現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 滋樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件15

インターネット問題11

京都府5

( たかや しげき ) 高谷 滋樹

都総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

頑張ってください。応援します。

回答日 2016年01月18日 00:45
この回答がある質問
脅迫・強要

詳細な事実をうかがうことが必要ですので、弁護士に御相談ください。

回答日 2016年01月18日 00:43

法人設立を、弁護士に依頼されたらいかがでしょうか。依頼者の意思を反映した法人設立をしてくれますよ。

回答日 2016年01月16日 16:03
この回答がある質問
建築

戸籍について生体認証とかありませんが、マイナンバーが登場して、新たな本人確認の手段ができました。

回答日 2016年01月16日 16:02
この回答がある質問
犯罪被害

他の人に契約してもらって、それを下請けとして受けたらいかがでしょうか、

回答日 2016年01月16日 16:01
この回答がある質問
リフォーム

両方を訴えるという手段も検討できますね。

回答日 2016年01月16日 15:54

部活に戻れるように訴訟することは、一応は検討できますね。

回答日 2016年01月16日 15:52
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

地裁判決を弁護士に読んでもらったら、検討してもらったらいかがでしょうか。

回答日 2016年01月16日 15:49

公益通報が検討できますが、弁護士に相談されながらされたほうがいいですよ

回答日 2016年01月16日 15:47
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

過払い請求の問題もありますので弁護士に相談されたほうがいいですよ。

回答日 2016年01月16日 15:46
この回答がある質問
借金

入国管理はアメリカの自由な判断なので 事前に米国大使館に確認されたほうがいいですよ

回答日 2016年01月16日 03:26
この回答がある質問
国際・外国人問題

確かに、民事訴訟で検討をするほうが早いかもしれませんね。

回答日 2016年01月16日 03:25
この回答がある質問
脅迫・強要

確かに、疑問がある分野ですね。裁判で新しい基準を作るのがよいかもしれませんね

回答日 2016年01月16日 03:21

契約書に記載がないならば、支払いを拒んでもよろしいのではないでしょうか

回答日 2016年01月16日 03:18

親の扶養義務が、住民票の住所が異なるからなくなるというものではないですよ。

回答日 2016年01月16日 03:17
この回答がある質問
認知・親子関係

一時的には、クレジットカードの規約に定めがありますので、それがおかしいならば、裁判で判断するということになりますね。

回答日 2016年01月16日 03:16

証拠がないとかの場合は、警察の行動は遅いことがあります

回答日 2016年01月16日 03:13

よかったですね。いろいろと分類が複雑ですからね。

回答日 2016年01月16日 03:09
この回答がある質問
民事・その他

労働環境に問題があるなら、何かしらの請求を検討することは可能かと思います

回答日 2016年01月16日 03:08
この回答がある質問
傷病手当金

基本的に無視でよいのではないでしょうか。何かあれば、弁護士に御相談ください。

回答日 2016年01月16日 03:07
この回答がある質問
インターネット

韓国大使館に質問されたほうがいいですよ。

回答日 2016年01月16日 03:03
この回答がある質問
国際・外国人問題

弁護士を通じて、入国管理局と入国交渉をされてみたらいかがでしょうか。

回答日 2016年01月16日 03:03

だまされた可能性が高いですね。警察に被害届を出してもよりかもしれませんね、

回答日 2016年01月16日 03:01
この回答がある質問
インターネット

警察に相談に行かれるだけなら問題ないです

回答日 2016年01月16日 03:00
この回答がある質問
脅迫・強要

SNSの存在が、影響しているのでしょうかね。ただ、規制の存在は、テレビ報道の重しになっていることは確かですね。

回答日 2016年01月16日 02:16

日本には、労働ビザ制度はありませんが、入管から、許可をもらって働いています。許可の種類に興行、技能などのビザがあります。

回答日 2016年01月05日 13:21

仮に圧力があったとしたら、それは表現の自由の侵害であり、安易に屈するべきではありませんね。

回答日 2016年01月04日 23:18

生活保護が不要な程度に資産があるかですね。具体的には不動産、預金などです。

回答日 2016年01月04日 23:13
この回答がある質問
民事・その他

子犬は、母親の物ですよ。 法律的に言えば、犬は物となりますが。

回答日 2016年01月04日 23:08

それは、全般的な調査となりますよ。稼働能力、財産状況など

回答日 2016年01月04日 21:11
この回答がある質問
民事・その他

4,171 - 4,200 件を表示/全 5,572 件

現在営業中 00:00 - 24:00

高谷 滋樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5362-7577
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
年中無休。夜間・休日対応、出張相談対応。弁護士保険(特約)全保険会社対応。24時間メール・FAX・留守番電話受付。LINE・Skype・Zoom・WeChat相談対応。LINE/ID hlawosakajp Skype/ID hlawosakajp WeChat/ID hlawosakajp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語