日 2021年02月25日 18:49
この回答がある質問
家事調停

約束の日が過ぎた場合は、返還の時期を過ぎたという契約違反(債務不履行)になりますので、相手方は損害賠償の責任を負います。 ただ、損害の内容については、月5万円の日割で計算すべきか、その車が返ってこ...

回答日 2021年02月25日 18:43
この回答がある質問
取り立て

慰謝料は精神的苦痛の賠償ですので、同じ理由で同じ損害をいうのであれば、2回は無理です。 ただし、慰謝料請求後の事情で、再度精神的苦痛を生じる事態が生じた場合はあり得ます。 ですので、経緯によって...

回答日 2021年02月19日 20:16
この回答がある質問
不倫慰謝料

判決はあくまで口頭弁論終結時までの主張された事実を前提になされますので、その後の交際継続自体は金額にそこまで関係しませんが、別れないと言っているという事実が、相手方の精神的苦痛を増加させる部分は否め...

回答日 2021年02月19日 10:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

月額2万円ですと、300回返済になるので、一般の金融機関などは合意困難かと思います。 夫の資料は、夫の源泉徴収票、給与明細、通帳のコピー、車検証などです。 体調や病気は、動機の部分なので、一...

回答日 2021年02月19日 09:50
この回答がある質問
自己破産

相手方の負担とするという明確な合意がある場合には、民法485条本文は該当しません。 調停中ということであれば、振込手数料は通常は支払い側負担なので、申立人負担にしてほしいとお話ししてよいと思い...

回答日 2021年02月19日 09:46
この回答がある質問
換価分割

検察にも告訴は可能ですし、警察でだめであれば検察にというのは間違いではありません。 ただ、証拠不十分とのことであれば、証拠またはそのとっかかりになりそうなものを、可能な範囲で準備して告訴に臨ま...

回答日 2021年02月18日 15:14
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

一般的には振込者が多いと思います。 なお、民法485条本文において、弁済の費用(振込手数料など)については、別段の意思表示がないときは、その費用は、債務者(今回の場合振込者)の負担とすると定め...

回答日 2021年02月18日 15:08
この回答がある質問
換価分割

現段階では無視をしたとしても、問題はないと思います。 一応、万が一慰謝料が発生している場合は、遅延損害金(利息のようなもの)で金額が上がる可能性がありますが、これは交渉に応じても同じなので、リスク...

回答日 2021年02月18日 15:05
この回答がある質問
婚約破棄

ご主人にばれないようにということが最優先であれば、破産ではなく、任意整理(交渉による分割弁済)が良いかもしれません。破産の場合、どうしてもご主人の資料も必要になりますし、費用も場合により高額になるこ...

回答日 2021年02月18日 15:01
この回答がある質問
自己破産

裁判をしたいのであれば、不成立にして裁判をすればよいだけです。 延ばす意味はないと思います。

回答日 2021年02月18日 14:57

実家の交渉が大変そうであれば、弁護士に依頼することも一つです。 その場合、お子さんが当事者で、親権者として依頼することになります。 弁護士に依頼すれば、弁護士が窓口になりますので、精神衛生上は良...

回答日 2021年02月17日 18:23
この回答がある質問
相続財産

養育費の終期については、まず話し合いが優先されます。 終期としては、18歳、20歳、22歳がよくある設定になっています。 また、原則は18歳や20歳にしておいて、大学に進学した場合は22歳までと...

回答日 2021年02月17日 09:50
この回答がある質問
養育費

何か連絡文を送付することや調停などの手続きを利用する場合が考えられます。 住所に関しては、依頼者から聞いていても、正確な情報が必要になるので、住民票を取得して確認します。 間違って他の人に送って...

回答日 2021年02月17日 09:45

61 - 90 件を表示/全 614 件

現在営業中 09:00 - 20:00

白鳥 剛臣弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-3385
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
定休日:土・日・祝(ただし、土は応相談)
※外出している際は、折り返しさせていただきます
交通アクセス
駐車場あり