いつも弁護士ドットコムをご利用いただきありがとうございます。
現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。
ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

依頼者と弁護士をつなぐプラットフォーム - 弁護士ドットコム

インタビュー・レポート

9/2 弁護士ドットコムLIBRARY新着書籍のご案内

書籍紹介

2021年09月02日

弁護士ドットコムライブラリ

いつも弁護士ドットコムLIBRARYをご利用いただきありがとうございます。

弁護士ドットコムLIBRARYに新しい書籍が追加されましたので、ご案内をお送りいたします。業務に役立つものがございましたら、ぜひご活用いただければ幸いです。

新着書籍のご案内

家事法の理論・実務・判例1

家事法の理論・実務・判例1

道垣内弘人,松原正明 | 勁草書房

研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし、将来の法制度を展望する、年報創刊。

この書籍を読む
家事法の理論・実務・判例2

家事法の理論・実務・判例2

道垣内弘人,松原正明 | 勁草書房

研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし将来の法制度を展望する、年報第2号。

この書籍を読む
家事法の理論・実務・判例3

家事法の理論・実務・判例3

道垣内弘人,松原正明 | 勁草書房

研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし将来の法制度を展望する、年報第3号。

この書籍を読む
家事法の理論・実務・判例4

家事法の理論・実務・判例4

道垣内弘人,松原正明 | 勁草書房

研究者、裁判官、弁護士が家事法の当面する問題を分析、実務と法理論との架橋を確かなものとし将来の法制度を展望する、年報第4号。

この書籍を読む
生活保護ハンドブック 「生活保護手帳」を読みとくために

生活保護ハンドブック 「生活保護手帳」を読みとくために

池谷 秀登 | 日本加除出版

生活保護手帳等の膨大な実施要領・各種通知の実務での活用や、体系的な知識・理解の不足を補うために、日々のケースワークに追われている中で、まず一読しておきたい一冊。現場の実情や運用に沿った内容構成で、生活保護手帳等の根拠となる部分も明示した解説となっているので、日々の業務で疑問・悩みが生じたときにも役立つ。保護申請、保護費の返還決定、不正受給の判断・対応、就労支援、指導・指示・助言に関するケースワークについてはもちろん、各自治体で迷うことの多い「受給者死亡後の葬祭・遺留金の問題」にも言及。

この書籍を読む
第2版 実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題

第2版 実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題

伊藤 秀城 | 日本加除出版

交通事故に基づく損害賠償請求権に関する消滅時効の援用を始めとして、実務でよく主張される代車料や休車損、評価損(格落ち) の裁判例を収録。高速道路事案における裁判例(車線変更や多重衝突、料金所付近における事故等) も整理。第2版では、高速道路(追突) や路外における交通事故など、初版発刊(2014年2月)以降の裁判例を多数追加。

この書籍を読む
ジュリスト2021年7月号 No.1560

ジュリスト2021年7月号 No.1560

| 有斐閣

ヒトやモノがグローバルに移動する現在、国境を越える不法行為と抵触法(広義の国際私法)の関係について、実務上検討すべき問題が顕在化しています。本特集では、それらのうち、我が国の独禁法の適用に関する抵触法上の問題、国境を越える営業秘密侵害、家族の国際的移動と不貞行為に基づく損害賠償請求、「ビジネスと人権に関する指導原則」の抵触法的側面という論点を取り上げ、それぞれの問題に精通する抵触法研究者に分析・検討をしていただきます。

この書籍を読む
法学教室2021年7月号 No.490

法学教室2021年7月号 No.490

| 有斐閣

法学教室7月号は、条文をテーマとした民法の特集です。タイトルは「条文だけからはわからない民法の解釈」。「え…?」という声が聞こえてきそうです。当たり前のように、判例や学説の解釈を学習していますが、それって本当に条文そのものから導き出せる解釈ですか?判例の変遷や改正経緯、それらを抑えることで、条文の真の理解に挑みましょう。時事トピックスとして、憲法分野の2つを。「時の問題」欄では、SNSでのアカウント停止などを、「判例クローズアップ」欄では、政教分離についての大法廷判決を取り上げます。

この書籍を読む
民事証拠収集

民事証拠収集

民事証拠収集実務研究会 | 勁草書房

民事訴訟法や周辺的な制度にちりばめられている証拠収集の制度を、実務の流れにそって体系的に解説。法律家必携の基本書。

この書籍を読む
契約の法務 第2版

契約の法務 第2版

喜多村勝德 | 勁草書房

債権法改正を踏まえて改訂。多数の契約書文例、裁判例等を取り上げ、理論と実務の両面を解説。一生ものの基礎を身につける。

この書籍を読む
損害賠償の法務

損害賠償の法務

喜多村勝德 | 勁草書房

改正民法を前提に、理論と実務の両面から、判例を多数紹介しつつ、主張立証責任等の訴訟手続まで詳説。損害賠償法務の基本をつくる。

この書籍を読む
裁判の書

裁判の書

三宅正太郎,日弁連法務研究財団 | 日本評論社

激動の時代を司法官として生きた著者の、裁判に対する誠実さと不屈の思想が息づく名著。原文の趣を損なわぬよう現代表記に改めて復刻。

この書籍を読む
民事判例19 2019年前期

民事判例19 2019年前期

現代民事判例研究会 | 日本評論社

2019年1月~6月までに刊行された各判例集に掲載されたすべての民事判例を対象として、裁判例の動向と注目裁判例の注釈を行う。

この書籍を読む
伊藤真の民事訴訟法入門[第5版]

伊藤真の民事訴訟法入門[第5版]

伊藤真 | 日本評論社

複雑な手続の流れと基礎知識を丁寧に解説した定番の入門書の最新版。資格試験受験者、法律実務家、トラブルに巻き込まれた人にも必読の書。

この書籍を読む
伊藤真の刑法入門[第6版]

伊藤真の刑法入門[第6版]

伊藤真 | 日本評論社

2017年の刑法改正箇所の解説も加え、刑法全般にわたり全体像と基本概念、基礎知識が理解できるようわかりやすく解説した定番の刑法入門書の最新版。

この書籍を読む
伊藤真の刑事訴訟法入門[第5版]

伊藤真の刑事訴訟法入門[第5版]

伊藤真 | 日本評論社

憲法的刑事訴訟法の理念を基礎にいち早く平成28年刑訴法改正の解説を織り込んだ定番入門書の改訂版。新しい刑訴法の重要問題もコラムでわかりやすく解説。

この書籍を読む
伊藤真の会社法入門

伊藤真の会社法入門

伊藤真 | 日本評論社

資格試験や会社において必要不可欠な会社法の全体像を丁寧かつわかりやすく解説した入門書の決定版。『商法入門』の後継書。

この書籍を読む
伊藤真の法学入門[補訂版]

伊藤真の法学入門[補訂版]

伊藤真 | 日本評論社

2010年刊行以降、初学者、資格試験受験者から確実に法学の核心が理解できると高い支持を得ている入門書が法改正などに対応して補訂。

この書籍を読む
改正民事執行法の論点と今後の課題

改正民事執行法の論点と今後の課題

中島弘雅,内田義厚,松嶋隆弘 | 勁草書房

令和元年改正における主要な改正点と今後直面する課題の理論的な検討・考察を通じて、民事執行法の未来にさらなる展望を示す。

この書籍を読む
臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法相続編)

臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法相続編)

大塚正之 | 勁草書房

なぜその条文がそこにあるのか。紛争の場面でどのように用いればよいのか。深い理解へと誘う実務家必携の逐条解説、第2弾。

この書籍を読む
実務成年後見法

実務成年後見法

松原正明,浦木厚利 | 勁草書房

家庭裁判所裁判官経験者が、法令・裁判例、実務の運用を詳説。基礎的な内容から応用までを網羅的にカバーする、堂々たる基本書誕生。

この書籍を読む
臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法親族編)

臨床実務家のための家族法コンメンタール(民法親族編)

大塚正之 | 勁草書房

なぜその条文がそこにあるのか。紛争の場面でどのようにその条文を用いればよいのか。深い理解へと誘う実務家必携の画期的逐条解説。

この書籍を読む
家庭裁判所物語

家庭裁判所物語

清永聡 | 日本評論社

2019年に70周年を迎えた家庭裁判所。日本国憲法の理念を実現してきた足跡を、貴重な証言と資料から、丹念に描く。

この書籍を読む
刑事訴訟法の思考プロセス

刑事訴訟法の思考プロセス

斎藤司 | 日本評論社

2016年刑訴法改正に対応した標準的な法学部生向けのテキスト。 刑事訴訟法の考え方を思考プロセスから学ぶ工夫にあふれた新機軸。

この書籍を読む
ケーススタディ刑法[第5版]

ケーススタディ刑法[第5版]

井田良,丸山雅夫 | 日本評論社

具体的ケースを通して学ぶ刑法総論の基礎。わかりやすい解説で難しい論点もよく分かる。判例・学説や法改正の動向を反映した最新版。

この書籍を読む
先端刑法総論---現代刑法の理論と実務

先端刑法総論---現代刑法の理論と実務

松宮孝明 | 日本評論社

刑事司法・刑事法実務の中で、刑法総論分野に関わる実務と密接な関係がある理論問題を刑法解釈論の立場から詳しく論じる本。

この書籍を読む
 
会員弁護士数
19,585
法律相談・問合せ数(累計)
3,916,480