いつも弁護士ドットコムをご利用いただきありがとうございます。
現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。
ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

依頼者と弁護士をつなぐプラットフォーム - 弁護士ドットコム

インタビュー・レポート

少人数事務所にて契約書チェックでお悩みの先生方必見 レビュー業務をAIツールの活用で効率化し、 クリエイティブな仕事に専念し競争力を上げる

PR

2021年10月15日

AI技術の進歩により登場してきた契約書レビュー支援ツールが、今までの契約書レビューのやり方を変えつつある。今回は、クラウド契約書AIレビューツール「LeCHECK(リチェック)」を開発した株式会社リセ代表取締役社長弁護士藤田美樹氏が、ベンチャーラボ法律事務所代表弁護士淵邊善彦氏に話を聞いた。


詳細はこちらをクリック
企業間紛争を専門とする弁護士が開発したAIツール

藤田社長(以下「藤田」):私はもともと企業間紛争を専門とする弁護士だったのですが、「契約書の文言がこうだったらよかったのに」という事案が多く、なんとかしたいと思っていたんです。ある日、海外のリーガルテック企業から米国ではリーガルテックが非常に進んでいる話を聞いて、「ぜひ自分でもやってみたい!」と思って起業しました。


淵邊弁護士(以下「淵邊」):創業間もない藤田さんからご連絡をいただき、僕も同じ西村あさひ法律事務所の出身ということもあってお話を聴いてみようと思いました。


藤田:当社のサービスにご興味を持っていただけたということは、契約書のリーガルチェックについて、淵邊先生の事務所では何か課題があったのでしょうか。

レビューを効率化して付加価値の高い作業に集中したい

淵邊:当事務所は主にベンチャーやスタートアップのサポートをしているのですが、似た内容の契約書や規約作成・レビューの依頼が非常に多いんですね。なので、もっと効率的に処理したいという気持ちがずっとありました。契約書のレビューには、ビジネスモデルを検討したり、より有利な条件を考えたりとクリエイティブな作業も必要です。レビューをもっと効率化できれば、弁護士が付加価値をつけられる部分に集中できる。そう思って導入を決めました。

抜け漏れや材料を探す作業はむしろ機械の方が早い

淵邊:契約書のレビューはすごく奥が深い世界で、例えば売買契約であれば売手・買手の会社・商品などの情報や支払条件などさまざまな背景事情をインプットした上で見ていかなければなりません。それをシステムで代替するのは難しいですよね。けれどシステムがやった方が早く正確にできることもあります。結局は、AIレビューが使えるかではなく、どう使いこなしていくかっていう発想を大切にしています。今までの契約書のレビューのやり方は、AIレビューによって変わっていくのだと思います。

NDAなどの典型的な契約なら約40%の業務時間が削減

藤田:LeCHECKを導入してから、淵邊先生の事務所ではどの程度契約書レビュー業務を省力化できていますか?


淵邊:例えばNDAなどの典型的な契約や小規模の売買契約であれば、およそ30~40%業務時間が削減できています。逆に合弁契約やライセンス契約などの複雑な契約になるとAIでチェックできる部分にも限界があるのですが、それでも10%くらいの省力化にはなりますね。


藤田:レビューをするときって、レビューにかかる時間よりも過去の契約書や参考事例など、レビューのための判断材料を探すのに時間がかかりますよね。抜け漏れを防ぐために参考になる契約書を2~3個探してきて、じっくり突き合わせたりもしますし。そういう部分は、むしろ機械の方が得意な部分でもあります。

英語が苦手な地方の弁護士にとっても有効なツール

藤田:少し前まで、企業間取引の契約書にはあいまいさを残す規定が多かったと思うのですが、今は「事前に規定しておこう」という傾向が見られます。業務委託契約などで弱い立場になりがちな受託側の中小企業でも、入れたい契約条項を入れ込むことで紛争は減らせると思いますので、そういう傾向が今後も進むといいですね。



淵邊:日本の契約文化はだいぶ変わってきましたよね。でも、きちんと契約書の中身を精査して締結している中小企業はまだまだ少ない。私がその点で危機意識を持っているのが地方企業の海外取引です。地方には海外展開について法的なアドバイスのできる弁護士が少ないので、内容を精査せずに契約してしまうケースが多い印象があります。


藤田:確かにそうですね。弊社のサービスをご利用いただいている地方の企業様も、「英文の契約書を見てくれる先生がなかなかいなくて、探すのが大変」とおっしゃっていました。


淵邊:東京には渉外案件に明るい先生はいるけれど敷居が高い、という問題もあるので、そこを何とかしなきゃいけない。地方の先生方は英語が苦手な方も少なくないと思うのですが、それでも取引条件や契約内容についてアドバイスできることはたくさんあるはずです。LeCHECKは、そのための有効なツールになるんじゃないかなと思います。


藤田:私は弁護士時代に海外企業との紛争に泣く中小企業をたくさん見てきたので、「日本企業をいかに守るか」という観点からの英文契約書のレビューには特に力を入れています。ぜひ地方の先生方にも利用していただきたいですね。

テックを使い弁護士としての競争力を上げる

淵邊:AIレビューのツールが弁護士業務にどの程度使えるかは、実際に使ってみなければわからないと思います。まずは一度使ってみてはいかがでしょうか。将来的に、弁護士がクリエイティブな仕事に専念するのをサポートしてくれるようなシステムに進化していくと思うので、大いに期待しています。


藤田:ありがとうございます。当社のAIレビューシステムは人を代替するのではなく、マンパワーを強化するためのツールになるものと考えています。まだ改善すべきところもありますが、弁護士の先生方にはこのようなテックを使いこなして定型業務を省力化し、弁護士の能力を発揮すべきところに注力していただきたいですね。それが弁護士としての競争力につながると思っています。

 

(企画/制作:株式会社リセ)

 

LeCHECK(契約書AIレビューツール)詳細はこちらをクリック

 

LeTRANSLATE(英文契約書翻訳ツール)詳細はこちらをクリック

 


【プロフィール】

ベンチャー・スタートアップ支援専門弁護士・第41期

淵邊善彦(ふちべ よしひこ)※写真左

東京大学法学部、ロンドン大学UCL(LLM)卒業。

西村あさひ法律事務所、ノートン・ローズ法律事務所などを経て、2019年ベンチャーラボ法律事務所を設立。


企業間紛争・海外取引専門弁護士・第54期

藤田美樹(ふじた みき)※写真右

東京大学法学部、Duke大学ロースクール(LLM)卒業。

 

西村あさひ法律事務所を経て2018年株式会社リセを設立。



AIと弁護士の知見による契約書レビューAIクラウド

藤田代表弁護士の約20年来の法務業務経験や、20名以上の各分野の弁護士がAIの監修に携っている新しい契約書レビューAIツール。1短時間で該当する契約書類型のリスクを確認2条項の抜け漏れを確認3リサーチ時間の短縮4業務の属人化防止5新人弁護士の育成に役立つサービス。既に多くの法律事務所で導入実績があり。費用も月額2万円~とAIレビューサービスの中で最もリーズナブル※。Webから無料で試せるのでぜひお試しを(。※リセ社調べ)

 

 



会員弁護士数
19,585
法律相談・問合せ数(累計)
3,916,480