現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
加藤 寛崇弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

三重県1

( かとう ひろたか ) 加藤 寛崇

みえ市民法律事務所

現在営業中 09:30 - 17:00

みんなの法律相談回答一覧

一般的には有効性に疑問は残りますが、裁判所が関与した調停で合意すれば、後日養育費を請求されても否定されやすくなると思います。(裁判所としては、裁判所で成立した調停が法的に無効だというのは具合が悪いの...

回答日 2020年11月18日 23:44
この回答がある質問
養育費

訴訟であれば、「合意に基づく請求」なので、合意の有無や合意に従っていくら払うべきか(どこまでが合意に基づく負担の範囲か)、しか問題になりません。例えば、「授業料」という文言で合意していると、「入学金...

回答日 2020年11月18日 22:45
この回答がある質問
養育費

メールをプリントアウトしたものは単なるコピーなので「原本の存在を争う」を主張し、メールのデータを提出させるとか、当該メールの入ったスマホを検証するよう求めるという対応が考えられます。

回答日 2020年11月11日 21:32
この回答がある質問
インターネット

管理者手当があろうと労働時間であり残業時間になることに変わりはありません。 話をもって行ってどうなるものでもないので、労働基準監督署で申告するとか、弁護士に依頼するとかしかありません。

回答日 2020年10月06日 18:36
この回答がある質問
労働

そもそも離婚を促すメールがあってもそれで大きく慰謝料が増えるものでもないので、「強く出れる」とは言えません。 ましてご質問のようなメールでは特に影響しないでしょう。

回答日 2020年10月04日 22:03
この回答がある質問
離婚慰謝料

強制執行したいならそうですね。 ただし、他に送達証明書が必要だし、判決内容によっては確定証明書も必要です。

回答日 2020年09月16日 20:26
この回答がある質問
強制執行

高裁決定で確定しているので、本案の決定に基づくなら強制執行可能です。既成事実が重なる前に早く強制執行した方がいいでしょう。

回答日 2020年09月11日 14:52

別々の訴訟で同じ陳述書を証拠にすることはよくあります。他の訴訟で提出した、と断る必要もありません。 ただ、陳述書だけでは証拠としては非常に弱いです。証言するならその証言の記録(尋問調書)も、証言し...

回答日 2020年09月01日 20:02
この回答がある質問
通常訴訟

相手が直接の面会に代えてzoomなどの代替措置を提案して誠実に対応していたといった経過があればともかく、そういった事情もないならコロナだけでは債務不履行を正当化する理由と言い難く、慰謝料請求が認めら...

回答日 2020年08月21日 14:00
この回答がある質問
面会交流

相続で得た財産は夫婦の財産ではないので、その財産を売って得たお金も同様です。 もっとも、お金になると他の財産と区別がつきづらくなるので、違いが分かるように、売って得たお金と他のお金と区別が分かるよ...

回答日 2020年08月07日 17:05

離婚しないなら100万円前後が多いです。 そのうち少なくとも半分は妻の責任ですので、相手が支払ってから妻に請求が来る可能性もあります。 その点を考慮すれば50万円程度支払わせれば十分とお考えいた...

回答日 2020年08月06日 22:47
この回答がある質問
不倫慰謝料

メールのやり取りにもよるでしょうが、「審判で決められた額に加えて1万円を支払う」という合意の趣旨だと理解すれば、審判の効力は維持されると理解することは可能です。 もっとも、強制執行はあくまで審判に...

回答日 2020年08月06日 22:22
この回答がある質問
強制執行

>この場合,原告は,被告と係争しながら,復職する ということになりますでしょうか? 又は訴訟が終わるまで自宅待機になりやすいでしょうか? 被告次第ですが、上告しないというのは地位確認を受け...

回答日 2020年08月06日 22:17
この回答がある質問
不当解雇

> ①「一年間のうちに5日間」の一年は会計年度で考えればよいのでしょうか? 会計年度は関係ないです。 有給を付与した日を基準に1年です。 就業規則等で何も定めていないなら、入社して半...

回答日 2020年08月06日 12:11
この回答がある質問
退職 有給休暇

事情によりますが、工夫をすれば利害関係人として認められます。(実例あり) 考えの足りない弁護士だと「利害関係人に当たらないので無理」で終わるかもしれません。

回答日 2020年08月06日 12:04
この回答がある質問
不動産契約

提出が間に合わないということはありますが、不利になるので見送るという対応は一般的ではありません。 見送れば見送るで、主張しないことで不利になるでしょう。

回答日 2020年08月04日 11:58
この回答がある質問
準備書面

最終的には強制執行をするときの裁判官の判断になりますが、素直に解釈すれば、 1.原則として22歳になるまで養育費の支払い義務があり、支払わないなら強制執行できる。 2.ただし、20歳になった時点...

回答日 2020年08月02日 20:16

いわゆるダブル不倫ですと、あなたが夫の不倫相手に慰謝料請求したことをきっかけに、不倫相手の夫があなたの夫に慰謝料請求することはあり得ます。 もっとも、離婚するのであれば気にする必要はないと言えます...

回答日 2020年07月20日 12:36

準備書面と書証は別個にカウントします。 訴状・準備書面が5通を超えれば、超えた通数15ごとに1000円加算です。 書証が15通を超えれば、超えた通数50ごとに1000円加算です。 (民事訴訟費...

回答日 2020年07月17日 13:12
この回答がある質問
通常訴訟

まだ始まっていないうちに取り下げれば、納めた印紙代の半分は返還されます。 手数料還付申立てをする必要があります。 民事訴訟費用等に関する法律 (過納手数料の還付等) 第九条  3 次の...

回答日 2020年07月17日 09:04

同じです。あくまで医療過誤による損害であり、制裁ではないので。

回答日 2020年07月09日 06:43

棄却だと送らないこともあります。 もっとも、そういう場合は、棄却決定書に抗告人の主張はこういうものだということで引用するために抗告理由書の内容が添付されていることもあります。

回答日 2020年07月01日 13:08

第三者でも記録全てを閲覧できます。 これを防止したいなら、閲覧制限の申し立てをする必要があります。 民事訴訟法 (訴訟記録の閲覧等) 第九十一条 何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲...

回答日 2020年06月29日 22:49
この回答がある質問
通常訴訟

上告受理申立理由書ではなく、上告理由書で憲法違反と書いておいて却下は変ですね。具体的な条項を示さず「憲法違反」だけだと却下もあり得るかもしれませんが。 内容を見ないと確実なことは言えませんが、却下...

回答日 2020年06月28日 15:53
この回答がある質問
裁判離婚

一般には、離婚請求事件で離婚できなかった場合は、着手金と実費のご負担のみです。 もっとも、裁判所が遠方なら裁判所に行くごとの交通費と日当が生じることもあります。 遠方でなくても弁護士との契約次第...

回答日 2020年06月15日 17:39

非常に悩ましい問題ですが、児童相談所に相談すれば、お子さんが児童相談所に保護されるということもあるかもしれません。そうなった方が、妻の監護下に置かれているよりは、あなたにとって交流がしやすくなるとか...

回答日 2020年06月13日 23:46
この回答がある質問
婚姻費用

自動車のナンバーがわかれば(もちろん、その人の所有する車でないとダメですが)、調べることは可能です。弁護士に依頼してください。

回答日 2020年06月04日 20:28
この回答がある質問
不倫慰謝料

普通の文章の引用と同じです。 「A……C」という表記でもいいし、「A(中略)C」でもいいです。 「A」「C」でもいいですが、AとCと併せて1つの表現になるなら、上記の方がいいですね。「A」「C」...

回答日 2020年06月04日 20:27

それらのメールやデータを誰が作成したのかに争いがなければ、原本の存否は証拠価値にほとんど影響しないでしょう。 要は、作成者の意思に基づいて作成されていれば、形式上の署名押印がなくてもいいのです。 ...

回答日 2020年06月01日 13:45

最終的にはそれらの内容を拝見しないと精度の高いお答えはできませんが、うかがった限りでは、かなり強い証拠と言えるでしょう。 しいて言えば、それらの証拠の一部でも夫に突き付けて認めさせる会話を録音して...

回答日 2020年06月01日 13:39
この回答がある質問
不倫

121 - 150 件を表示/全 2,262 件

現在営業中 09:30 - 17:00

加藤 寛崇弁護士へ面談予約

電話番号 059-253-1851
メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
電話・メールでのご相談は行っておりません。

土・日・祝日の間やその直前にメールで相談予約のお申し込みをいただいた場合など、当方からの連絡が遅くなることもあります。お急ぎの場合は、電話で相談予約のお申し込みをしていただく方がスムーズです。

コロナウイルス対策のため、zoom、Skypeを利用した相談も受け付けています。
*相談料5500円を事前にご入金いただきます。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談