お気に入りに追加
下大澤 優弁護士

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

【質問1】 例えば婚姻前に貯めた預貯金が500万あったとして、別居もしくは離婚時に200万まで減っていた場合は預貯金の財産分与は無しという認識で合っていますでしょうか? 通帳は過去のものも全て保...

回答日 2022年03月29日 05:42
この回答がある質問
財産分与

 研修が業務上必要なものであり、受講をするか否かの決定権が労働者にない場合には、退職を理由として研修費用の返還を請求することは難しいです。  会社の業務内容や、研修費用の額といった詳しい事情を把握...

回答日 2022年03月14日 23:27

 財産分与を検討する際は、まず双方が任意に財産資料(通帳や保険証券など)を開示することがベースになります。  これはあくまでも任意の開示ですから、拒否することはできます。  ただ、開示を拒否...

回答日 2022年03月14日 23:18

 求償権放棄をこちらから提案することは問題ありません。  求償権を行使するとなると紛争の解決が長引くため、求償権放棄と引き換えに慰謝料を減額して解決することはよくあります。  なお、提示する金額...

回答日 2022年03月12日 23:11
この回答がある質問
不倫慰謝料

 夫が有責配偶者であることを前提とすると、夫からの離婚請求が認められる可能性が高まるのは、「お子さんが経済的に自立したタイミング」になると思われます。  いつをもって経済的に自立したといえるかはケ...

回答日 2022年03月12日 23:01

 3000万円の贈与を受けた事実を証明するとなると、まずは当時のお金の動きを説明できる資料が重要になります。  3000万円を現金で受け取ることは考えにくいでしょうから、3000万円が口座に入金さ...

回答日 2022年03月12日 02:04
この回答がある質問
財産分与

 一般的には、特有財産から支出した額そのものを売却益から取り分けるのではなく、「不動産購入価格に占める特有財産支出額」を基準にすることが多いです。  つまり、ご質問者様が支出した特有財産額が不動産...

回答日 2022年03月12日 01:55
この回答がある質問
財産分与

【質問1】 判決確定時点で既に子供は産まれていたため、養育費の減額可能な条件となる「事情の変更」には該当しないと思うのですが、それでも養育費は減額されてしまうのでしょうか。 ↓  再婚の時期か...

回答日 2022年03月03日 22:41
この回答がある質問
養育費

 残念ながら、お子さんの携帯電話料金(新規契約のための諸費用を含む)に関しては、相手方に請求することは難しいというのが実情です。  お子さんの携帯電話料金は、相手方から月々支払われる婚姻費用によっ...

回答日 2022年03月02日 22:13
この回答がある質問
別居

 養育費の減額が妥当とされるのは、「合意の当時に予測しえない事情の変更が生じた場合」です。  合意をしたときに予測し得なかった事情の変更が生じた場合には、それに合わせて養育費額を見直す必要がありま...

回答日 2022年02月28日 23:11
この回答がある質問
養育費

 ご質問者様の年収が300万円であるとすると、元妻の収入がゼロであると仮定しても、適切な養育費は月額5万円程度が目安です。  月額13万円という養育費は適切な金額を大幅に超えるものですから、支払い...

回答日 2022年02月28日 22:49
この回答がある質問
養育費

 本件では、重度脳性麻痺という重大な結果が生じているため、損害賠償の額は大きくなることが想定されます。  適切な損害賠償額をご質問者様ご自身で算定することは容易ではないため、弁護士に相談する必要性...

回答日 2022年02月27日 21:58
この回答がある質問
医療

【質問1】 相場の数十万〜100万に減額できる可能性は高いですか。 ↓  不貞の期間は3年と比較的長期なので、この点はご質問者様に不利に働く可能性があります。  他方で、相手方夫婦が婚姻関係...

回答日 2022年02月26日 23:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

 婚姻費用と養育費は、支払義務が発生するタイミングが異なります。  婚姻費用は離婚成立まで、養育費は離婚後に発生するという関係にあります。  ご質問者様が婚姻費用を支払い立場にあるとすれば、支払...

回答日 2022年02月26日 23:14

 ベビー用品等の購入費用は、生まれてくるお子さんの監護養育のために支出されるものであるため、養育費に含まれると理解せざるを得ないと思われます。  ただ、「出産準備費用は養育費に含まれているのだから...

回答日 2022年02月26日 23:07
この回答がある質問
養育費

 遠い将来のことではありますが、仮にご記載の約束をした場合、将来的に効力が発生する可能性は十分あります。  約束の効力が発生する時点でご質問者様が失職をしていたりすれば約束自体を見直す必要がありま...

回答日 2022年02月21日 22:34

【質問1】 婚姻費用をもらい続けたいから離婚したくない、は離婚しない理由になりますか? ↓  「経済的不安があるため離婚には応じられない」ということ自体は不合理ではありません。  仮に調停委...

回答日 2022年02月16日 22:42
この回答がある質問
調停離婚

【質問1】 不貞行為をしていなくても、部屋に入れたら不貞行為になるのですか?? ↓  部屋に入れたからといって、ただちに不貞が認定されるものではありません。  裁判所が不貞の有無を判断する場...

回答日 2022年02月14日 22:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

 今後の方針を考える前提として、「内縁関係の解消自体は一方的な意思表示で行うことができる」という点をおさえた方がよいと思います。  法律婚の場合には、双方の同意によって離婚が成立しなければ裁判で離...

回答日 2022年02月11日 20:57
この回答がある質問
内縁

 入期間中は、離婚の協議を進めることは難しいと思います。  夫側の代理人弁護士が直接病院を訪ねることは考えにくいので、連絡を取り合うとすれば電話やメールといった方法によることになるでしょう。  ...

回答日 2022年02月09日 06:12
この回答がある質問
協議離婚

【質問1】 通常、養育費はいくら(金額)をいつまでという決め方だと思いますが、途中で金額の見直しをすることを決めておけますか? ↓  相手方の収入の変動が確実に予測される場合、あらかじめ養育費...

回答日 2022年02月09日 05:53

 いつの時点で退職をするかは、労働者が自由に決定することができます(所定の予告期間は満たす必要がありますが)。  会社が今年度中の退職を求めたとしても、これに従う必要はありません。  ご質問者様...

回答日 2022年02月07日 23:53
この回答がある質問
退職

 本件では、「調停に代わる審判」がなされたのだと思われます。  この場合、当事者が「審判の告知を受けた日」の翌日から2週間を経過した時点で審判が確定します。  審判の告知は、審判書を送達すること...

回答日 2022年02月07日 23:49
この回答がある質問
養育費

 相手方が申立てた離婚調停に関しては、代理人弁護士が就いている場合には申立書に弁護士の氏名などが明記されているはずです。  明記されていないとすれば、本人対応と考えてよいでしょう。  婚姻費...

回答日 2022年02月07日 23:34

【質問1】 減額調停を控えていますが、私が再婚し専業主婦+養子+今産まれた子供で扶養家族が三人増えました。このことを踏まえ、金額はいくらが妥当なのでしょうか?専業主婦の妻を扶養しているぶんも考慮さ...

回答日 2022年02月04日 05:19
この回答がある質問
養育費

 懲戒解雇処分によって退職を余儀なくされたとなると、相手方は重大な違反行為をしたのだと推測されます。  これによって収入が減少するのは相手方の責任ですから、婚姻費用が増額される扱いに納得し難いお気...

回答日 2022年02月03日 06:43

 ご記載のご事情からすると、ご質問者様の特有財産の大部分は自宅の頭金に充てられたことと存じます。  この場合、「自宅の価値のうち、ご質問者様の特有財産が占める割合はどの程度か」という視点で財産分与...

回答日 2022年01月31日 05:25

 義父の請求を法的に裏付けるとすれば、その根拠は「不当利得返還請求」になると思います。  とはいえ、義父との同居中に負担してもらった過去の光熱費が「不当利得」とされる可能性はゼロに等しいと考えてよ...

回答日 2022年01月29日 06:43

 審判離婚は特殊なケースのみに用いるものなので、本件では裁判離婚を念頭に考えることが適切です。  裁判離婚の場合、裁判所は「離婚を認めるか否か」を判断します。  判決によって示されるのは「離...

回答日 2022年01月27日 23:08

ご質問1について  相手方が自宅を購入し、ローンの負担が発生したとしても、養育費減額の判断には基本的に影響しません。  この点については、相手方の主張は筋を外しております。 ご質問2につい...

回答日 2022年01月27日 23:00
この回答がある質問
養育費

1 - 30 件を表示/全 1,326 件

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く