現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
村林 優一弁護士

( むらばやし ゆういち ) 村林 優一

弁護士法人決断サポート

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名19 件/匿名:0件

【回答1】 最低限、「令和3年8月●日付工事請負契約を解除する」と明記すべきです。 商品名も掲載することが好ましいです。 【回答2・回答3】 どちらでもよいと考えられます。 【回答...

回答日 2021年09月01日 15:17

過失による破損があったとしても、経過年数による償却を考慮した減額がなされる可能性が高いです。 ただし、耐用年数が経過していたとしても、汚損の程度によっては、必ずしも負担義務がなくなる(ゼロに近づく...

回答日 2021年08月03日 15:59

【回答1】 多数の児童がいる教室で罵倒することは、言動の内容によっては侮辱罪が成立する可能性はありますが、立件に至るかは難しいところです。 また、学校長の制止を無視して、無断で教室に立ち入る行為...

回答日 2021年07月08日 22:07
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

回答1、2 ペットによる汚損は、通常損耗を超えるものと判断され、借主に修繕費負担義務が生じる可能性はあります。しかし、負担の範囲(例えば、クロスの汚損があっても、全面張り替える必要が生じるケースは...

回答日 2021年07月08日 21:20
この回答がある質問
原状回復義務

契約内容(解約方法の指定等)にもよりますが、メールにて解約の意思を先方に伝えていますので、解約が有効に成立する余地はかなりあると考えられます。 裁判になるか否かは先方次第のところですが、今慌て...

回答日 2021年07月06日 18:55
この回答がある質問
電話勧誘販売

記載の状況を拝見しますと、相手方に救護義務違反が成立する可能性は十分あります。 立件されるためには、まず、娘さんの診断書を警察に提出して、人身事故として取り扱ってもらう必要があります。 それに加...

回答日 2021年06月29日 13:15
この回答がある質問
ひき逃げ

請求異議に伴う強制執行停止という手続きがありますが、複雑な手続きですので、法律家でないものがするには無理があります。 時間制限もシビアですので、至急弁護士に相談に行くことをお勧めします。

回答日 2021年06月03日 13:09
この回答がある質問
婚姻費用

【回答1】 「法律文書」を、当事者の権利・義務関係(本件では、修繕費負担額の合意)を証する文書のことと推測しますと、精算書の記載内容にもよりますが、そのような文書になる可能性は大いにあります。 ...

回答日 2021年05月31日 17:47
この回答がある質問
契約書

消滅時効の援用を否定される事情がなければ、訴え取下げに対する異議申立て(被告は訴えの取下げに同意しないことを記載した書面を提出)をすることをおすすめします。 訴え取下げですと、理論上は再度訴え...

回答日 2021年05月26日 15:25

時効が成立している可能性があります。 その場合、債権者に連絡を取り、債務を自認してしまうと、時効の援用ができなくなる可能性があるので、 債権者に連絡をせず、通知を持って弁護士に相談することをお勧...

回答日 2021年05月24日 00:32

基本的には、利用者がつけた傷であることを店側が主張・立証する必要があります。 傷の状態次第ですが、あまりに大きな傷ならば、元からあったならば通常利用者が出発前に指摘するだろう(利用者が後からつけた...

回答日 2021年05月20日 14:16

傷の修理代の負担義務と、賃借しているレンタカーの返却は別個の問題です。 したがって、修理代を支払うまでレンタカーの返却を受け付けず、延滞料を請求するというレンタカー店の主張は適切でないと考えられま...

回答日 2021年05月20日 13:37

再生計画に基づく弁済資金をご親族から援助してもらうこと自体は問題ないと考えられます。 ただし、再生計画が認可されるためには履行可能性が必要ですので、ご自身の収入だけでは不足する場合、ご親族から...

回答日 2021年05月09日 20:00
この回答がある質問
個人再生

非免責債権につき、破産債権者表の記載を基に強制執行する方法については、争いのあるところで、確立されていません。 1つの見解ですが、執行文付与の申立て(民事執行法26条1項)に対して、裁判所書記...

回答日 2021年05月03日 14:37

訴訟を提起すること自体は可能と考えられます。

回答日 2021年04月30日 23:43

まとめて回答いたします。 まず、保証会社による記載のような暴言は、許されるものではありません(賃料支払義務の履行遅滞とは別の問題です)。平穏な生活を脅かすものとして、程度によっては、不法行為に...

回答日 2021年04月07日 13:43
この回答がある質問
賃料の滞納

先のご質問・回答を前提に回答いたします。 【回答1】 重要事項説明書は契約書ではありませんので、重要事項説明書の内容が直ちに契約の内容にはならないと考えられます。 もっとも、重要事項説明書に署...

回答日 2021年04月06日 21:22
この回答がある質問
契約書

【回答1】 一般的に、消耗品の交換は賃借人負担と考えられますが、退去時に新品に交換する必要性があるかは疑問です。 【回答2】 一般的に、ハウスクリーニング費用は賃貸人負担と考えられます。 ...

回答日 2021年04月06日 17:25
この回答がある質問
原状回復義務

【回答1】 リーディングケースとして、最判平成17年12月16日があります。 ご質問にあるような、通常摩耗を賃借人に負担させる特約について、「通常摩耗の範囲が賃貸借契約書の条項自体に具体的に明記...

回答日 2021年04月06日 16:57
この回答がある質問
敷金・保証金

1 - 19 件を表示/全 19 件

村林 優一弁護士へ問い合わせ

電話番号 059-329-7088
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受け付けております。
極力メールでお問い合わせいただけますと幸いです。
電話での問い合わせの場合、事務職員が対応しますので、「弁護士村林」宛ての問い合わせであることを先にお伝えください。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談