現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
白鳥 剛臣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

遺産相続11

離婚・男女問題14

借金・債務整理13

全国20

宮城県1

( しらとり たかおみ ) 白鳥 剛臣

しらとり法律事務所

宮城県 名取市増田3-1-1

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:518 件/匿名回答数:0件

慰謝料は精神的苦痛の賠償ですので、同じ理由で同じ損害をいうのであれば、2回は無理です。 ただし、慰謝料請求後の事情で、再度精神的苦痛を生じる事態が生じた場合はあり得ます。 ですので、経緯によって...

回答日 2021年02月19日 20:16
この回答がある質問
不倫慰謝料

判決はあくまで口頭弁論終結時までの主張された事実を前提になされますので、その後の交際継続自体は金額にそこまで関係しませんが、別れないと言っているという事実が、相手方の精神的苦痛を増加させる部分は否め...

回答日 2021年02月19日 10:51
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方の負担とするという明確な合意がある場合には、民法485条本文は該当しません。 調停中ということであれば、振込手数料は通常は支払い側負担なので、申立人負担にしてほしいとお話ししてよいと思い...

回答日 2021年02月19日 09:46
この回答がある質問
換価分割

検察にも告訴は可能ですし、警察でだめであれば検察にというのは間違いではありません。 ただ、証拠不十分とのことであれば、証拠またはそのとっかかりになりそうなものを、可能な範囲で準備して告訴に臨ま...

回答日 2021年02月18日 15:14
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

一般的には振込者が多いと思います。 なお、民法485条本文において、弁済の費用(振込手数料など)については、別段の意思表示がないときは、その費用は、債務者(今回の場合振込者)の負担とすると定め...

回答日 2021年02月18日 15:08
この回答がある質問
換価分割

実家の交渉が大変そうであれば、弁護士に依頼することも一つです。 その場合、お子さんが当事者で、親権者として依頼することになります。 弁護士に依頼すれば、弁護士が窓口になりますので、精神衛生上は良...

回答日 2021年02月17日 18:23
この回答がある質問
相続財産

何か連絡文を送付することや調停などの手続きを利用する場合が考えられます。 住所に関しては、依頼者から聞いていても、正確な情報が必要になるので、住民票を取得して確認します。 間違って他の人に送って...

回答日 2021年02月17日 09:45

一般的には総額に報酬割合を乗じた金額を一括で支払うことになるケースが多いと思います。 もっとも、弁護士や事務所によっては、支払い方法など異なるケースもありますので、弁護士を依頼する際には、そう...

回答日 2021年02月17日 09:43
この回答がある質問
通常訴訟

もう一つの質問に関してですが、妻の代理人については、差押えはご本人では難しいことが多いため、弁護士依頼を考えたが、前回依頼した弁護士が信頼できるので、再度お願いしたということではないでしょうか。 ...

回答日 2021年02月16日 12:54
この回答がある質問
自己破産

前提としてですが、破産申し立てに際し、非免責債権があり、非免責債権について分割の合意を行うことは、かなり特殊なケースです。 ですので、一般論が当てはまらないため、お答えが難しい点はご理解いただけれ...

回答日 2021年02月16日 12:48
この回答がある質問
自己破産

お話しの件については主に婚姻費用(生活費)関係についてですので、離婚自体とは直結しない点に注意してください。 離婚原因や慰謝料発生原因にはあまり関係してこないので、訴訟において主張するとしても間接...

回答日 2021年02月16日 12:29
この回答がある質問
裁判離婚

どういたしまして。 なお、他の先生への質問に関してですが、母か私の供述というのは、家計簿のこの数字はこれこれこういう内容のものを記載していたものです、とか、この費用はこれこれこういう経緯で母が...

回答日 2021年02月16日 10:04
この回答がある質問
裁判離婚

費用に関しては事務所ごとに違いますので、現在お願いしている弁護士にお話ししてみてください。追加になるかどうかは、最初のご依頼の時に決まります。もともと破産の中で養育費などの滞納もあることを弁護士に伝...

回答日 2021年02月16日 09:59
この回答がある質問
自己破産

信頼できる弁護士を探すには、何人か面談などで相談してみるしかないかと思います。 紹介機関としては、弁護士会や法テラスがあります。 また、自治体などで弁護士が来る相談会を開いている場合もあります。...

回答日 2021年02月15日 19:30
この回答がある質問
相続

証拠、証明の考え方ですが、証明したい事実を証拠からどのくらいの強さで推察できるかという点が重要になります。 ①の資料については、相手方が生活費は私が出したなどと話している場合に、学習塾代は母が...

回答日 2021年02月15日 18:51
この回答がある質問
裁判離婚

これまでの訴訟遂行の中で、こちらが絶対に離婚しないという争い方をしている場合には、相手方の有責性が著しく高ければ、同居期間と比べて別居期間が短いので離婚にならない可能性もあります。 しかし、訴訟遂...

回答日 2021年02月15日 18:39
この回答がある質問
不倫

債権者からは苦情を言われる可能性はあります。 自己破産においては、借り入れ時の状況によっては問題視される可能性もありますが、単に支払いが厳しくて借りたという程度では問題視されないかと思います。 ...

回答日 2021年02月15日 17:38
この回答がある質問
自己破産

> そこでご質問なのですが、免責後に分割で月々の養育費に上乗せして払いたいといった交渉は可能なのでしょうか。 交渉自体は可能かと思います。 > またその際には、現在の代理人の...

回答日 2021年02月15日 17:35
この回答がある質問
自己破産

> 相続する現金を実家に全て引き出されても違法ではないのでしょうか。 亡くなる直前の払い出しは、亡くなった本人の同意があるのか、何に使用したのかによって、違法性は異なります。 同意があ...

回答日 2021年02月15日 12:52
この回答がある質問
相続財産

離婚調停から円満調停への手続きの切り替えは良いにしても、相手方としては相談者の方針切り替えについて急にはついていけない可能性もあります。 ですので、急に訪問をするのは、今後の円満調停に差し障る可能...

回答日 2021年02月15日 12:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

質問1 マイナンバーを教える義務まではありません。少なくとも法律上、別れた夫に子のマイナンバーを知らせなければならない法律はないかと思います。 質問2 おそらく、養育費を支払っていることか...

回答日 2021年02月12日 14:58

連絡の内容にもよりますが、不当な要求であることも考えられますし、ただの嫌がらせの可能性もありますので、弁護士をつけて交渉窓口になってもらうのも一つです。 また、慰謝料など金銭面に関してもですが、請...

回答日 2021年02月12日 14:45

不貞とは性交渉のことをいいます。ですので、性行為ができないという場合、不貞は不可能ということになりますので、診断書などを提出する必要があります。 ただ、異性とホテルに入っていた場合、性交渉まで...

回答日 2021年02月12日 14:35
この回答がある質問
不倫

書類のタイトルは正直なんでも大丈夫です。 タイトルが違うからといって法的に無効にはなりません。 大切なのは中身です。 中身については、ある程度お話合いがまとまっているのであれば、弁護士に頼んで...

回答日 2021年02月12日 14:29
この回答がある質問
契約・借用書

> 質問1 > > 円満調停を申し立てる時に面会交流も申し立てた方がいいでしょうか? 円満調停で別居のままなのであれば、面会交流調停も申し立てた方がいいかもしれませんが...

回答日 2021年02月12日 14:27
この回答がある質問
離婚・男女問題

①同居していても婚姻費用という考え方は妥当します。 ②算定表は別居を前提としている部分がありますので、必ずしもそのまま妥当するわけではありませんが、算定表を基準として決めても不当ではありません...

回答日 2021年02月12日 11:36
この回答がある質問
婚姻費用

相続財産管理人の場合、選任費用と解体費は別途必要です。 相続財産破産の場合、破産管財人が選任されるかと思いますので、相続財産管理人同様の話になってきます。相続財産破産は相続財産を財産分離という...

回答日 2021年02月12日 10:26

祖父名義の建物は祖父の相続人全員の合意がないと解体できません。 債務負担を避けるため、全ての相続人が相続放棄をした場合、第三者が祖父名義の建物を解体することは、何らの権限もありませんので、できませ...

回答日 2021年02月11日 15:24

会社への不倫事実の通達は、名誉に害を加えることになり、その旨を告知してこちらに義務のないこと(要望を飲むこと)を行わせることになりますので、強要罪(刑法223条1項)に当たる可能性があります。 強...

回答日 2021年02月11日 15:06
この回答がある質問
協議離婚

ご記載のお話しから察しますに、おそらく弁護士の方針とあなたの方針が一致しないのだと思います。 失礼とか謝罪などに関しては、言った内容というより、言い方などの部分かと思いますので、文面では何とも判断...

回答日 2021年02月11日 14:59
この回答がある質問
熟慮期間

1 - 30 件を表示/全 518 件

白鳥 剛臣弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-3385
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
定休日:土・日・祝(ただし、土は応相談)
※外出している際は、折り返しさせていただきます

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり