お気に入りに追加
下大澤 優弁護士

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

本件での会社の対応には,労働基準法上の問題点が2つあります。 一つ目は,入社祝金・引越し費用の返還を理由として,給与の支払いを拒否することが,労基法24条1項(給与全額払いの規定)に違反すると...

回答日 2018年04月19日 21:43

派遣労働者であるからといって,労災を利用できないものではありません。 派遣元事業者には労災への加入義務がありますから,業務上の傷病であれば,労災申請を行うことが可能です。 派遣元事業者にきちんと...

回答日 2018年04月19日 21:27

慰謝料の考慮要素のひとつになることはあり得ますが,無断使用された金額がそのまま慰謝料に上乗せされるものではありません。 無断使用された金額は,婚姻費用額の中で清算することが適切かと思います。

回答日 2018年04月19日 12:06

不貞相手への対応を弁護士に依頼することは可能です。 この場合、こちらの配偶者への報告等、不必要な行為はやめるよう通知した上で、円満解決に向けて交渉をすることになります。 相手方との交渉までは含め...

回答日 2018年04月18日 22:00
この回答がある質問
不倫

①について 特有財産を運用して得た収入は、特別の事情(当該収入を家計に充てていた場合等)がない限り、婚姻費用の算定基礎とすべきではありません。 ただ、誠実に対応するとなれば、収入自体は正しく記載...

回答日 2018年04月17日 21:51

法的根拠に基づき何らかの主張を行うとすれば、貞操権侵害を理由とする慰謝料請求ということになります。 具体的には、妻帯者でないとの虚偽の事実告知により、相手方と性的関係をもち、性的自由が侵害されたこ...

回答日 2018年04月17日 21:36

お子さんとの面会交流権は、一方配偶者(本件では妻)の意向により奪われるものではありません。 したがいまして、妻の意向にかかわらず、お子さんとの面会交流を求める権利があります(虐待等がないことが前提...

回答日 2018年04月16日 21:53
この回答がある質問
面会交流

夫婦共有財産を整理すると,以下のとおりです。 ①自宅建物:−1000万円(自宅価値−ローン残額) ②預貯金:500万円 ③計:−500万円 ご質問者様が自宅建物の所有権・ローンをすべて引...

回答日 2018年04月15日 22:12
この回答がある質問
財産分与

不貞慰謝料とは,不貞被害者の精神的苦痛を金銭的に評価するものです。 不貞被害者の精神的苦痛の度合いは,当該被害者の個別事情(婚姻期間,子の有無等)によって変化するものですから,W不倫の場合であって...

回答日 2018年04月15日 21:52
この回答がある質問
不倫慰謝料

離婚調停の際に双方が提出した主張書面等,記録化されたものは当然提出可能です。 この場合,主張書面を書証として提出することになります。 調停の際に口頭でなされたやり取りは記録化されませんので,証拠...

回答日 2018年04月14日 20:40
この回答がある質問
調停離婚

再婚をし,妻を扶養する必要があるという理由に基づく減額請求でしょうか。 再婚相手を扶養する必要性は,直ちに減額の理由になるとまではいえません。 再婚相手に収入がなく,従前どおりの養育費額を支払う...

回答日 2018年04月13日 21:52
この回答がある質問
養育費

本件を弁護士に委任する場合には,刑事事件の私選弁護人として被害者との示談交渉を依頼することになります。 検察庁の担当者が弁護士への依頼を促す理由は,加害者が被害者と直接面会することによるトラブル(...

回答日 2018年04月12日 22:06

離婚請求が棄却される場合には,法的な離婚事由が存在しない =婚姻関係の破綻が認められない,ということになりますから,理論上は,請求棄却の後も貞操義務を負うことになります。 請求棄却判決が出た後に...

回答日 2018年04月11日 22:42
この回答がある質問
不倫

月々の収入のうち,前妻との子に対する養育費の負担が生じるわけですから,算定表に基いて婚姻費用を算定することはできません(ご指摘のとおりです)。 算定表を利用できない以上,計算式に基いて適切な婚姻費...

回答日 2018年04月11日 22:12
この回答がある質問
婚姻費用

仮に,現時点で預金を移動されたとしても,財産分与対象財産から除外されることにはなりません。 離婚協議を開始した後に多額の預金の移動があれば,財産隠匿目的であることは容易に推測されますから,移動した...

回答日 2018年04月10日 22:25

返還請求を行う方法として最も簡便なのは,交渉です。 貸主に対し,過払い賃料の返還を求める旨連絡(書面での連絡をお勧めいたします)をすることになります。 書面には,こちらの返還請求権に法的根拠(不...

回答日 2018年04月10日 22:13
この回答がある質問
過払い金

駐車場の賃貸借契約を解約する旨の通知を送付していたのであれば,賃貸借契約は終了することになります(解約の効果がどの時点で生じるのかは,賃貸借契約書の記載によります)。 そうすると,ご質問者様には,...

回答日 2018年04月10日 21:59
この回答がある質問
過払い金

お父様は現在意思能力を失っており,貸金返還請求ができない状態ということですね。 そのような事情ですと,家庭裁判所に成年後見人選任の申立をし,成年後見人が(お父様の代理人として)借り主に対し貸金返還...

回答日 2018年04月10日 21:43
この回答がある質問
契約・借用書

交際関係中の生活費等の請求は,訴訟において認容される可能性が極めて低いものです。 事前に負担についてきちんと合意していたのであればともかくとして,交際関係終了後に交際期間中の費用を請求したとしても...

回答日 2018年04月09日 23:56
この回答がある質問
不倫慰謝料

妻が不貞の事実を認めているのであれば,慰謝料請求が認容される可能性は高いです。 この場合の慰謝料の内容は,「不貞により離婚を余儀なくされたことによる精神的苦痛に対する損害賠償」ということになります...

回答日 2018年04月08日 22:49
この回答がある質問
不倫慰謝料

> 1 金銭的にこのまま別居を続けるのよ、離婚をして家を売却するのと、どちらが夫として得なので しょうか。 →夫婦双方の収入状況によりますが,婚姻費用として月額14万円を払い,住宅ローンも月...

回答日 2018年04月08日 06:28
この回答がある質問
婚姻費用

ご記載いただいたご事情からすると,相手方妻が弁護士を代理人に就けたのだと思われます。 弁護士が相手方男性の代理人に就任していない場合,男性との関係で弁護士が交渉窓口となるわけではないので,一切連絡...

回答日 2018年04月08日 06:13
この回答がある質問
不倫

①こちらから不貞相手女性に対する慰謝料請求と,②相手方男性から夫に対する不貞慰謝料請求は別個の請求ですから,①の請求を行えば,不貞相手女性から慰謝料の支払いを受けることを可能です。 ただ問題は,夫...

回答日 2018年04月06日 21:59
この回答がある質問
離婚・男女問題

不貞は,不貞当事者による共同不法行為であり,不真正連帯債務の関係が成立します。 そして,不真正連帯債務の債務者は,各自が債務全額の支払義務を負います。 ただし,債務者の一方が債務全額の支払をすれ...

回答日 2018年04月06日 21:38
この回答がある質問
不倫慰謝料

労働者が,過失により使用者に損害を与えたとしても,当然に損害の全額を賠償すべきとの結論には至りません。 これは,使用者は,労働者を(リスクのある業務に就かせ)使用することにより利益を得ているのであ...

回答日 2018年04月05日 21:34

> 1. 夫から入金が途絶えた場合、夫名義のローン返済をしないことは問題になりますか?私が夫婦両方の銀行カードを所持しており、夫婦お互い連帯保証人になっています。 →夫名義のローンであるとし...

回答日 2018年04月05日 21:25

病院側は,リハビリを実施するにあたり,患者の症状を考慮した適切な指導等を行う義務を負います。 したがいまして,リハビリの指導内容に誤りがある場合には,病院の義務違反を理由に損害賠償請求を行うことが...

回答日 2018年04月04日 16:31

主債務の弁済期が到来してから既に10年が経過しているのだとすれば,消滅時効の援用が可能です(短期消滅時効が適用される債務ならば,より短期間で時効が完成します)。 まずは,債務の内容を確認し,時効の...

回答日 2018年04月04日 16:22

車にGPSを設置し配偶者の行動を監視することについては、プライバシー侵害の問題が生じます。 したがいまして、「100%適法なので安心してGPSを設置してください」とまでは申し上げられません。 ...

回答日 2018年04月03日 21:50
この回答がある質問
離婚・男女問題

本件慰謝料の根拠を、「不貞により離婚を余儀なくされたことによる精神的苦痛」と考えると、離婚の成立によって損害が生じた、すなわち、時効の起算点は平成27年8月31日であると考えることも可能です。 こ...

回答日 2018年04月03日 21:27
この回答がある質問
離婚慰謝料

1,471 - 1,500 件を表示/全 2,082 件

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く