お気に入りに追加
下大澤 優弁護士

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

【質問1】 当時は若く、ショックと焦りから全てを受け入れてしまいましたが、今になって不倫相手に事実を伝えてやりたい気持ちが強まっています。 不倫相手への慰謝料請求はできますか? ↓  離婚を...

回答日 2022年02月14日 06:31
この回答がある質問
不倫慰謝料

 保育料は、お子さんのための教育費の一種と考えることができます。  婚姻費用算定表によって算定された婚姻費用の中には、お子さんの年齢に応じた標準的な教育費(年額13万円程度)が既に含まれています。...

回答日 2022年02月11日 21:12

 今後の方針を考える前提として、「内縁関係の解消自体は一方的な意思表示で行うことができる」という点をおさえた方がよいと思います。  法律婚の場合には、双方の同意によって離婚が成立しなければ裁判で離...

回答日 2022年02月11日 20:57
この回答がある質問
内縁

 入期間中は、離婚の協議を進めることは難しいと思います。  夫側の代理人弁護士が直接病院を訪ねることは考えにくいので、連絡を取り合うとすれば電話やメールといった方法によることになるでしょう。  ...

回答日 2022年02月09日 06:12
この回答がある質問
協議離婚

【質問1】 通常、養育費はいくら(金額)をいつまでという決め方だと思いますが、途中で金額の見直しをすることを決めておけますか? ↓  相手方の収入の変動が確実に予測される場合、あらかじめ養育費...

回答日 2022年02月09日 05:53

 いつの時点で退職をするかは、労働者が自由に決定することができます(所定の予告期間は満たす必要がありますが)。  会社が今年度中の退職を求めたとしても、これに従う必要はありません。  ご質問者様...

回答日 2022年02月07日 23:53
この回答がある質問
退職

 本件では、「調停に代わる審判」がなされたのだと思われます。  この場合、当事者が「審判の告知を受けた日」の翌日から2週間を経過した時点で審判が確定します。  審判の告知は、審判書を送達すること...

回答日 2022年02月07日 23:49
この回答がある質問
養育費

 相手方が申立てた離婚調停に関しては、代理人弁護士が就いている場合には申立書に弁護士の氏名などが明記されているはずです。  明記されていないとすれば、本人対応と考えてよいでしょう。  婚姻費...

回答日 2022年02月07日 23:34

 養育費の金額を算定する場合、相手方がどの程度の生活費を支出しているかは重要ではありません。  重要なのは、双方の収入です。  養育費は、双方の収入に応じて算定されますから、「生活費を考えると、...

回答日 2022年02月05日 22:49

【質問1】 減額調停を控えていますが、私が再婚し専業主婦+養子+今産まれた子供で扶養家族が三人増えました。このことを踏まえ、金額はいくらが妥当なのでしょうか?専業主婦の妻を扶養しているぶんも考慮さ...

回答日 2022年02月04日 05:19
この回答がある質問
養育費

 懲戒解雇処分によって退職を余儀なくされたとなると、相手方は重大な違反行為をしたのだと推測されます。  これによって収入が減少するのは相手方の責任ですから、婚姻費用が増額される扱いに納得し難いお気...

回答日 2022年02月03日 06:43

 合意書に転居をする約束を記載したとしても、このような約束が法的な拘束力をもつとは考え難いです。  相手方が約束違反を理由として法的措置を講じるとすれば、考えられるのは損害賠償請求です。  しか...

回答日 2022年02月01日 23:55
この回答がある質問
不倫慰謝料

【質問1】 この返済についてですが、夫の給料のみで生活しているので生活費から払わなければなりませんか?家族にしわ寄せ来る事に納得できません。 ↓  同居を続けていくとなると家計はひとつですから...

回答日 2022年02月01日 23:48

 ご記載のご事情からすると、ご質問者様の特有財産の大部分は自宅の頭金に充てられたことと存じます。  この場合、「自宅の価値のうち、ご質問者様の特有財産が占める割合はどの程度か」という視点で財産分与...

回答日 2022年01月31日 05:25

 義父の請求を法的に裏付けるとすれば、その根拠は「不当利得返還請求」になると思います。  とはいえ、義父との同居中に負担してもらった過去の光熱費が「不当利得」とされる可能性はゼロに等しいと考えてよ...

回答日 2022年01月29日 06:43

 審判離婚は特殊なケースのみに用いるものなので、本件では裁判離婚を念頭に考えることが適切です。  裁判離婚の場合、裁判所は「離婚を認めるか否か」を判断します。  判決によって示されるのは「離...

回答日 2022年01月27日 23:08

ご質問1について  相手方が自宅を購入し、ローンの負担が発生したとしても、養育費減額の判断には基本的に影響しません。  この点については、相手方の主張は筋を外しております。 ご質問2につい...

回答日 2022年01月27日 23:00
この回答がある質問
養育費

 ご質問者様の給与が口座振込であったとすれば、通帳に毎月の給与の振込履歴が記載されているかと思います。  通帳のコピー(または写真)を相手方に示せば、ご質問者様の給与が同一の口座に振り込まれていた...

回答日 2022年01月26日 23:48
この回答がある質問
離婚・男女問題

 合意の当事者さえ特定できれば、現住所を記載しなくとも有効な合意書(離婚協議書)となります。  夫婦の合意書であれば合意の当事者は明らかなので、氏名だけを記載し、双方署名・捺印をすれば十分です。

回答日 2022年01月26日 23:44

 今後養育費の減額についてトラブルが生じた場合、判断の手がかりとなるのは合意書です。  減額事由とならない事項について合意ができているのであれば、合意書に明記しておくことをお勧めいたします。  ...

回答日 2022年01月25日 17:07
この回答がある質問
養育費

 居住場所を制限する約束は、法的な有効性は認められ難いです。  仮に約束違反が発生したとしても、前の居住場所に戻るよう強制したり、違約金の支払いを求めるといったことは極めて難しいと思われます。 ...

回答日 2022年01月24日 05:52
この回答がある質問
協議離婚

【質問1】 この場合、養育費の減額は可能でしょうか?またどのタイミングで減額交渉するのがいいのでしょうか? やはり子供が産まれてからですか? ↓  前妻の収入がどの程度あるかにより減額幅は異...

回答日 2022年01月24日 05:45
この回答がある質問
養育費

【質問1】 離婚後、妻子は引き続き今の住宅に住み続ける為、住宅は売却せず妻名義に変更する。但し、住宅ローンについては引き続き私が支払う。こちらは可能でしょうか。 ↓  住宅ローンが残っている状...

回答日 2022年01月23日 09:19
この回答がある質問
養育費

 コロナに感染し、入社日に出社できないことのみを理由に内定取り消しをしたとしても、このような内定取り消しが法的に有効とされる余地はないと思います。  内定取り消しは使用者が自由にできるものではなく...

回答日 2022年01月21日 23:04
この回答がある質問
内定取消

【質問1】 この場合、別居以降の賃貸マンションの家賃を私も負担する必要がありますか?また、婚姻費用を過分に受け取り過ぎていると判断されますか? ↓  賃貸マンションの契約名義が夫にあるとすれば...

回答日 2022年01月20日 23:50
この回答がある質問
調停離婚

 ①は、現在の状況に照らして養育費の月額自体を増額することを意味します。  ②は、大学の学費等、基礎的な養育費だけではカバーできない費用の負担を意味します。  大学の学費等を相手方に負担してもら...

回答日 2022年01月20日 06:18
この回答がある質問
養育費

 ご質問者様は既に成年になっておりますから、お母様の親権に服すものではありません。  成年である以上、ご質問者様の財産管理権はご質問者様ご自身が行使することになります。  父親から受領する金額は...

回答日 2022年01月20日 06:11
この回答がある質問
養育費

【質問1】 まだ婚姻関係ではない以上経済的DVには該当しませんか? また、この後もし別れることになった場合婚約破棄に該当しますか? ↓  婚姻関係にない以上は扶養義務は生じませんから、経済的...

回答日 2022年01月18日 05:57
この回答がある質問
不倫

 財産分与の対象となる財産の範囲を確定する基準時は別居開始日ですが、財産の価値評価をする基準時は清算時(現在価値)となります。  株式のように価値が変動する財産の場合、財産分与基準時に分与がなされ...

回答日 2022年01月18日 05:46
この回答がある質問
財産分与

 そもそも、退職後に在籍スタッフとの連絡を禁止する目的が不明ですし、連絡をしたことによって使用者に損害が発生するとも考えられません。  このような内容で訴訟を提起したとしても、使用者の請求(そもそ...

回答日 2022年01月16日 23:05
この回答がある質問
誓約書

31 - 60 件を表示/全 2,082 件

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く