現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
村田 正人弁護士

( むらた まさと ) 村田 正人

三重合同法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名1,014 件/匿名:1,497件

土地の崩壊による隣地の被害について損害賠償責任を負うのは、崩落土地の所有者であり、親族には責任は発生しません。また、親の生存中から事前の相続放棄はできませんので、相続開始後に相続放棄をされるとよいと...

回答日 2018年09月14日 08:28
この回答がある質問
近隣トラブル

万一、請求がきたときは、消滅時効を援用すればよいと思います。

回答日 2018年09月09日 22:10
この回答がある質問
時効の援用

離婚した元妻に対して、再婚の報告義務はありません。再婚した現妻の収入があることは、前妻との間の子の養育費の算定にあたり、増額事由にはなりません。再婚して子ができたことは、扶養すべき者が増えたことで養...

回答日 2018年09月08日 07:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

会社と社長個人の双方を相手に訴訟をするしかないと思います。地元の労働問題に詳しい弁護士に相談のうえ、依頼して下さい。

回答日 2018年09月08日 06:56

ご質問の趣旨は、別居中の夫から多額の婚姻費用分担金の支払いを受けると、育児休業給付金の受給要件である「育児休業期間中の各1ヶ月ごとに、休業開始前の1ヶ月の賃金の8割以上が支払われていないこと」という...

回答日 2018年09月05日 06:38
この回答がある質問
離婚・男女問題

後妻の主治医と相談して、遺言状作成の判断能力はあるか、養子縁組の判断能力はあるかを尋ね、判断能力があるときには、後妻と養子縁組をするか、公証人に出張してもらい遺言状を作成してもらうかしか、相続する(...

回答日 2018年09月05日 06:16

我が国では、学校内のSNSによるいじめの問題を取り上げて解決するシステムが残念ながら確立されていません。現行の制度を利用した解決方法としては、私見では、簡易裁判所に人間関係調整の調停を申し立てて、相...

回答日 2018年09月04日 05:34
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

個人再生を申し立てて、借金を最高100万円に減縮して3年間で毎月分割して支払う方法を検討されてはいかがでしょうか。

回答日 2018年09月04日 05:20
この回答がある質問
借金

別居・転居のための費用の請求はむつかしいですが、夫がゲーム依存症であるために家庭を顧みず、その為に、妻がストレスで体調が悪化したことによる精神的・肉体的苦痛として慰謝料を請求することは可能です。但し...

回答日 2018年09月04日 05:16

個人では、他人の戸籍謄本をとることはできないので、養育費減額の調停を起こす目的で、弁護士に依頼して取得してもらうのがよいと思います。、

回答日 2018年09月03日 06:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

夫の年収、前妻の年収、子の年齢を比較して、いくらの増額になるかを考えた方が生産的な対応となると思います。前妻の嫌がらせは、嫌がらせ行為を禁止する仮処分申請など、別の方法で対処すべき問題となります。

回答日 2018年09月02日 22:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

夫において、住宅ローンを完済に至るまで、滞りなく支払うことを文書で約束させることと、当該不動産に妻と子が離婚成立後も居住することを文書で承諾させることが必要ですが、その場合でも、夫が住宅ローンの支払...

回答日 2018年08月31日 23:33
この回答がある質問
離婚手続き

我が国の法制では、離婚の成立には、離婚意思と届出意思の双方が必要とされますので、破られた離婚届は、届出意思がないもの、あるいは、離婚意思を翻意したもの(気が変わったもの)として扱われますので、届出は...

回答日 2018年08月31日 23:24
この回答がある質問
離婚届

セクハラとパワハラの慰謝料の請求額は、200万円から300万円でもよいと思いますが、立証の程度によって、裁判所が認容する金額が大きく変化する分野ですので、どのくらい確実な証拠(客観的な証拠)を握って...

回答日 2018年08月31日 08:48
この回答がある質問
セクハラ

第三債務者がいくら支払うかの問題と、支払われた金員をどのように充当するかの問題が併存していますが、取立については、執行裁判所に報告する必要がありますから、ご面倒でしょうが、執行裁判所の書記官にお尋ね...

回答日 2018年08月31日 08:41

前妻の夫に対する養育費増額請求(2万円から6万円)は、双方の年収に応じて決まりますので、そのまま認められる訳ではありません。また、白紙の状態で養育費算定表が用いられるものでもなく、当初の合意金額2万...

回答日 2018年08月31日 07:10
この回答がある質問
離婚・男女問題

婚約の成立というためには、一定の要件が必要であり、当事者間の口約束だけでは、婚姻が成立したと裁判所は認定してくれませんので、注意が必要です。結婚に向けて、どのような準備が進んでいたかが、ポイントとな...

回答日 2018年08月31日 06:56
この回答がある質問
婚約破棄

「交通課の課」というのは、民事交通部のことでしょうか。動産が夫婦共有財産ではなく、離婚した配偶者の特有財産の場合、通常の動産の引き渡し請求として、民事裁判所で受け付けされた可能性があります。

回答日 2018年08月31日 06:44

弁護士に依頼すれば、運輸支局(旧 陸運事務所)で当該車両の登録事項等証明書をとってくれますので、放置車両の所有名義人の住所と氏名が明らかとなります。あらかじめ、持ち主がわかっているのであれば、再度の...

回答日 2018年08月30日 08:02

交通事故直後の示談であり、示談金も1万円と低額であることなどからすれば、恐喝罪にはならないと判断します。また、相手を脅迫罪で訴えることも困難でしょう。あくまで、民事で解決される範疇の案件だと判断しま...

回答日 2018年08月30日 06:32
この回答がある質問
人身事故

「温泉のホテルの大浴場で転倒した原因」如何で、問題の所在が違ってくるのではないでしょうか。結果責任ではありませんので、何故、転倒したのかの理由がポイントだと思います。、

回答日 2018年08月29日 13:20
この回答がある質問
治療費

判決の相場は200万円ですが、裁判外の交渉では、相手が強硬な場合は、その金額で妥結することは難しいことがあります。

回答日 2018年08月29日 13:17
この回答がある質問
離婚・男女問題

弁護士費用特約を使って、ご自分が選んだ弁護士に依頼することをおすすめします。保険会社の弁護士に依頼しなければならないことはありませんし、被害者側で活動している弁護士を選任されることをおすすめします。

回答日 2018年08月28日 13:32
この回答がある質問
過失割合

相続については、資産と負債のすべてを相続するか、相続を放棄するか、あるいは、限定承認をするかの選択しかありません。お気持ちには沿いませんが、滞納税があることを、市役所の責任にはできないと思います。 ...

回答日 2018年08月28日 07:19

裁判所に債務不存在確認訴訟を提起して、債務がないことの判決をもらっておく方法があります。債務がないことを確認しておけば、警察も強要罪や脅迫罪で動きやすいと思います。

回答日 2018年08月28日 06:51
この回答がある質問
取り立て

動画が必要であれば、再度、動画のみの証拠保全を検討されてはいかがでしょうか。刑事事件にすることは困難と思います。

回答日 2018年08月27日 18:14
この回答がある質問
医療

任意保険に加入していると思いますから、「弁護士を付けて欲しい」と保険会社に申し出られるとよいと思います。

回答日 2018年08月27日 18:07
この回答がある質問
交通事故

通常の注意義務を払えば、肺の影の見落としを防ぐことができたか否かが医療過誤か否かの判断の分かれ目ですので、実際のレントゲン写真を入手のうえ、医療過誤に詳しい弁護士と提携医師に相談されることをお勧めし...

回答日 2018年08月27日 18:01
この回答がある質問
医療

一般論としては、患者には医師選択の自由がありますから、転医は可能ですが、現実問題としては、転医先を当該病院が探して紹介状を書いてくれるのか、ご自分で転医先の病院を探すことをしないといけないのかの問題...

回答日 2018年08月27日 07:16
この回答がある質問
医療

道路工事に瑕疵があったか否かの判断は、契約内容が基準となりますから、請負契約と工事図面を見せて、建築瑕疵に強い弁護士と一級建築士に相談されるとよいと存じます。地盤改良の目的を兼ねた道路工事であれば、...

回答日 2018年08月23日 06:32
この回答がある質問
不動産・建築

1 - 30 件を表示/全 1,014 件

村田 正人弁護士へ問い合わせ

電話番号 059-226-0451
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。