現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高谷 滋樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件18

インターネット問題8

税務訴訟・行政事件17

京都府3

( たかや しげき ) 高谷 滋樹

都総合法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名5,455 件/匿名:1件

もっと具体的な情報がないとわかりませんね。 また、具体的な情報は、このような公開の場で話すべきではありませんしね。 弁護士に御相談ください。

回答日 2015年02月07日 01:27
この回答がある質問
離婚慰謝料

請求される可能性はありますが、肉体関係を結んだ場合よりは低額になるものと思われます。相手の奥さんの人格の悪さと、浮気??をした相手の責任が、低減する理由にはなりません。

回答日 2015年02月07日 01:15
この回答がある質問
離婚慰謝料

歯科矯正の場合、長期間の継続的な契約ですので、消費者保護法規で、救済される可能性があります。弁護士に早く、御相談いただくことが効果的です。

回答日 2015年02月06日 21:37
この回答がある質問
クーリングオフ

詐欺も視野に入りますね。ただ、警察に言っても、警察は、お金は回収できません。

回答日 2015年02月06日 20:45

それは、その国の憲法の解釈によりますね。

回答日 2015年02月06日 20:42
この回答がある質問
国際・外国人問題

そちらの具体的な事情が、詳細によくわからないので、断言はできませんが、何も言ってこないなら、放置しておけばよいのではないでしょうか??警察から問い合わせがあれば、再度、御相談ください。

回答日 2015年02月06日 13:57
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

できますよ。法テラスに問い合わせてください。選び直しになりますが。

回答日 2015年02月06日 13:46
この回答がある質問
親権

今回を機会に、事態が好転できればいいですね。

回答日 2015年02月06日 13:34

婚姻継続が困難な事由にあたります(民法)。

回答日 2015年02月06日 12:28

額が大きいので、弁護士に相談されたほうがいいですね。無料相談は、初対面でかつ時間制限がありますので、限界がありますね。弁護士が資料を精査する時間的余裕が必要です。

回答日 2015年02月06日 12:21

これ以上の請求は、拒否して、むしろ払い過ぎた分の返還請求の時効は10年ですので、反撃に出れる可能性は、大ですね!!

回答日 2015年02月06日 12:17

そうですね!!また、払い過ぎた分は、一見して、払い過ぎだと思えるような場合は、返還請求ができる場合もあります。

回答日 2015年02月06日 00:17

そうですね。その情報を最初から知っていたら、到底、結婚していなかったとか。

回答日 2015年02月06日 00:14

弁護士に依頼して、請求書の開示を求める文書を送付してみたらいかがでしょうか。相手も、今みたいなことはできないのではないでしょうか。

回答日 2015年02月06日 00:13

収入によると思いますが、使用貸借だと、家賃負担があるとは認められませんね。生活が楽だと評価されますが。

回答日 2015年02月06日 00:08
この回答がある質問
使用貸借

離婚する理由にはなりえます。重要な情報ですし。

回答日 2015年02月06日 00:05

弁護士に依頼するのが安心ですね。費用は、弁護士によりますが、さほど高額ではないと考えます(個人的感想)。

回答日 2015年02月06日 00:05
この回答がある質問
離婚届

店の請求書がない状態ならば、支払を拒否する理由にはなります。

回答日 2015年02月06日 00:03

政治的に無権利なので、権利を有することになります。

回答日 2015年02月06日 00:01

それが、どうしても婚姻継続をするには困難な理由になる場合、離婚する理由にはなりえます。

回答日 2015年02月05日 23:59

ロシアとか??は検閲が行われていると聞いたことがありますが。

回答日 2015年02月05日 23:58
この回答がある質問
国際・外国人問題

額が大きく、事態は深刻だと思いすし、支払いは少し待って、契約書、契約状況を至急、弁護士に相談してみたらいかがでしょうか。

回答日 2015年02月05日 23:55

実際に払い過ぎたものならば返還請求は可能です

回答日 2015年02月05日 23:53
この回答がある質問
過払い金

ケースバイケースですし。正直なところ警察の混み具合にもよります。ただ、被害が小さい場合は、長く放置される可能性は大です。

回答日 2015年02月05日 23:51
この回答がある質問
交通事故裁判

日本国憲法において国民の象徴ゆえです。

回答日 2015年02月05日 23:50

弁護士に元彼に対する警告文作成を依頼して通知してもらったらいかがでしょうか。

回答日 2015年02月05日 23:49
この回答がある質問
脅迫・強要

営業妨害が明らかなら、損害賠償請求は可能です。

回答日 2015年02月05日 23:47
この回答がある質問
不動産・建築

クレジットカードの種類も膨大ですので、調べてみる必要がありますね。国際性のあるカードを選択されたらいかがでしょうか。

回答日 2015年02月05日 23:45

無理矢理とるわけにもいきませんので、裁判を経て、相手の財産(預金など)を差し押さえるしかありませんが。

回答日 2015年02月05日 23:39

内容にもよりますが、メールでも証拠になり、返済請求は可能ですよ。

回答日 2015年02月05日 23:13

5,311 - 5,340 件を表示/全 5,455 件

現在営業中 00:00 - 24:00

高谷 滋樹弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5362-7577
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
年中無休。夜間・休日対応、出張相談対応。弁護士保険(特約)全保険会社対応。24時間メール・FAX・留守番電話受付。LINE・Skype・Zoom・WeChat相談対応。LINE/ID hlawosakajp Skype/ID hlawosakajp WeChat/ID hlawosakajp
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。
対応言語
英語