現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 滋樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件29

インターネット問題17

京都府3

( たかや しげき ) 高谷 滋樹

都総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名5,520 件/匿名:1件

事態が悪化するまえに相談しましょう。

回答日 2015年02月04日 20:18

ケースバイケースであり、弁護士に具体的事案を相談するほうがよいです。弁護士は守秘義務がありますので安心してください。

回答日 2015年02月04日 20:15
この回答がある質問
窃盗・万引き

事案がよくわからないので、あくまでも、一般論ですが、謝罪するなら早めがよいです。ただ、事案によって異なります。

回答日 2015年02月04日 19:44
この回答がある質問
窃盗・万引き

だましとられたと評価できるなら、訴訟は可能です。

回答日 2015年02月04日 19:39

PTAからお金を返還して欲しいなら、民法でしょうか。ただ規約を検討する必要があります。弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月04日 19:24
この回答がある質問
民事・その他

身体の自由がある場合は、保護の対象にはなりませんが、損害賠償請求などは可能です。外国法は、よくわかりませんが。

回答日 2015年02月04日 19:21
この回答がある質問
脅迫・強要

交遊程度なら、問題ありません。

回答日 2015年02月04日 15:05
この回答がある質問
民事・その他

未払い債務を相続したか否かによりますね。相続していないなら、その旨、弁護士に書面を作成して通知してもうらうことが有用です。

回答日 2015年02月04日 15:02
この回答がある質問
民事・その他

成年後見申立中ならば、その手続き過程で解決するのがよいですね。ただ、妨害している状況が、よくわからないので、また、法律上の争点が、見えませんので、弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月04日 14:59
この回答がある質問
民事保全

排水管のことを買主に説明していなかった場合は、損害賠償請求できる可能性はあります。

回答日 2015年02月04日 14:21

会社によりますので、また統計もなく、一般論は、コメントできませんが、弁護士に依頼するほうが、税務署との関係でも、安全です。

回答日 2015年02月04日 13:32

就業規則を分析する必要がありますね。

回答日 2015年02月04日 13:30
この回答がある質問
代休

条約の和訳になりますので、同じ意味に解釈されることが多いです。

回答日 2015年02月04日 13:29
この回答がある質問
脅迫・強要

なんで、警察が、そのようにコメントするのか、よくわからないので、本気で交渉するなら、弁護士に依頼されることをおすすめします。

回答日 2015年02月04日 13:24
この回答がある質問
脅迫・強要

故意に持っていけば、窃盗、間違って持っていけば、窃盗にはなりませんが、客観的な資料によります。慰謝料も、具体的な基準はありません。

回答日 2015年02月04日 13:23
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

個人情報の定義は、広いものです。契約ならば、契約書の解釈によりますし、各個別法に定義規定があることも多いです。

回答日 2015年02月04日 13:21
この回答がある質問
インターネット

相続の放棄をまだしていないなら、現在の相続人は、御遺族なので、全員の名前で解約すれば足ります。ただ、相続放棄の前に、財産を動かすと、相続放棄できなくなる可能性もありますので、具体的な事実を弁護士に説...

回答日 2015年02月04日 13:20

もっと、詳細な事実を把握しないと、判断できません。

回答日 2015年02月04日 13:14
この回答がある質問
脅迫・強要

居住権限がないのならば、立ち退きは可能です。親族間のことなので、弁護士を通じて、調停を申立ることがよいかもしれませんね。

回答日 2015年02月04日 13:05
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

強制的に加入させることはできませんので、強制加入という事実があれば、問題です。

回答日 2015年02月04日 13:00
この回答がある質問
民事・その他

あるはずです。民主主義国の意味が広いですからね。

回答日 2015年02月04日 12:56
この回答がある質問
国際・外国人問題

民間同士の工事契約ならば、工事費用をあらかじめ決めて実施することは問題はないと思います。

回答日 2015年02月04日 12:04

具体的な契約内容、事案分析が必要ですので、弁護士に相談されたほうがよいです。会社と契約するならば、会社ごとの契約になります。

回答日 2015年02月04日 12:01

そのときの下請けの契約内容によりますが、交渉する余地はあります。

回答日 2015年02月04日 11:55
この回答がある質問
リフォーム

申し立てる必要がありますが、訴訟代理人の弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月04日 00:03
この回答がある質問
インターネット

意見書というか、弁護士に法令調査を依頼したら、その回答書(意見書)が示されます。

回答日 2015年02月04日 00:01

自然公園法、規則、政令、条例など、たくさんありそうなので、調査が必要ですね。弁護士に意見書を作成してもらうのがよいかもしれませんね。

回答日 2015年02月03日 10:27

不当なものも監査の対象になります。対象は広いです。

回答日 2015年02月03日 01:06

裁判例の蓄積も膨大ではないので、社会常識に依拠するところが大きいですね。 ケースによりますので、弁護士へ御相談ください。

回答日 2015年02月03日 00:43

国定公園法規に抵触する可能性があります。調査が必要です。

回答日 2015年02月03日 00:40

5,431 - 5,460 件を表示/全 5,520 件

現在営業中 00:00 - 24:00

高谷 滋樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5362-7577
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
年中無休。夜間・休日対応、出張相談対応。弁護士保険(特約)全保険会社対応。24時間メール・FAX・留守番電話受付。LINE・Skype・Zoom・WeChat相談対応。LINE/ID hlawosakajp Skype/ID hlawosakajp WeChat/ID hlawosakajp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語