弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

高橋 和聖弁護士 たかはし かずまさ

高橋 和聖弁護士

弁護士法人結の杜総合法律事務所

宮城県仙台市青葉区五橋一丁目1番17号仙台ビルディング駅前館9階
現在営業中 09:00 - 17:15
電話番号 050-5827-3349
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:127 件/匿名回答数:884件

法人破産の場合、費用としては、①裁判所予納金と②弁護士費用があります。 ①については、申立ての際、裁判所へ納めなければならないもので、分割はできません。そして、その金額は、基本的には負債総額を基準...

回答日 2012年09月11日 16:59
この回答がある質問
企業法務

上記のような答弁書が提出されることは結構あります。 なぜなら、被告は訴状を受け取った後、弁護士に相談に来ることになりますが、第1回目の弁論期日まで時間があまりないことが通常であり、スケジュール...

回答日 2011年12月13日 10:58
この回答がある質問
調停

10年前にお亡くなりになられた親御様の借金ということですので,すでに時効となっている可能性があります。 その場合,消滅時効を援用することで,相続放棄をしなくても,支払を免れることができます。 ま...

回答日 2014年08月07日 14:41
この回答がある質問
相続放棄手続き

債権譲渡されたとしても、時効は最終弁済日から起算します。 なお、判決を取られている場合には、判決が確定した日の翌日から起算し、時効も10年になります。

回答日 2014年07月28日 22:07
この回答がある質問
時効

保証人となっていないのであれば,滞納家賃の支払をする義務はありません。 あまり請求が続くようであれば,弁護士に相談するのが良いかと思います。

回答日 2014年07月16日 11:03
この回答がある質問
保証

自己破産手続きについて,受任する弁護士はもちろんおります。特に依頼することが失礼になるということはありません。 法テラスの立替援助制度を利用して,ご依頼されるのが良いでしょう。

回答日 2014年06月27日 17:55
この回答がある質問
自己破産

弁護士に依頼すると、弁護士が依頼者様の代理人として裁判に出ますので、依頼者様は基本的には出廷の必要はありません。ただし、当事者尋問等のために出廷しなくてはならない場合もあります。 また、裁判は...

回答日 2014年05月26日 23:28
この回答がある質問
通常訴訟

任意整理をすることによって,分割払いにすることは可能だと思われます。 ただ,ご自身でアコムに連絡する前に,まずは資料等を持って弁護士に相談に行くのが良いでしょう。

回答日 2014年04月30日 16:44
この回答がある質問
借金

弁護士に依頼することもできますが、ご自身で内容証明を発送しても良いでしょう。 消滅時効を援用する際の書式はネット上のものを参考にしても良いと思います。 なお、弁護士に依頼すると、事務所にもよりま...

回答日 2014年04月27日 23:37

最後に返済したのが5年以上まであれば,債権者が判決等を取得していない限り,消滅時効を援用することが出来ます。 これにより,残債を支払う必要はなくなります。 まずは,連絡せずに,内容証明郵便で消滅...

回答日 2014年04月24日 14:34

まずは,弁護士に相談の上,任意整理や破産等の手続きを検討されるのが良いと思います。 なお,裁判上で和解したとのことですが,その和解金の支払いについて,仮に最終弁済日より10年以上経過していれば,消...

回答日 2014年04月14日 15:45
この回答がある質問
借金

生活保護費の差押えは,法律上禁止されておりますので,残念ながらできません(生活保護法58条)。

回答日 2014年04月08日 17:37

公正証書を作成したら,直ちにどこかへ提出しなくてはならないということはありません。 養育費の支払いが滞納した場合,裁判所へ差押え等の強制執行の申立を行うことになりますが,その際に裁判所へ提出す...

回答日 2014年03月18日 13:08
この回答がある質問
養育費

保証債務は,お母様自身の債務ですので,お父様がお亡くなりになられた時に限定承認をしていても,保証債務が直ちになくなるわけではありません。 保証債務について,残債があれば,もちろんそれも相続の対象に...

回答日 2014年03月17日 16:07
この回答がある質問
限定承認

個人で作成した告訴状も、警察が書く告訴調書も同じ(効力)と考えていいのでしょうか?警察が書く告訴調書にも捜査義務が発生するのですか? →その通りです。

回答日 2014年03月07日 09:55
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

告訴(又は告発)は,書面または口頭で行わなければならないとされており,告訴(又は告発)が口頭で行われた場合,検察官又は司法警察員は調書(告訴調書)を作らなければならないとされています(刑訴法241条...

回答日 2014年03月06日 15:26
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

和解提案の内容等,裁判所にも伝えておいた方が良い事項については,裁判所にも同時にファックスする場合もあります。 事務的な連絡等,裁判の内容に直接関係がない事項については,通常,裁判所にまでは送らな...

回答日 2014年03月06日 09:54
この回答がある質問
調停離婚

補足しますと,破産した場合に免責されない(支払義務が残る)のは,「破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権」(破産法253条1項3号)ですので,「...

回答日 2014年03月04日 17:48
この回答がある質問
家族の借金

移送の申立書は裁判所への提出のみで結構です。

回答日 2014年03月04日 13:25
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

支払能力がないのであれば,自己破産を検討すべきでしょう。 ただし,破産をしても罰金の支払義務は免れませんし,事故の被害者に対する損害賠償についても,支払義務は残る可能性があります。 まずは,弁護...

回答日 2014年03月04日 13:16
この回答がある質問
家族の借金

①所有権が当方にあると主張するためにはどんな証拠が必要でしょう。 →売買契約により所有権が移転したことを立証する証拠として,公正証書等が必要になります。 ②公正証書を根拠に裁判所に強制登...

回答日 2014年03月01日 15:59
この回答がある質問
不動産・建築

もしも、相手が警察へ行った場合に、警察から連絡があった場合には、調停の申し立て中だということを伝えた方が良いでしょうか? →申立に至った経緯と共に,伝えておいた方が良いでしょう。

回答日 2014年03月01日 15:43

弁護士に依頼して、間に入ってもらい、対応してもらうのが良いと思います。 電話については、交際相手の女性は無関係ですので、無視して結構です。電話を掛けること自体をやめさせることは困難です。 ま...

回答日 2014年03月01日 12:38

保証人が保証債務の一部を弁済しても、主債務者の債務の時効は中断しません。 よって、ご相談のケースでも、ご相談者様が時効を援用することは可能です。

回答日 2014年02月18日 10:56
この回答がある質問
連帯保証人

詐術を用いた借り入れが、免責不許可事由になるのは、それが破産手続開始の申立の日の1年前から破産手続開始決定日までに行われた場合です。 よって、ご相談者様の場合は、免責不許可事由には該当しないため、...

回答日 2014年02月12日 09:58
この回答がある質問
自己破産

>離婚後に会社を立ち上げていたようなのですが、会社名義での借り入れ等の負債がもしあった場合、その負債も相続対象ですか? それとも、亡くなった本人名義での借り入れのみが相続対象ですか? 会社名...

回答日 2014年01月22日 13:13
この回答がある質問
相続 権利

消費者金融等からの借入については、判決等の債務名義を取られていない限り、最終弁済日から5年で消滅時効にかかります。 時効の援用は、各債権者に対し、消滅時効を援用する旨の内容証明を送付することで行い...

回答日 2013年12月14日 11:17
この回答がある質問
時効

給与の差押えは、確定判決等の債務名義がなければできません。 もし判決を取られていなければ、すぐに差押えをされるということはないでしょう。 また、6年ほど返済をしていないということでしたら、時...

回答日 2013年12月09日 13:15
この回答がある質問
差し押さえ

借金の相談については、最寄りの弁護士会や法テラスで、無料でも行っておりますので、一度お問い合わせください。 また、弁護士に依頼する際、一定の収入以下の方については、法テラスで弁護士費用の立替を受け...

回答日 2013年12月05日 00:12
この回答がある質問
借金

まずは債務整理を検討すべきでしょう。弁護士が介入すると、債権者からご相談者様への請求は一旦停止します。 また、10年前からの借入ですと、過払金が発生していたり、または、債務額が減少する可能性があり...

回答日 2013年12月04日 22:45
この回答がある質問
借金

1 - 30 件を表示/全 127 件

現在営業中 09:00 - 17:15
弁護士法人結の杜総合法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5827-3349

※弁護士法人結の杜総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:15
定休日
土,日,祝
備考
営業時間は9:00-17:15です。ただし,ご相談様の事情により,営業時間外も対応できる場合がございます。お問い合わせ時にご相談ください

また,毎月第2,第4土曜日も法律相談を受け付けております(予約制)。前日の金曜日までにお申し込みください。
なお,当事務所のホームページのお問い合わせフォームからもご相談予約を受け付けておりますので,こちらもご利用ください。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く