堀井 実千生弁護士 ほりい みちお

堀井 実千生弁護士

堀井実千生法律事務所

宮城県仙台市青葉区春日町3番8号春日町ファインビル403-B
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名24 件/匿名:0件

労働審判における調停では、会社側の希望で口外禁止条項を入れられることが珍しくありません。 そうした風潮の当否は別として、会社は、自社の名誉や信用を守るため、あるいは社内的な事情を考慮して口外禁止条...

回答日 2013年06月11日 20:14
この回答がある質問
労働審判

親族であっても尊属以外で年下であれば養子にすることができます。ご質問のに対する回答としては、法律上は可能ということになりますが、ご家族でよく話し合ってお決めになるのがよろしいかと思います。

回答日 2013年05月23日 12:52
この回答がある質問
民事・その他

そもそも使用者が労働条件を一方的に変更することは許されません。また、育児休業をしたことを理由に不利益取扱いをすることは、育児・介護休業法10条に抵触します。 したがって、その事務員の方は、条件変更...

回答日 2013年05月21日 19:45
この回答がある質問
労働条件

会社が、会社都合退職ではなく自己都合退職として処理したことに過失があるとされた事案で、退職事由の違いによる雇用保険法上の基本手当の差額について、不法行為に基づく損害賠償を認めた裁判例があります。この...

回答日 2013年05月20日 18:54
この回答がある質問
雇用保険・失業保険

遅くなりましたが、ご質問について回答いたします。 名称が似ているだけで全くの別会社であるというのであればともかく、いわゆる前株、後株の記載の違いだけで送られてきた健康保険証の受け取りを拒否する理由...

回答日 2013年05月13日 22:13
この回答がある質問
退職

最高裁判所の事件記録等保存規程によりますと、判決原本や和解調書等を除き、事件記録の保存期間は原則5年とされているようです。10年以上前の調停で提出された文書ということになると、既に廃棄処分されている...

回答日 2013年05月09日 21:34
この回答がある質問
調停

然るべき第三者に間に入ってもらい相手方と話し合いをなさりたいということですと、裁判所の民事調停手続や、弁護士会のADRを利用する方法が考えられます。これらの手続は、調停委員や弁護士を仲介役として、当...

回答日 2013年05月09日 21:20
この回答がある質問
民事・その他

クーリングオフをするには、契約書当事者である事業者に対し契約を解除する旨記載した通知書を送付する必要があります。契約書が作成されているようですので、そこから契約当事者を知ることはできないでしょうか?...

回答日 2013年05月09日 19:33
この回答がある質問
契約書

手続の選択が適切であったかどうかについては、さらに具体的なことをお聞きしないことには何ともお答えし難いところです。しかし、ゆみごろさんに私から助言して差し上げられることがあるとすれば、元アルバイト先...

回答日 2013年04月20日 01:04
この回答がある質問
少額訴訟

最初の口頭弁論期日に被告が出頭しなくても、答弁書その他の準備書面が提出されていれば、その内容について陳述が擬制されるため、問題が生じることは稀と言えます。 しかし、第2回期日以降は、原則として、陳...

回答日 2013年04月18日 20:42
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

年休の取得に会社の許可は不要である(年休の取得によって会社の事業の正常な運営が妨げられる場合に時季変更権を行使することができるだけ)と会社に言っても、会社には、おそらくわかってもらえないのでしょうね...

回答日 2013年04月17日 12:55
この回答がある質問
労働基準監督署

本訴の係属は、被告に訴状が送達されたとき(多くの場合は、訴えられた人が訴状を受け取ったとき)に生じると考えてよいと思います。 わかりにくい表現を使ってしまって、申し訳ありませんでした。

回答日 2013年04月17日 12:49
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

パワハラの概念は多義的で、人によって使い方が様々ですから、ご質問の例がパワハラかどうかについては明確な回答が難しいところです。しかし、重要なのはパワハラの定義に当てはまるかどうかではなく、ばーちかる...

回答日 2013年04月16日 21:18
この回答がある質問
パワハラ

こんぺいとうさんが既に退職なさっている以上、原則として、退職前に担当されていたお仕事を引き続き行わなければならない義務はありません。これに反する約束があれば別途考慮が必要かもしれませんが、そうでなけ...

回答日 2013年04月11日 12:59
この回答がある質問
退職

最初の契約書に敷金と書かれているのならば、それは敷金として支払ったものだという理解でよいと思います。契約更新の、どの段階で「敷金」の記載が「権利金」に変更されたにせよ、賃貸人ないし不動産業者が勝手に...

回答日 2013年04月08日 22:54
この回答がある質問
契約書

再質問をいただいていたのに、回答が遅くなり、申し訳ありませんでした。 oissioさんが店長とされた電話の会話の内容から考えると、店長は、oissioさんが電話の中で「こういう発言をしました...

回答日 2013年04月01日 22:45
この回答がある質問
パワハラ

懲戒処分の内容をみだりに公表する行為は、名誉棄損等に当たる場合があります。謝罪文の配布等もそれと同様だと思います。あぎょうさんの例では、再就職に現実的な支障を来しているようですし、緊急性が高いと思い...

回答日 2013年03月28日 20:38
この回答がある質問
解雇

前回のご質問でも出ておりますのでご存じのことと思いますが、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(育児介護休業法)という法律があります。 そして、この法律に関連する厚生...

回答日 2013年03月26日 22:34
この回答がある質問
産休・育児休暇

いわゆる分譲賃貸であることを前提にお答えします。 確かに、マンションのベランダは、多くの場合、共用部分とされていますので、ベランダについては、共用部分であることを前提とした使い方が求められていると...

回答日 2013年03月22日 20:43
この回答がある質問
借家

医師が医療行為であるケミカルピーリングを行うに当たっては、施術の前に、ケミカルピーリングを行うことについての危険性を含めた、十分な説明があって然るべきですし、また、医師には、施術の後、経過観察等をき...

回答日 2013年03月21日 12:17

仮に、「正社員」という用語について、それが、従来の「通常の」雇用形態、つまり期間の定めのない雇用を意味するという前提に立てば、やはり、雇用継続が前提であっても、期間の定めがある以上、そのような契約を...

回答日 2013年03月12日 22:44
この回答がある質問
解雇

無償で譲ってもらうという前提であれば、少しかたい表現ですが、例えば、 「贈与者A(ペットの飼い主の方の名前)は、受贈者B(ペットを譲り受けるみどりんこさんの名前)に対し、平成○○年○○月○○日、『...

回答日 2013年03月04日 22:55
この回答がある質問
近隣トラブル

住所が、開示されたくない相手に開示されてしまった場合、実害がなければ損害賠償を請求できないということでは必ずしもないと思います。しかし、今回の場合、当該弁護士の、弁護人としての職務内容に照らして、被...

回答日 2013年03月01日 12:30
この回答がある質問
盗撮・のぞき

働いたのであれば、当然約束された賃金全額の請求ができますよ。未払い賃金の請求方法に決まった方式はありませんが、自分で請求するよりも効果的な方法をということであれば、例えば、労基署に労基法違反の事実を...

回答日 2013年02月20日 21:11
この回答がある質問
給料

1 - 24 件を表示/全 24 件

堀井 実千生弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5877-9282
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日対応可(予約制)
対応地域
経歴・資格
再審弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く