お気に入りに追加
下大澤 優弁護士

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

離婚に関連する損害賠償請求(例えば、不貞慰謝料等)であれば、離婚調停手続きの中で行うことが可能です。 離婚調停申立書には、どのような調停を求めるかを記載する欄がありますので、相手方に対する損害賠償...

回答日 2019年09月25日 05:42
この回答がある質問
調停離婚

ご記載いただいたご事情からしますと、財産分与として、過去のリフォーム代を夫に対して支払う必要はありません。 過去のリフォーム代を財産分野の場面で考慮するとすれば、不動産の現在価値に占めるリフォーム...

回答日 2019年09月24日 06:38
この回答がある質問
離婚・男女問題

財産分与によって取得した財産に課税がされるのは、取得した財産の額が、夫婦共有財産の総額及びその他の事情に照らして多すぎる場合です。 つまり、課税がされるか否かは、分与された財産額のみを基準とするの...

回答日 2019年09月23日 21:25
この回答がある質問
財産分与

本件の場合、お子さんが24歳になった時点ですでに4月が到来していますから、「24歳に達した後の最初に到来する4月」とは、お子さんが24歳に達した年の翌年の4月を意味します。 つまり、お子さんが24...

回答日 2019年09月23日 21:01
この回答がある質問
養育費

婚姻費用の過払い分を今後の婚姻費用から控除することが可能か、というのがご質問の趣旨かと存じます。 このような処理が全くありえないわけではありませんが、本件の事情では難しいかと思います。 婚姻関係...

回答日 2019年09月22日 20:32
この回答がある質問
婚姻費用

慰謝料請求の訴訟を提起する場合には、相手方の住所を把握する必要があります。 ただ、まずは交渉手続きから着手するということであれば、相手方の電話番号に電話をかけ、こちらの主張を伝えると言うことも可能...

回答日 2019年09月22日 20:24

 月350時間の労働時間が生じていたとなると,月の所定労働時間を170時間程度と仮定した場合,約180時間の時間外労働を行っていたことになります。  時間外労働を行っていたことを立証できる目処があ...

回答日 2019年09月22日 05:08
この回答がある質問
残業

 交通事故による損害賠償として,自動車の修理期間中の代車費用を加害者側に請求することができます。  ただし,代車費用は無制限に認められるものではなく,修理を行うために必要な期間(通常は2週間〜1ヶ...

回答日 2019年09月21日 06:16
この回答がある質問
示談交渉

> 1.この状態で調停に申し立てて、親権を守れますか? ↓  離婚調停は,当事者の合意形成を目的とした手続ですから,一方的に親権者を指定されることはありません。  離婚訴訟に至った場合,...

回答日 2019年09月21日 06:07

 相手方がどのような根拠 で婚姻期間中の生活費の半額を請求しているのかは不明ですが,基本的には,相手方の請求に応じるべき法的義務はないと思われます。  同居期間中は,夫婦双方の合意に基づいて生活...

回答日 2019年09月18日 23:24
この回答がある質問
離婚・男女問題

 別居期間が短期であることからすると,夫側は可能な限り話合いでの離婚成立を希望するものと思われます。  現状では,離婚を回避したい旨を率直に主張することが適切です。  また,夫がなぜ離婚を望むの...

回答日 2019年09月18日 23:11
この回答がある質問
協議離婚

 医療過誤訴訟においては,A号証は医療行為等の事実経過に関する証拠,B号証は医療行為の評価に関する証拠,C号証は損害立証のための証拠,と分類します。  証拠を提出する際には,「どのような事実(ある...

回答日 2019年09月18日 00:34
この回答がある質問
通常訴訟

 お子さんと相手方との父子関係を前提に,認知を求めることは可能です。  そして,相手方が認知に応じた場合,法的な父子関係が成立しますから,しかるべき養育費を求めることも可能です。  相手方が認知...

回答日 2019年09月16日 11:17
この回答がある質問
婚約破棄

 婚姻費用算定表は,夫婦が別居していることを前提に,生活費等の負担額を簡易に算定するものです。  同居中となると,算定表によって算定される金額を若干修正する必要があると思われます。  例えば,家...

回答日 2019年09月15日 22:27
この回答がある質問
婚姻費用

 現時点で宿泊を伴う面会交流を実施することを避けたいのであれば,一例ではありますが,「非親権者と子との宿泊を伴う面会交流の可否,及び,方法については,今後の面会交流の実施状況を踏まえ,子の福祉に配慮...

回答日 2019年09月15日 21:54

 調停が不成立となった後,ただちに訴訟を提起することは可能です。  ただし,「訴訟を提起することができること」と,「訴訟において離婚が認められること」は区別する必要があります。  訴訟を提起した...

回答日 2019年09月15日 21:38
この回答がある質問
不倫

 夫の収入を700万円,ご質問者様の収入を年額84万円と仮定した場合,適切な養育費は月額13万円です。  したがいまして,現時点での養育費額は適切かと思います。  上のお子さんが15歳になっ...

回答日 2019年09月14日 00:20
この回答がある質問
養育費

 独身時に存在した預金であっても,婚姻後の預金の変動により特有財産と共有財産との判別が困難になることはあり得ます。  このような場合,特有財産性を立証することは極めて困難となります。  独身時の...

回答日 2019年09月14日 00:12
この回答がある質問
財産分与

 不貞当事者自らが不貞を認める発言をし,それを録音できるのであれば,証拠としての価値は高いです。  録音をする場合は,不貞期間,不貞の頻度,性行為の有無,不貞相手の氏名といった情報を盛り込めると,...

回答日 2019年09月12日 22:43

 養育費請求の調停は,①既に養育費額の合意が成立していることを前提に増額を求める,②養育費の合意が成立していないことを前提に養育費額の取り決めを求める,のいずれかとなります。  本件ではおそらく,...

回答日 2019年09月11日 22:15

 まず前提として,労基法が定める休日は1週間あたり1日であり,「最低年間休日105日」との定めが存在するわけではありません。  ただ,労基法上は1週間あたり40時間を超える労働時間は時間外労働とさ...

回答日 2019年09月10日 22:32

> ①裁判は調停を行った場所で行うのですか? ↓  調停の管轄裁判所と訴訟の管轄裁判所とは必ずしも一致しませんから,調停と異なる裁判所で訴訟が実施されることもあります。 > ②...

回答日 2019年09月10日 22:01
この回答がある質問
別居

 ご指摘のとおり,業務を遂行するのに十分な人員を確保することは会社の責務であり,人員確保ができないからといって労働者が退職時期を制限される合理性はありません。  したがいまして,所定の退職予告期間...

回答日 2019年09月08日 19:55
この回答がある質問
退職 損害賠償

・慰謝料について  夫婦双方に有責事由が存在しないのであれば,離婚に伴う慰謝料を支払う義務はありません。  ただし,確たる離婚事由が存在しないとなると,相手方が離婚に応じない限り,速やかな離婚成...

回答日 2019年09月07日 10:27

 相手方が離婚訴訟を提起した場合に円満調整調停を申し立てることは可能ですが,訴訟提起に至っている以上相手方の離婚意思は強固であることが推測されますから,円満調整調停が円滑に進行する可能性は乏しい(即...

回答日 2019年09月07日 06:57
この回答がある質問
調停離婚

 家族信託を利用したとしても,夫婦共有財産性が失われる結果には直結しません。  特に本件の場合,離婚協議の前後に信託がされたとのことですから,相手方が財産分与を免れるために信託を利用した疑いが強く...

回答日 2019年09月05日 23:32
この回答がある質問
財産分与

 不貞相手男性に慰謝料の一部負担を求めること自体は,不当なものではありません。  また,不貞相手男性に対し面会を求めることも,それ自体が不適切であるとはいえません。  ただし,面会を求める際の言...

回答日 2019年09月05日 22:30
この回答がある質問
不倫慰謝料

 望まない妊娠の上,中絶を余儀なくされたことを理由とする慰謝料としては,200万円の提示は決して低額ではないと思います。  具体的なご事情を把握できないので確たることは申し上げられませんが,仮に本...

回答日 2019年09月04日 16:46
この回答がある質問
中絶

 ご記載のご事情の場合,前妻との子に対する養育費額を算定表からそのまま控除するのではなく,一定の計算式に基づき養育費額を算定することが適切です。  ざっと計算したところでは,①前妻との子の存在を考...

回答日 2019年09月01日 00:32
この回答がある質問
養育費

 夫婦が別居した場合,収入が少ない側が収入の多い側に対し,相応の生活費(婚姻費用といいます)を請求することができます。  また,未成年のお子さんなど,要扶養状態にあるお子さんとともに別居をした場合...

回答日 2019年08月30日 23:24
この回答がある質問
別居

871 - 900 件を表示/全 2,082 件

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く