お気に入りに追加
下大澤 優弁護士

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

 婚姻費用に関しては、シンプルな事案であれば、最終的に審判に移行した上で算定表基準の金額になる見通しがつきます。  ただ実際には、相手方から様々な反論が提出され、それに対しこちらの主張を適切に行わ...

回答日 2022年04月01日 21:44
この回答がある質問
審判離婚

 夫婦の離婚が成立した状況のもと、離縁のみを回避することは難しいところです。  離婚をしてしまうと、相手方とお子さんとの交流もなくなってしまう可能性が高いでしょうから、このような状況で養子縁組を継...

回答日 2022年03月29日 23:33
この回答がある質問
調停離婚

【質問1】 例えば婚姻前に貯めた預貯金が500万あったとして、別居もしくは離婚時に200万まで減っていた場合は預貯金の財産分与は無しという認識で合っていますでしょうか? 通帳は過去のものも全て保...

回答日 2022年03月29日 05:42
この回答がある質問
財産分与

【質問1】 増額とはいかなくても、入学金や制服代などの初期費用を追加でもらえたりする事は出来ないのでしょうか? ↓  私立学校に進学する場合、月々の養育費ではカバーできない学費等の負担を求める...

回答日 2022年03月29日 05:24
この回答がある質問
養育費

 婚姻後から一貫して資産が減少していないとすれば、婚姻前の特有財産が維持されていると主張できる可能性があります。  ただ、この点をきちんと説明するとなると、婚姻当時から現在までの預金の動きについて...

回答日 2022年03月20日 00:04
この回答がある質問
財産分与

 研修が業務上必要なものであり、受講をするか否かの決定権が労働者にない場合には、退職を理由として研修費用の返還を請求することは難しいです。  会社の業務内容や、研修費用の額といった詳しい事情を把握...

回答日 2022年03月14日 23:27

 財産分与を検討する際は、まず双方が任意に財産資料(通帳や保険証券など)を開示することがベースになります。  これはあくまでも任意の開示ですから、拒否することはできます。  ただ、開示を拒否...

回答日 2022年03月14日 23:18

 求償権放棄をこちらから提案することは問題ありません。  求償権を行使するとなると紛争の解決が長引くため、求償権放棄と引き換えに慰謝料を減額して解決することはよくあります。  なお、提示する金額...

回答日 2022年03月12日 23:11
この回答がある質問
不倫慰謝料

 夫が有責配偶者であることを前提とすると、夫からの離婚請求が認められる可能性が高まるのは、「お子さんが経済的に自立したタイミング」になると思われます。  いつをもって経済的に自立したといえるかはケ...

回答日 2022年03月12日 23:01

 3000万円の贈与を受けた事実を証明するとなると、まずは当時のお金の動きを説明できる資料が重要になります。  3000万円を現金で受け取ることは考えにくいでしょうから、3000万円が口座に入金さ...

回答日 2022年03月12日 02:04
この回答がある質問
財産分与

 一般的には、特有財産から支出した額そのものを売却益から取り分けるのではなく、「不動産購入価格に占める特有財産支出額」を基準にすることが多いです。  つまり、ご質問者様が支出した特有財産額が不動産...

回答日 2022年03月12日 01:55
この回答がある質問
財産分与

【質問1】 判決確定時点で既に子供は産まれていたため、養育費の減額可能な条件となる「事情の変更」には該当しないと思うのですが、それでも養育費は減額されてしまうのでしょうか。 ↓  再婚の時期か...

回答日 2022年03月03日 22:41
この回答がある質問
養育費

 協議書に、養育費の額や支払方法などがきちんと記載されているのであれば、取り決めた通りの養育費を請求する権利があります。  ただ、今後の強制執行の可能性を考えると、未払分を含め、一度調停できちんと...

回答日 2022年03月03日 22:35
この回答がある質問
養育費

 養育費の減額が妥当とされるのは、「合意の当時に予測しえない事情の変更が生じた場合」です。  合意をしたときに予測し得なかった事情の変更が生じた場合には、それに合わせて養育費額を見直す必要がありま...

回答日 2022年02月28日 23:11
この回答がある質問
養育費

 ご質問者様の年収が300万円であるとすると、元妻の収入がゼロであると仮定しても、適切な養育費は月額5万円程度が目安です。  月額13万円という養育費は適切な金額を大幅に超えるものですから、支払い...

回答日 2022年02月28日 22:49
この回答がある質問
養育費

1.奥様は違約金だけでなく、彼からも慰謝料請求できるのか ↓  違約金は、あくまでもご質問者様と相手方(妻)との間の合意ですから、夫に対し別途慰謝料請求をする余地はあります。  とはいえ、ご質...

回答日 2022年02月27日 22:16

 本件では、重度脳性麻痺という重大な結果が生じているため、損害賠償の額は大きくなることが想定されます。  適切な損害賠償額をご質問者様ご自身で算定することは容易ではないため、弁護士に相談する必要性...

回答日 2022年02月27日 21:58
この回答がある質問
医療

【質問1】 相場の数十万〜100万に減額できる可能性は高いですか。 ↓  不貞の期間は3年と比較的長期なので、この点はご質問者様に不利に働く可能性があります。  他方で、相手方夫婦が婚姻関係...

回答日 2022年02月26日 23:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

 婚姻費用と養育費は、支払義務が発生するタイミングが異なります。  婚姻費用は離婚成立まで、養育費は離婚後に発生するという関係にあります。  ご質問者様が婚姻費用を支払い立場にあるとすれば、支払...

回答日 2022年02月26日 23:14

 ベビー用品等の購入費用は、生まれてくるお子さんの監護養育のために支出されるものであるため、養育費に含まれると理解せざるを得ないと思われます。  ただ、「出産準備費用は養育費に含まれているのだから...

回答日 2022年02月26日 23:07
この回答がある質問
養育費

【質問1】 元妻が子供達名義で口座を作成し、私名義の口座に入った児童手当を手渡しで元妻に渡し子供達名義の口座に入金するという形です。そうした場合も2人の共有財産にあたりますか? ↓  同居期間...

回答日 2022年02月24日 23:50
この回答がある質問
離婚・男女問題

 婚約関係や内縁関係にあった場合、関係の解消に伴う慰謝料請求などを弁護士に依頼することは多々あります。  ただ、単なる交際関係の場合、関係の解消に伴う慰謝料等を請求することは原則としてできません。...

回答日 2022年02月24日 23:40
この回答がある質問
離婚・男女問題

 興信所の調査費用は様々ですが、基本的には、調査に要する時間に応じて費用が増加します。  不貞をする日が特定でき、ピンポイントで調査を依頼する場合は費用を安く(10〜30万円程度でしょうか)抑えら...

回答日 2022年02月24日 23:32
この回答がある質問
離婚・男女問題

 遠い将来のことではありますが、仮にご記載の約束をした場合、将来的に効力が発生する可能性は十分あります。  約束の効力が発生する時点でご質問者様が失職をしていたりすれば約束自体を見直す必要がありま...

回答日 2022年02月21日 22:34

 結婚期間に負った借金の処理が問題となることは多々あるのですが、財産分与の場面では、基本的に借金を分与することができません。  これは、財産分与とはプラスの財産を分ける手続であり、マイナスの財産を...

回答日 2022年02月21日 22:22
この回答がある質問
財産分与

 公正証書を作成するメリットは、金銭支払の不履行が発生した際にただちに強制執行に着手できる条項を設けることができることにあります。  これは金銭支払を求める側(権利者)にとってのメリットですから、...

回答日 2022年02月19日 22:12

【質問1】 これから調停において,婚姻費用及び養育費を決めていくに当たり,妻の失業保険(R4まで支給)は収入として算定することの主張は妥当でしょうか。 ↓  失業保険は失業者の生活の安定のため...

回答日 2022年02月18日 23:53
この回答がある質問
養育費

【質問1】 婚姻費用をもらい続けたいから離婚したくない、は離婚しない理由になりますか? ↓  「経済的不安があるため離婚には応じられない」ということ自体は不合理ではありません。  仮に調停委...

回答日 2022年02月16日 22:42
この回答がある質問
調停離婚

 特別費用を分割で支払うことができないというわけではなく、互いの合意があれば分割での支払いも可能です。  ただ、特別費用は即時の支払いが必要となることが多いので、分割払いだと権利者(支払いを受ける...

回答日 2022年02月14日 22:01
この回答がある質問
養育費

 現状では夫側に不利な和解案が示されていますから、もう少し有利な和解条件を得るために「必要の範囲内で反論する」ということかと思われます。  つまり、夫としては和解を即時に決裂させることまでは意図し...

回答日 2022年02月14日 06:43

1 - 30 件を表示/全 2,082 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く